« 三豊麺(茅場町・八丁堀) | トップページ | 【閉店】四川担担麺 杏亭(川口) »

2011年7月 8日 (金)

麺屋武蔵 武骨相傳(上野)

訪問日=6月26日(日) 曇り

メニュー=つけ麺

Soudentuke 「三豊麺」のあとは上野に出来た「武蔵」の新店「武骨相傳」を訪問する。上野で「武蔵」と言えば「武骨」の名前が頭に浮かんでいたが、そちらよりかなり駅に近い。こうなると「武骨」は御徒町という感じだな(まあ実際そっちのほうが近いし)。

さて券売機でメニューを確認、と言っても選択出来るのは「つけ麺」のみ、らーめんは売り切れランプが点いている。ほぼ満席ながら1席空きがありすぐにカウンター席へ着席、ちなみにそのすぐ後には並びが出来ていた。

券を渡すとつけスープが3つの味から選択出来るとのこと、白は魚介の香り、黒は香ばしさと苦み、赤は香辛料が効いているらしい。今回は「白」でお願いすることにした。隣の方のつけ麺はものすごい太麺、茹で時間は結構掛かるだろう。

やはり結構待って「つけ麺」提供、当然極太麺である。でも固い感じは無く適度なコシという感じ、待ち時間で考えれば茹で置きでは無いだろう。ただそれほどののど越しが良い感じでは無いかなあ。

つけスープは動物系のうまみと魚介の味わいが効いている。結構油が多め、酸味と甘みと辛みも効いている。それほどきつい感じのつけスープでは無いが、でも油のためかちょっとしつこさを感じる。

チャーシューというかでっかいお肉は外側かりっと中はジューシー、塩気もしっかりあり肉のうまみを感じる。この肉はかなり好み、この肉だけ目当てでも伺いたい。持ち帰ればビールに最高のつまみになりそうだ。

完食の一杯、店をあとにした。

到着=13:27 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=太麺 スープ=コクとうまみある醤油、油多め お気に入り度=7

|

« 三豊麺(茅場町・八丁堀) | トップページ | 【閉店】四川担担麺 杏亭(川口) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/52147050

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋武蔵 武骨相傳(上野):

« 三豊麺(茅場町・八丁堀) | トップページ | 【閉店】四川担担麺 杏亭(川口) »