« 【閉店】六星門(赤坂) | トップページ | 頑者×六厘舎×中華そばとみ田コラボ - ラーメン人生JET(浜松町・大門:大つけ麺博) »

2011年9月23日 (金)

山崎直樹 - 自家製麺 ほうきぼし(浜松町・大門:大つけ麺博)

期間限定イベントのため先出し

訪問日=9月23日(金)祝日 晴れ

「山崎直樹」

メニュー=濃厚魚貝ときのこのクリームつけめん

Zakiyamatuke今年も始まった「大つけ麺博」、序章から第3章まで9月23日(金)~10月16日(日)までのイベント期間となっている。

でも序章は3日か、短いよなあ。これまでこのイベントは職場から近いこともありいつも全店を頂いているが、今年は厳しいかもしれない。でも完食を目指し今回は珍しく初日から会場に向かうことにした。

浜松町駅近くの普段駐車場のスペースがイベント会場(前年と同じ場所)、場内に入り店を確認していると香ばしい人たちに声を掛けられた。すでに皆さんつけ麺は食べ終わっている気配、ちょいお話してお店に向かうことに。

まずは一番右端のお店、新つけ麺の達人決定戦というイベントがあったのか、その優勝者のつけ麺らしい。

結構遅い時間ながらでも100人近い並びあり、これはかなり待ちそうだなあ。ちなみに店に書いてあるつけ麺の名前とHPに載っている名前がちょっと違う。お店は「濃厚魚貝」でHPは「濃厚魚介」、まあそんな気にすることでもないのだろう。

Zakiyamaやはり1時間近く待って店前に近づく。そして店前ではその時点の提供可能人数だけ横にずれる。今回そのロットで一番最後の受け取りとなるようであった。そこに並んでからは即の受け取り、よく見るとトッピングはプチトマトだけのようだ。

さてテント内のテーブル席にてつけ麺をすする。コシのあるかなり太い平麺、やはりちょっと乾いたのかのど越しはそれほど。でも腹減りすぎてなのか、つけ麺を欲しすぎてなのかかなり良い麺に感じる。

つけスープはクリームスープという感じ、魚貝のうまみもありかなり好みの味、これはどこかのお店で食べてみたい。でもこれはもうつけ麺なんだか何なんだか、

このつけスープを麺にどばっとかけて頂いたらどう思っただろう。まあうまけりゃなんでも良しである。そしてプチトマトはプチトマトの味、まあそりゃそうだ。

完食してと、さて次は「ほうきぼし」にいこうか。

到着=14:41 待ち時間=50分 行列=96人

麺=太平麺 スープ=クリーム系のソース

 

「自家製麺 ほうきぼし」

メニュー=坦々つけ麺

Houkibosituke次は実店舗に何回か伺っている「自家製麺 ほうきぼし」へ向かう。最近出来た店のはずだが、もう「大つけ麺博」に出るのか、すごいなあ。

さてさすがに15時も廻ると並びは穏やかな感じである。でも並びが進んで店前に付く頃後ろを確認すると、多分50人くらいは並んでいるようであった。

店の中にはかわいらしい店主氏がいる。この子が店主氏とは今回のイベントホームページで初めて知った。いつもお店にいるお母さんはお手伝いということなのか。さてつけ麺を受け取りまたテントへ戻る。さて頂こう。

コシのある麺はもちもち感も感じるタイプ、やはりこちらは麺が良い。でも歩く間に風にあたったか表面はちとみずみずしさが無いかも。でも十分好きな麺である。

つけスープはやはり担々麺な感じ、辛みは増していないので適度な辛さが丁度良い。山椒の刺激もぴりりと効く。実は山椒が強いと後半味が判らなくなり、それほど得意では無いのだが、でもこのつけ麺は適度な感じで最後まで問題なく頂ける。

ニンニクの刺激も効かせながら食べ進む。うん、このつけ麺も良い感じであった。そして完食、満足した。さて次はどこに行こうか。

到着=15:38 待ち時間=21分 行列=26人

麺=太麺 スープ=山椒の辛みある担々スープ

|

« 【閉店】六星門(赤坂) | トップページ | 頑者×六厘舎×中華そばとみ田コラボ - ラーメン人生JET(浜松町・大門:大つけ麺博) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/52812176

この記事へのトラックバック一覧です: 山崎直樹 - 自家製麺 ほうきぼし(浜松町・大門:大つけ麺博):

« 【閉店】六星門(赤坂) | トップページ | 頑者×六厘舎×中華そばとみ田コラボ - ラーメン人生JET(浜松町・大門:大つけ麺博) »