« 麺屋 じもと(西台) | トップページ | TOKYO UNDERGROUND RAMEN(池袋:東武ホープセンター内) »

2011年9月19日 (月)

山岸一雄製麺所(池袋:池袋駅B1Echika池袋内)

訪問日=9月11日(日) 曇り

メニュー=つけ麺

Yamagisiseimentuke 「麺屋 じもと」のあとは池袋へ移動、Echika池袋内にある「山岸一雄製麺所」を目指す。でもEchikaって結構広いんだなあ。もう少し案内を増やしてほしい。

さてちょっと迷いながらもお店を発見、やはり並びが出来ている。その並びの後ろには山岸氏の像が置かれていた。今の「東池袋大勝軒」で見た光景が思い出される。

店内はカウンターのほかテーブル席も多数な感じ、回転はそこそこでちょい待って着席となった。

Yamagisiseimenmenu1メニューを確認、「さんまラーメン」なんてのも気になるが、でも今回は「つけ麺」を選択することにした。でも「もりそば」という括りの下に「つけ麺」があるのはちょっと戸惑うところ、「特製つけ麺」というのも勘違いするひとがいるかも(ここは大勝軒ではないけれど)。

注文すると麺は中盛りまで無料とのこと、でも並でお願いしている。提供までは結構待つ。やっと、という感じで提供された。

かなりの太い麺は適度なコシ、というより結構柔らかい。のど越しもまずまずであった。常に待ちが有り、提供に時間が掛かったので茹で置きでは無いと思うが、でもそう思うほどの柔らかさと肌質であった。まあ良いか。

Yamagisiseimenmenu2つけスープは動物系のコクと魚介のうまみある醤油味、結構濃厚で魚粉のざらつきも感じる。そして甘みあり、ただ酸味は感じない。そういえば提供時にお酢を加えてと言われていた。

チャーシューは肉のうまみ感じるもの、これはかなり好みであった。

途中でお酢を入れてみる。普段お酢は敬遠気味だが、でもこのスープはお酢を入れた方が食べやすい。

完食しお会計、そして店をあとにする。店員さんの接客が良いお店であった。

到着=13:15 待ち時間=8分 行列=10人

麺=太麺 スープ=動物系と魚貝のうまみある濃いめの醤油、甘い お気に入り度=6

Yamagisiseimengentei

Yamagisiseimen

|

« 麺屋 じもと(西台) | トップページ | TOKYO UNDERGROUND RAMEN(池袋:東武ホープセンター内) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/52769386

この記事へのトラックバック一覧です: 山岸一雄製麺所(池袋:池袋駅B1Echika池袋内):

« 麺屋 じもと(西台) | トップページ | TOKYO UNDERGROUND RAMEN(池袋:東武ホープセンター内) »