« なんまら屋北祭(高田馬場) | トップページ | TOKYO豚骨BASE(品川:駅構内) »

2011年8月18日 (木)

【川口に移転】食処 渓(川口)

訪問日=8月7日(日) 晴れ

メニュー=煮干渓つけめん(小)

Keinibotuke 「なんまら屋北祭」のあと軽く用事を済ませて地元でもう一軒を考える。ちょい前以来の「渓」は店前に並びあり。

先に券売機で「煮干渓つけめん(小)」の券を買って並び直す。あれ?案内がある。なんとこちらの店は9月末日で閉店、そして隣の最初の店はしばらく営業だが移転先が決まるまでということらしい。うーん、そうかあ・・・。

Keimenutuke結構待ってカウンターに着席、その後また結構待って「煮干渓つけめん(小)」が提供となった。つけ麺を受け取り席へ運ぶ。

コシのあるちぢれた太麺は食感しっかりながら表面滑らか、かなり良い。

つけスープは確かに煮干しのうまみと香りが効いた味、そして動物系のコクもある。しっかりした味ながらマイルドさも感じる。酸味や甘みも無くくどさを感じない。このスープもばっちり好みである。

麺は「小」ながら結構な量、連食ならこれで十分以上である。満足して完食した。

Keiosirase帰りに確認すると、やはりこちらは閉店で、隣の移転先はまだ未定らしい。川口に移転してもらいたいものである。

到着=14:03 待ち時間=10分 行列=3人

麺=太麺 スープ=煮干しのうまみある動物系醤油 お気に入り度=9

 

Keimenunibo

|

« なんまら屋北祭(高田馬場) | トップページ | TOKYO豚骨BASE(品川:駅構内) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/52507895

この記事へのトラックバック一覧です: 【川口に移転】食処 渓(川口):

« なんまら屋北祭(高田馬場) | トップページ | TOKYO豚骨BASE(品川:駅構内) »