« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

銀座 梵天(銀座)

訪問日=6月21日(火) 晴れ

メニュー=梵天のつけそば並盛

Bontentuke飲んだ後に締めのお店の選択に迷う。ここは一つ電車でGO、銀座に出来た「銀座 梵天」へ向かう。

実はこちらのお店の場所には何度も伺っている。でもそのたびにまだ営業していないことにがっくりきてたわけで。その割りにオープンを知ってから伺うまでは結構時を使っている。

店に着きカウンターに着席、結構待って「つけそば並盛」が提供された。先につけスープ提供、酸味強めなにおいを感じる。

まずは麺を頂くことに。コシのあるのど越しの良い麺、舌触りがとても良い。結構好きな麺であった。

つけスープは酸味がとっても強い醤油な感じ、予想はしてたがそれ以上に酸味は強いかも。油も多めでかなり特徴的である。この酸味は夏場に頂くには良いかもしれないが、夏場に頂くには油が多いかも。ただやはり麺が良い、つけ麺で良かった思う。

完食の一杯、店を後にした。

Bontenmenu 到着=22:24 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=酸味の強い醤油 お気に入り度=6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月29日 (水)

青森煮干し中華そば JIN(松陰神社前)

訪問日=6月19日(日) 曇り

メニュー=極煮干し

Jinnibora「ギャラン堂」のあと、ほんとは武蔵小山に向かい、二郎風のらーめんを狙っていた。でも結構存在感のあるチャーシューごはんを頂き二郎風のボリュームに自信がなくなってしまった。じゃあ別の店を目指すことにしよう。

到着のお店は「青森煮干し中華そば JIN」、店に入ると店内はほぼ満席となっている。カウンターに着席、ちょっと待ってから「極煮干し」の注文を通すことが出来た。

店内は結構な煮干しのかおり、ちょっと期待している。夜の部は「しじみ(塩)」なんてメニューもある訳で、それも気になるなあ。

ちょっと待って「極煮干し」提供、上には魚粉が大量に乗っている。煮干しのかおりとうまみある醤油のスープ、煮干しのえぐみも結構感じるかも。ただその割りに煮干の効きは穏やかな感じ、ちょい甘みも感じるスープであった。

麺は中太で結構固い食感、真ん中に芯があるように感じる。食感はまずまず、もう少し茹でても良いのでは。

上の魚粉と溶かすともっと煮干しが効くのかと、でもそれほどでは無いなあ。刻みタマネギがスープに合う。

完食の一杯、会計して店をあとにした。

Aojinmenu 到着=13:05 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中太麺 スープ=にぼしのかおりとうまみある醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

ギャラン堂(雪が谷大塚)

訪問日=6月19日(日) 曇り

メニュー=熟成醤油ら~めん+チャーシューごはん

Gyaranramen午前中に「さや侍」を鑑賞、良いのでは。狙ってる場所でちゃんとみんな笑ってる。でもあの歌手はダレだろう、あの歌もう一回聞きたいかも。

さてそのあとは雪が谷大塚駅近くにある「ギャラン堂」へ向かう。こちらは移転のお店らしい、けど前のお店は伺ってないなあ。

まずは券売機で「熟成醤油ら~めん」の券を購入、その後カウンターに着席した。大盛が無料らしい、あとを考えていたので普通にする。ライスかチャーシューごはんがサービスで付くと、それならチャーシューごはんをお願いします。

それほど待たず「熟成醤油ら~めん」提供、あっさりした醤油のスープは魚介のうまみと味わいが効いている。おっ!結構好きだぞこの味は。

麺は細目でちょい柔らかい。スープはあんまり絡まないなあ、ちょっと惜しい。チャーシューは分厚くでっかいタイプ、噛み応えがありかつ柔らかい。肉のうまみも十分でこれもかなり好みである。メンマはちと塩辛い感じであった。

Gyarantyamesi チャーシューごはんには炙ったチャーシューとメンマが乗っている。良い取り合わせ、サービスとしてはかなりうれしい。すっかり完食、店を後にする。

ちなみに先客・後客共に無しだったが、さすがにもっと入って良いお店だと思う。ガンダムの写真に心も燃え上がるわけで。おもわず一昨年の夏を思い出した。ビームサーベルをもったガンダムも見てみたい。

到着=12:24 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=魚介のうまみある醤油 お気に入り度=7

Gyarangundam

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

つけそば 周(板橋区役所前)

訪問日=6月18日(土) 曇り

メニュー=つけそば・並

Syutuke 「It's shrimp!」から移動は「つけそば 周」というお店、営業時間が心配であったが店に着くと案の定「支度中」の案内を見てしまった。

しょんぼり帰ろうと思ったら店の方が気づいてくれてまだ大丈夫とのこと、やったぜ。昼の営業時間は14:30までの模様、ラストオーダーは14:15頃なのかな。

さて店内に入り券売機でメニューを確認、つけ麺が大きいボタンか、じゃあそれだな。ほかに中華そばも選択できるようだ。ちなみにつけそばの並は300gだが小200gのボタンも用意されている。カウンターに着席、店内が綺麗なお店であることに気づく。

Syuyasai さて少しすると温かいキャベツともやしが提供された。麺に乗っているのではなくこういう提供はありがたい。前にはドレッシングがある。このドレッシングが結構良い味、ただ多めに掛けないと野菜に負けている感がある。

それほど待たず「つけそば」提供、見た目かなり良さそうな感じだなあ。麺は適度なコシの太いタイプ、もちもち感がある。のど越しも良くこの麺は良いわ。

つけスープはかなり濃厚なスープ、動物系のコクとうまみ、魚介の味わいも効いている。麺をどっぷりつけると濃すぎるが、いやこのつけスープもかなり良い。

Syuhasi これは良い店に入った、かなり好みのつけ麺である。濃いけれどスープのマイルドな味わいと香りも良い。ブロック状のチャーシューも良い噛み応え、メンマも極太ながらくさみもなく柔らかい。

最後の方でレモンを麺に掛けてさっぱりと頂く。完食のつけ麺、かなりお腹も膨れたがやはりスープ割りもお願いした。さすがに完飲まではいかなかったが、結構飲んでいる。

ご主人それほど勢いの感じられる方では無いが、でもかなり好みのつけそばを頂けた。こちらにはまた伺いたい。

Syueigyo  到着=14:15 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=濃厚な醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

It's shrimp!(神楽坂)

訪問日=6月18日(土) 曇り

メニュー=エビ麺+カレーパウダー+ごはん

Itsshrimpebimen神楽坂にて住所に迷う。「It's shrimp」は予定していた場所には無い、どうやら間違って地図を印刷してしまったらしい。

どうしよう、交番に行って聞くべきか、それとも携帯で地図を検索するべきか、そんなことを思い、立ち止まる。おや目の前にあるのは「It's shrimp」じゃん、入ることに。夜は「魚串さくらさく」というお店というこちら、でも店内は洋風な感じであった。

カウンターに案内され着席、テーブルも用意されている。今回はエビ麺にカレーパウダーでお願いする。これで550円、安い。それほど待たず提供された。

エビの香りとうまみあるスープは辛みも少し効いている。あっさりながらうまみは十分、好きな味であった。上にはエビの発酵調味料が乗っている。溶かすとさらにエビのうまみが強くなった。

麺は細目で縮れている。ちょっと歯にひっつく感じ、でもスープは絡まる。エビはぷりぷりでかなり良い。パクチーかと思ったが香りは強くない。パクチー追加すれば良かったなあ。

ニンジンとパプリカもはいっている。そういえばチャーシューは入っていないが特に必要を感じなかった。

おっと忘れるところだった、最後の方でカレーパウダーを投入する。かなりカレーの風味が強くなる。でもそんなカレーでもエビの味わいも感じられる。まあどっちかといえばカレー無しの方が個人的には好みだったけど。

Itsshrimprice ただし完食した丼に残ったスープが勿体ない。思わずライスを追加した。どぼんと投入、結構な量になった。ライスはスープをまとって良い感じ、結局完食しスープも無しである。

お会計は700円、安いなあ。でもライス100円でもう少し少なくても良いかもしれない。店の方は笑顔の接客、ご年輩の方への対応も良い。その年輩の方は常連ぽい感じ、多分こちらは良い店なのだろう。

到着=13:25 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細ちぢれ麺 スープ=エビの香りとうまみある辛みあるスープ お気に入り度=7

Itsshrimpmenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめん こじろう526(渋谷)

訪問日=6月16日(木) 曇り

メニュー=塩らーめん

526sio随分前に伺った「こじろう」が渋谷に移転したらしい。というわけで渋谷駅からお店を目指す。駅からは結構歩く場所、近くに到着したら線路の向こうであったか。案外時間が掛かってお店にたどり着いた。

券売機でメニューを確認、今回は塩を選択することに。店内はほぼ満席、1席のみ空きがあったのですぐに着席となった。でもその後に来店続々と、結局かなりの待ち客が発生していた。

それほど待たず「塩らーめん」提供、らーめんと別に甘エビの入ったスープも提供された。甘エビの頭をつぶして麺をつけるようにとのことである。

まずは普通にらーめんを頂く。見た目と違い案外あっさりした塩のスープ、甲殻類の風味がある。あっさりだけどうまみも十分感じられる。これはかなり好きな味であった。

麺はさっくりした食感の太麺、最初かなり噛み応えあったが後半は随分柔らかくなった。でっかいチャーシューは噛み応えがありジューシーな感じ。

そして別スープ、実はバジル風味であった。これに麺を絡めて頂くとまた違った味わいが楽しめる。甘エビも香ばしく甘みあり。麺の量は結構あるが、でも楽しみながらあっさりと完食した。

こちらはまた伺ってみたいところ、次はまた違う味の塩らーめんが期待できるかも。店をあとにする。このあと来た道と別の道を歩くと簡単に駅へ着いた。そうかこっちから向かったほうが早かったのか。

到着=11:50 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=太麺 スープ=あっさりした塩、甲殻系の香り お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

【閉店】麺屋ZERO1(川口)

訪問日=6月15日(水) 曇り

メニュー=武士系らーめん(なぜか特製)

01busikeira遅い時間に地元のらーめん店を目指す。「102」はやはりすでに汁麺が売り切れか、つけ麺は気分ではなかった。では別の店に行こう。

「大勝軒」「豚喜」はすでに閉店か、ほかも同じくやってなさそうだ。まあ時間も時間である。久々にちゃんぽんか、でもやっぱりらーめんを狙いたい。「花月」に行こうかと向かう途中、そうだと「ZERO1」の扉をくぐることにした。

券売機でメニューを確認、「武士系らーめん」でいってみよう。カウンターに着席、結構待ってらーめんが提供された。

なんだか豪華な感じ、特製で作ってしまったのでよろしければどうぞとのことである。やったぜ、と思うのは昼時のことだったろう、深夜に特製は微妙なところであった。まあ勿体ないので頂くことにしよう。

コクのある濃厚な醤油のスープ、動物系のうまみと魚介の味わいがガツンと効いている。でも結構きつくない感じ、酒の後でも良い味であった。

太い麺はコシがあり、縮れているのでスープも絡まる。良い茹で加減であった。のりは何枚も入っている。こののりがスープに合う。チャーシューも沢山、これはこんなにはいらないけど。味玉は半熟で良い味わい。

べろべろなのにやぱり完食、席を立つ。まあこちらのお店は再度伺うことだろう。

到着=23:54 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介と動物系のうまみある醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つけ麺 らあめん 良人(新秋津)

訪問日=6月14日(火) 曇り

メニュー=らあめん

Yositoramen仕事終わりに「秋津」駅で降りる。「新秋津」での乗り換えまでに喉の渇きを潤したい。結局身を潜り込ませたのは「新秋津」駅近くの大衆酒場、なんだか入り口から盛大に焼き物の煙を吐き出している。

カウンターに座りビールにつまみをお願いした。ハマチは失敗だったか、でも串物は成功である。

カウンター内には新人さんがいる模様、注文を紙に書くとき手が震え気味であった。間違いもある、でも文句をいう客は無し、また店の元気の良いおっさん達も新人さんに優しい。なんだかそんな感じがとても良かった。

ちなみに2回目に頼んだホッピーの中は、なかなかの中である。心上がり気味でお会計、さてとらーめんを頂きに行こう。

実は飲みにいく前からチェックしていた「つけ麺 らあめん 良人」を目指す。結構前にオープンした店であるが、こちらはまだ未訪であった。

Yositomenu 券売機でメニューを確認、今回は「らあめん」でお願いすることに。カウター席に着席、ほぼ満席の店内、人気があるようだ。ちょい待って「らあめん」が提供された。

動物系のコクとうまみ、魚介の味わいがバランス良く効いたスープ、かなり好みの味なのは酒の後だからだろうか?いやこのスープは良い、思わず何口もスープを飲んでしまう。

コシのある麺はでも固いとは思わない中太タイプ、スープもしっかり絡まってくる。この麺もかなり好みの麺であった。スープとの相性が非常によろしい。

土地勘の無い者が酔っぱらってこんならーめんを頂けるとはありがたいことである。つけ麺も良さそうだなあ、あっ、昼にもそんなことを思ったっけ。

すっかり完食、やっぱり完飲、良い一日はこうして終わっていくのである(おっと、まだ帰りの電車があったっけ)。

到着=19:53 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中太麺 スープ=コクのある醤油 お気に入り度=8

 

Nakanaka ←ちかくのお店のなかなかの中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

【閉店】コクブンジ55(国分寺)

訪問日=6月14日(火) 曇り

メニュー=つけ麺並

55tuke 「らーめん 川喜屋」のあとは国分寺に移動する。到着したお店は「コクブンジ55」、変わった名前かも。店内に入り券売機で「つけ麺」の券を購入する。麺は中盛りまで同額らしい、でも連食なので並でお願いします。ライスもつくらしい、今回は無しでお願いします。その後カウンターに着席した。

それほど待たず「つけ麺並」提供、かなりの極太麺である。これほどの太さとなればこの時間で出てくることは無い。多分ある程度見込みで先に茹でているのだろう。

頂いたがでもダレている感じはそれほどしない。コシがあり食感しっかり、ただ麺の表面はちょいざらつきがある。

つけスープはステンレスの器に入っている。動物系のうまみあるスープ、濃厚ではなくマイルドな味わいでちょい甘みも感じる。麺の太さからするとちょっと穏やかな味かもしれない。でも最近濃厚に飽き気味のためこういう味もほっとする。

55egg 途中でスープをIHヒーターで温める。そこに1個無料という生卵を溶いて入れていく。良い具合に日が通った玉子に麺を絡めていただく。

 

 

 

55eggsuten やはりこれにライスを入れるのがほんとの正解だろう。ただこの日はもう無理だ。完食し、店をあとにした。

到着=12:20 待ち時間=0分 行列=0人

麺=極太麺 スープ=動物系のうまみあるマイルドなスープ お気に入り度=7

 

55eigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

らーめん 川喜屋(武蔵境)

訪問日=6月14日(火) 曇り

メニュー=煮干しらーめん

Kawakiyaramen武蔵境駅を降りる。この駅でらーめんといえば「きら星」のほかはあともう一軒くらいしか行ったことが無いのだけれど、今回は初めてのお店を目指している。

駅から「きら星」と同じくらいの距離にある「川喜屋」の扉をくぐる。店内に入りメニューを確認、つけ麺がメインっぽく迷ったが、煮干しの文字に惹かれて「煮干しらーめん」でお願いした。でも横の方が食べるつけ麺がかなり良さそう、良いにおいだなあ。

ちょい待って「煮干しらーめん」提供、動物系のコクとうまみある醤油のスープ、そして煮干しの味わいもバランス良く効いている。おっと、これはかなり好みの味ではないか。思わずスープを何口も飲んでしまう。

麺は最初柔めかと感じたが、でも実は丁度良い茹で加減、適度にコシがありスープも絡まる。このらーめんいいわあ。

チャーシューは薄いが噛み応えあり。ゆず皮の絡む風味も心地よい。心躍りながら完食、もう一軒を予定していたのに思わず完飲してしまった。

つけ麺が正解の可能性もあるが、間違いなくらーめんも正解、お会計して店をあとにした。こうなるとつけ麺も激しく気になるなあ。

Kawakiyamenu 到着=11:48 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=煮干しのうまみある醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

ポレポレ食堂(南浦和)

訪問日=6月12日(日) 曇り

メニュー=佐野ラーメンセット(ラーメン+半チャーハン+サラダ)

Poreporeset「鉄板餃子房 満点食堂」のあとは南浦和付近に移動する。目的のお店は「ポレポレ食堂」、ちょっと変わった名前である。

店に入りカウンターに着席、入り口付近にはテーブルも1卓あり、お店はご主人おひとりで営業されているようだ。

メニューを開くといろんな料理が目に入る。もちろんラーメンを選択、でも半チャーハンとサラダのセットにしておいた。

Poreporeeigyo_2 ちなみにメニューの表にポレポレとはスワヒリ語でのんびり、ゆっくりという意味とある。U字工事を応援しているとも書かれている。

メニューにはラーメンのほか焼きそばにカレー、カツ丼に麻婆豆腐定食、ピッツァまで書かれていた。

つまみメニューも豊富でお酒の表記も多数ある。焼酎に日本酒、ビールにワイン、でも実は結構小さいお店なんだけど。

ちょっと待ってセット提供、頂こう。あっさりした醤油のスープはでもうまみも十分感じられる。甘みもあるがしつこい甘さではない。かおりもよくかなり好きな味であった。

麺は太さがさまざまな感じ、適度なコシでのど越しも良い。ちぢれた麺が舌の上をくすぐっていく、これも好みの麺である。チャーシューは大きく噛み応えあり。これは良いらーめんだなあ。

Poreporemenu1 ポテトサラダは味わいは濃くないがポテトをしっかり味わえる。チャーハンの塩気は強くない感じで油も多め、でもなぜだろう優しい味でかなり好きなんだけど。

このセットは良い、すっかり完食した。ちなみに最近ブログなどを見て来る人が多いらしい。自分もどなたかのブログを見たのかと聞かれたので、一番最初に見た矢守さんのブログをあげておいた。

どうも最近は人気なのか前日は夕方に売り切れた模様、この日は朝から麺を打ってたらしい(らーめんが人気ってこと?)。まあこのらーめんなら誰もが納得するのでは。

そういえばこちらは飲み屋であるとのこと、今度電車に乗って南浦和で乗り換える際は一度降りてここに伺うことにしよう。

Poreporemenu2 到着=12:14 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平ちぢれ麺 スープ=あっさりした醤油、ちょい甘みあり お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

鉄板餃子房 満点食堂(蒲生)

訪問日=6月12日(日) 曇り

メニュー=にぼし中華そば

Mantennibo蒲生駅近くに出来た「鉄板餃子房 満点食堂」を訪問する。オープン直後の店内はさすがに先客無し、今回カウンターに着席したがテーブル席も多数用意されている。

メニューを確認、うーんかなり魅力的な中華丼メニューがある。ただこのあとも予定していたので中華そばのメニューだけにしておこう。

四種の麺メニューから最初中華そばにしようと思っていた。でもにぼしの文字を見ると反応せざる得ない今日この頃、それでお願いします。

ちょい待って「にぼし中華そば」が提供された。チャーシューの上に粒マスタード、これはらーめんでははじめてみたなあ。

スープはあっさりした醤油の味わい、にぼしはそれほど感じない。なんかマスタードの風味がするのはやはりトッピングからか。このスープ、じんわりくる味わいに納得している。最近こういう味がかなり好きな年頃であった。でもにぼしの文字を見るともっと煮干しを期待してしまう。

麺は中太でちぢれている。適度なコシでスープも絡まりこれも良い。粒マスタードを絡めてチャーシューを頂く。マスタードの風味アリ、そしてチャーシューは噛み応えしっかりで肉の味わいも感じる。あれマスタード結構良いなあ、なんだか面白い。

Mantenriceするすると食べ進む。途中でライスをお願いした。これはランチサービスでメニューにも書いてある。

完食のらーめん、残りのスープにどぼんとライスをぶっ込む。強い味ではないのにライスがあう。がっつり完食、店をあとにする。この系列の店である「彩たまや」にもまた行きたくなった。

到着=11:01 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=7

 

Mantenmenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

神保町 可以(神保町)

訪問日=6月11日(土) 雨

メニュー=三色つけめん大盛(500g:醤油・海老味噌・トマト)

Jinkaituke3神保町でつけ麺を頂こう。到着は11時前、目当てのお店は11時からのためまだ営業していない。ちとふらふらしてみる。二郎の並びは30人近い、まだオープン前なのにすごいなあ。

さて良い頃合になり目的の店に到着、以前伺った「神保町 可以」はつけめん専門店になったらしい。

非常に興味あるメニュー構成、一色・二色・三色とあるつけめんメニューはスープを一色ごとに違うもので注文できる。スープは八種類、どれにしようか。

Jinkaimenu8 店に入りまずは券売機で「三色つけめん」の券を購入する。今回麺は大盛でお願いした。ちなみに麺は中盛り大盛まで無料となっている。そういえば券売機に追加スープ100円の文字があった。もう500円で全種頂けるということだろうか、そりゃあ一回試してみたいなあ。

ちょい待って三種類のつけスープと麺が提供された。まず麺を、コシのある太麺は食感しっかりでがしがし噛む感じ、でものど越しも良く好みの麺である。

さてまずは醤油のスープを頂こう。動物系のコクとうまみ、魚介の味わいもある濃厚な醤油、かなりどろどろで麺に絡まりまくる。味噌もどろどろで濃厚なスープ、甲殻類の風味がある。トマトもやっぱりどろどろ濃厚スープ、トマトはちょっと変わった味と感じる。

食べ進む、やはり麺は多い。ただちょっと濃厚な味で食べ過ぎて途中で飽きが来る。違う味で三種あるのだが、これで一種類さっぱりしたのがあれば違うのだが、まあそりゃ無理か。

なんとか完食、店をあとにする。最後はちときつかったが、でも面白い試みであると感じた。

Jinkaimenu 到着=11:04 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系のコクとうまみ、魚介の味わいある濃厚スープ三種 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

こってりらーめんなりたけ(錦糸町)

訪問日=6月10日(金) 曇り

メニュー=しょうゆらーめん(脂ギタギタ)

Kinnsinaritakeramen住吉駅近くの「山城屋」にこっそり足を忍ばせてみる。今回は穏やかに退出できるのか?ちなみに店前の「神谷酒場」は閉店してしまったようだ。一回行っときゃ良かったな。

その後先日伺った「麺屋 中川會」に向かうも20時閉店であったか、しまった。さてどうするか、そうだそういえばと思い出して錦糸町に歩いて向かう。

錦糸町に出来た「なりたけ」ははじめての訪問、でも以前本八幡にあるお店では頂いている。店に入り券売機でメニューを確認、今回は普通そうなのでお願いした。券を渡すと脂の量確認された。多めにお願いします。カウンターに着席、ちょっと待って提供された。

見た目まっ白、結構味わいの濃いスープはうまみもしっかり効いている。がつんとインパクトのある味、飲んだ後には結構良い。

コシのある太麺は食感しっかりでスープも絡まる。上にはもやしがたっぷりと乗っている。こんな味わいが錦糸町にもあるとは。良いのでは。

チャーシューはかなり柔らかい。完食の一杯、多分このスープにはライスも合うだろう。昼に伺うことがあれば考えたい。

Kinnsinaritakeabura 到着=20:54 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=背脂の多い濃い味醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

天下一品(新宿:歌舞伎町)

訪問日=6月8日(水) 曇り

メニュー=ねぎラーメン(こってり)

Kabutenitikoteri新宿で仕事を終え、らーめんを食べる前にいっぱい飲んでしまおうと画策した。新橋にも同じ名前の店がある飲み屋さんに入る、でもとても気分が悪いなあ。

店主さんかな?もしくはこの時間の責任者か、人の顔を見ないで注文を聞くし、お願いした注文を鼻で笑われてしまった。終始むっつり顔なのだがどの客に対してもそんな感じ、サービス業が嫌いならなぜその場所にいるのだろう。

その店すべてがそんな気がしてしまった。いや新橋の店は愛想が良かったか。もう一人がちゃんと対応してくれたのが救いだった(外人さんだが)。

さて後に食べるらーめんは決めていた。久しぶりに入る「天下一品」、いつ以来だろうか?

カウンターに着席、客はまばらであった。良い場所なのになんでだろう?でも注文したくらいのタイミングでスタッフ多数出勤、その時点で客より結構多いかも。ただらーめんが出てくる直前来客多数、満席になってしまった。なんか急にエンジンがかかった感じである。

さてちょい待って久しぶりの「ねぎラーメン(こってり)」提供、やはりこってりのスープはどろっと粘度のあるスープ、独特な風味も感じられる(しまった鶏でした)。久しぶりに食べたがかなり好みの味、これは良いね。落ちた心があがってくる。

麺は中太、結構柔らかい。正直もうすこし固めが好みかもしれない。ねぎはたっぷり、ざくざくとした食感がスープに合う。

Kabutenitimesi 完食、ながら思わす半ライスを追加してしまった。半なのに結構多いねえ。スープと絡めて口に流していく。うーん、もう少しスープ残しとけばよかったか。

でも満足して完食完飲、店をあとにした。職場とか地元とか飲みの近くにあれば必ず伺うお店だと思う(まあ地元は閉店してしまったのだけど)。

到着=19:58 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=とろみのあるポタージュスープのような お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

Bee Hive 六本木店(六本木)

訪問日=6月8日(水) 曇り

メニュー=塩ラーメン”naminori”+味玉

Beehivesio千葉にずっと行きたいと思っている店があった。「最強ラーメン列伝」の時に出店していた店は、ただ目的の塩ではなく醤油であった

それも良かったが、やはり本店に行かなくては、でも遠いんだよなあ、なんて思っていると六本木にお店がオープンしたとのこと、行くっきゃねえ!

昼を結構過ぎた時間、綺麗なお店は見た目らーめん屋さんという感じではない。

Beehiveegg 店内へ入りカウンターに着席、塩ラーメンでお願いします。本日限定で味玉があるの?じゃそれも。それほど待たず「塩ラーメン”naminori”」が提供された。

うわ!すごい香り、これがトリュフオイルの香りなの?個性的な風味ながらかなり良い。まずスープを、あっさりながらうまみも感じる塩のスープ、強い味では無いがでもかなり好みの味わいであった。香りと味で満足感が高い。

Beehivemenu 麺は細目、コシがありスープも絡まる、麺も良い。チャーシューは3枚入っている。噛み応えがありながら柔らかさもあり、肉のうまみを感じる。1枚は鶏チャーシュー、これが抜群に良い。あっさりながら鶏のうまみは濃い、良いねえ。

ネギの食感も麺にあう。味玉は塩玉子という感じ、黄身の味わいも濃い。でもちょっとスパイシー、なんだろう。

そして完食、もちろん完飲、満足した。綺麗なおねえさんに感想を聞かれた。いろいろな思いが頭の中を回る中、でも出てきた言葉は「すごいうまかった」と、うーん、そんな簡単な感想が出てきてしまった。もう一言お伝えしよう、「すごいうまかった」、重ねてしまった。こちらにはやはり再訪を考えたい。

Beehivekanban 到着=13:21 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=あっさりした塩、かおりがすごい お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめん 荻鷹(西荻窪)

訪問日=6月5日(日) 曇り

メニュー=らーめん

Ogitakasio西荻窪駅前にある「らーめん 荻鷹」を訪問する。店前の案内は個人経営ではなかなか難しそうな大きさであった。

店に入り券売機でメニューを確認、今回はらーめんでお願いすることに。カウンターに着席、座敷席も用意されている。

「らーめん」はおどろくほどすぐの提供、動物系のコクあるうまみも感じる塩のスープ、どこかで頂いた気もする味わいかも。

麺はちょい細目、コシのあるストレートである。チャーシューは噛み応えあり、お麩の色が印象的であった。

するすると食べ進み完食、店をあとにする。

Ogitakamenu 到着=12:30 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=うまみある塩 お気に入り度=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

麺処 なる家(幡ヶ谷)

訪問日=6月5日(日) 曇り

メニュー=らーめん

Naruyaramenこの日は11時オープンのお店を訪問する。え!営業時間変わったの、マジで・・・。

仕方なく、まただめそうで行くかどうか迷っていたお店を再訪する。ええ!今度は店主都合なの、どんだけ持ってんのさ。さて仕方なく「なる家」に舞い戻る。

11時30分丁度に店に到着、でもシャッターは降りたままであった。横の換気扇はにおいをあまり感じないが回ってはいる。どうしようかなあ・・・?

Naruyaeigyo そろそろ諦めようかと思った10分後に開店、シャッターを開けてメニューを外に出す。そのまま店の方は中に入ってしまった。外で待っているのに気づいただろうに、どうぞくらい言っても良さそうな気がするんだが・・・・・・・・。

券売機でメニューを確認、ラーメン800円、高!!!でも今更仕方ない。カウンター席に着席する。ちょい待つ。まだ手つきが慣れてない感じもする店の方(ちなみにシャッターを開けと人と、その後店にいた方は別の人)。

トッピングはスチールの器にそれぞれ入っているらしい。でも自分の分のらーめんはネギとメンマを別の器から入れている。最初の客は特別なトッピングなのか、前日はどうだったのか。いろいろあっていろいろ考える。

さて提供の「らーめん」、あっさりした醤油のスープは無添加らしくクセの無い味わいであった。でも正直それほど特徴も無いような。甘みがあるのがちょっと気になる。

麺は中細の縮れたタイプ、適度なコシでのど越しはまずまずかも。チャーシューは柔らかい感じ、メンマは風味が微妙でちと酸味を感じるのも微妙な印象であった。完食の一杯、店をあとにする。まあ!まあまあ。

到着=11:30 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細ちぢれ麺 スープ=あっさりした醤油、甘みあり お気に入り度=5

Aibi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=6月4日(土) 晴れ

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

201106takahasituke写真撮影断り必要

この日は用事が発生した。朝早くからおこなった用事は、おっと早めに終わってしまった。落ちている心、損失を補填するにはあそこしか無いだろう!と京浜東北線を北上する。

でも営業時間に間に合うか結構どきどきしながら店舗に到着、店前の並びに加わっても終了案内は無しであった、間に合ったか。でも案外早めの時間かも。それほど待たず店内進入、いつもので。ちょい待って提供された。

コシのある太麺は食感しっかりで安心の麺、納得の麺である。

つけスープは今回結構あっさりめの味わい、最初にタマネギ結構入れたからだろうか?でも動物系のコクとうまみ、魚介の味わいはばっちり感じる、今月も来られて良かった。酒に荒れた胃でもするすると食べ進める。

半肉チャーシューの噛み応え、肉のうまもしっかり味わう。すっかり完食、店をあとにする。また来月来ることにしよう。

ちなみに6月は18日(土)が休みなるようだ。

到着=12:14 待ち時間=8分 行列=5人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

つき丸(川口)

訪問日=6月3日(金) 晴れ

メニュー=つき丸ラーメン

Tukimaruramen 地元でもう一軒行きたくなった。そういえば新店が出来ている。以前「饅頭屋」のあとに出来た「つき丸」を訪問、まずは券売機でメニューを確認することに。つけ麺もあるのか、どうしよう、でも初めての店なので「つき丸ラーメン」を選択した。

店内の席構成は前と同じ感じ、お冷やは普通の水であった。あっ、でもルイボスティーも別に汲めるようだ。

博多直送の高菜とか明太子とか張り紙がある、なるほど。ちょい待って「つき丸ラーメン」提供、あっさりめの動物系スープはとんこつのくさみなどは無い感じ。

麺は細く固めの食感、スープは絡まる。チャーシューは噛み応えあり。キクラゲがたっぷり入っている。完食し店をあとにした。

到着=22:42 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=あっさりした醤油、うまみあり お気に入り度=6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

【閉店】麺仙彩花(川口)

訪問日=6月3日(金) 晴れ

メニュー=黒(醤油)

Saikakuro飲んで電車に乗っても早めの時間、これは東十条にいってしまおうか!でも電車の中で意識が戻ったのは南浦和であった。川口に戻った時点で22時をとっくに超えている、だめじゃん。地元一杯頂こう。

今回は以前伺った「麺仙彩花」を再訪、券売機で「黒(醤油)」の券を購入する。店内席はかなりの空きあり、まあ遅いしね。今回はテーブル席に着席した。

ちょっと待って注文の「黒(醤油)」提供、まずはスープを頂くことに。うまみ強めの醤油スープ、固めの背脂がかなり浮いている。背脂は味に影響を与えているというより具材として入っている感じかも。正直このスープはわかりやすい味わいであった。

麺は太く食感がっしり、もうちっと茹でると麺の良さがもっと出そうな気もする。上にはねぎが乗っている。トッピングは以上、・・・え!そうなの!まあ、さいしょから判っていれば酒の後には丁度良いんだけど(値段は別にして)。

店をあとにする。店前はかなり暗い感じ、節電対応だろうが新店なのにこれは厳しい気もする。新店は照明ありでも良いなんて、うーん今は許されないのかなあ。

Saikamenu2 到着=22:15 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太ちぢれ麺 スープ=濃い味の醤油、うまみ強い お気に入り度=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

【閉店】ORAGA NOODLES(五反田)

訪問日=6月3日(金) 晴れ

メニュー=あっさりホタテ塩らーめん

Oragasio再訪の「ORAGA NOODLES」、遅い時間だからなのか並びは無し。店に入り券売機を確認、おっと塩メニューなんてある、じゃあそれで。カウンター席に着席する。

ちょい待って「あっさりホタテ塩らーめん」提供、確かにホタテの香りとうまみを感じるスープ、そして動物系のコクもばっちり効いている。

口の中に広がるスープの味わい、相当良い、これは間違いなく良い、かなり好みのスープであった。

麺は太くコシがある。食感も良くスープも絡まる。こいつぁばっちりだ!チャーシューも噛み応えがあり肉のうまみを感じる。このメニューは新橋時代にも出して欲しかったなあ。超好みであった。

すっかり完食、完飲当然、満足勿論。これは絶対また来るなあ。

到着=13:56 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=ホタテの香りとうまみあるコクのある塩 お気に入り度=10

 

--------------------------

おにやんま(うどんの店)

メニュー=冷温たまぶっかけ

Oniyanmaonsen_2 おっとまだ時間に余裕がある、というわけで「おにやんま」にもいってしまうことに。今回は温泉玉子入りでお願いした。店内は満席、外でちょい待つ。

入店後すぐに提供、がっしりしたコシの太いうどん、のど越しも良く風味も良い、やはりここの麺も良いわあ。

つゆは濃くは無いがしっかりした味わいの冷たいつゆ、うどんと良くあう。温玉はまあそれほどこのうどんにあってるとは思わなかったが、でもやはり満足感の高いうどんである。これはかなり安く感じる。

速攻で完食、いや、五反田が熱い。

到着=14:08 待ち時間=2分 行列=0人(満席)

麺=饂飩:太平麺 スープ=あっさりした醤油つゆ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

満来(新宿)

   訪問日=6月2日(木) 雨

メニュー=チャーシューざる大盛

Manraityazaru遅い時間に新宿で昼飯を、久しぶりに「満来」へ向かうことにした。遅い昼飯は多めに取ろう、というわけで店内に入り券売機で購入したのは「チャーシューざる」の大盛であった。

カウンター着席、ちょい待ってすごいのが提供された。チャーシュー山盛り、麺も山盛り、食べきれんのか・・・。

麺はコシがありのど越しも良い平打ち麺、ぴろぴろした食感も気持ちいい。つけスープは酸味を感じる味わい、結構しょっぱめな味わいであった。ちと味は濃いが多めの麺には丁度良い。

そしててんこ盛りチャーシューはなんと柔らかいことだろう。肉のうまみも十分感じられる。いやすげー肉ってる、食べても食べてもまだある感じであった。もう一枚と思ったら更に一枚あり、こりゃあすげー。

途中目がぼーっとなるくらいでなんとか完食した。でも食べて良かった、今度はまた納豆メニューでいってみようか。

到着=15:22 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平麺 スープ=酸味辛みのある醤油味 お気に入り度=8

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

【閉店】麺や七彩(東京駅:東京ラーメンストリート)

訪問日=5月31日(火) 晴れ

メニュー=つけ麺

T7saituke 「蟹専門けいすけ 北の章」のあともう一軒行ってみたくなった。そうだ、と先日伺ったばかりの横のお店でつけ麺を狙ってみることに。券売機で目的を購入、カウンター席に着席する。

ちょっと待って「つけ麺」到着、コシのある太麺はのど越しが抜群に良い感じ。固い感じではなく心地の良い食感、かなり好みの麺である。

つけスープは魚介のうまみと風味が効いた醤油の味わい、結構濃い味ながらでもしつこい感じではない。このスープも好きな味わいであった。

チャーシューも味濃いめ、コレを麺に絡めるだけでも良い感じの味になる。メンマは・・・、これはメンマ?しゃきしゃきした食感がかなり良い。

満足して完食、でもさすがにもうお腹一杯、スープ割りは無しで店を後にすることに。今度は朝に行ってみようか。

T7saieigyo 到着=15:18 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介のうまみある濃い味の醤油 お気に入り度=8

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

【閉店】蟹専門けいすけ 北の章(東京駅:東京ラーメンストリート)

訪問日=5月31日(火) 晴れ

メニュー=塩らーめん

Kitakeisukesio「東京ラーメンストリート」の「けいすけ」は以前も伺ったお店、でもリニューアルで味が変わったらしい。券売機を見ると味噌がメインな感じ、でも今回は塩でお願いすることに。

カウンター席に案内されて着席、しばし待つ。店員さんは結構おしゃべりをしている感じであった。厨房内では塩らーめんについて爆笑、大丈夫か?

ちょっと心配していたが、やはりその塩らーめんが提供された。特に見た目に違和感は無し、食べ始める。

うぉ!すごい熱々のスープ、蟹のうまみと風味が効いている。塩ながらコクも十分、結構好きな味である。

麺は黄色い感じ、でも見た目のイメージほど固くは無い。適度なコシという感じで縮れてもいる。ちなみに麺を頂くと蟹の風味はそれほどしない、なんでだろう?

上にはねぎともやし。チャーシューは分厚いがかなりぱさつきがあり食べにくい。ちなみにここまで突っ込まなかったが丼は北海道の形にくり抜かれている。面白いが正直食べづらいなあ。

完食して店をあとにした。

Kitakeisukemenu 到着=15:06 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=蟹のうまみある塩 お気に入り度=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

【川口に移転】食処 渓(川口)

訪問日=5月26日(木) 曇り

メニュー=煮干しらーめん

Keinibosi疲れて地元でちょい立ち飲み、超久々に川口の名店「食処 渓」を訪問する。今回入ったのは元々のお店、煮干しラーメンがあるようであった。

店内に入り券売機で券を購入、その後カウンター席に着席する。ちょい待って提供「煮干しラーメン」がされた。

コシのあるごわごわしたタイプの麺、でもこれが期待していた麺、スープも絡む。

そのスープは確かに煮干しのうまみと風味、そして動物系のコクが効いた味わい、なんか久々に「渓」でらーめんを食べた気になったりする。

チャーシューは随分でっかい、噛み応えあり。ねぎの食感まずまずながら、メンマはくさみも無く好みの歯応えであった。

それにしても麺は多いなあ。ちなみにこのメニューは「小」も用意されている。完食の一杯、まったく普通に完飲している。

満足した、川口にもらーめん店が増えたが、やっぱりここはいいね!また来よう。

到着=20:22 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=煮干しのうまみある動物系醤油 お気に入り度=8

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

【閉店】麺や七彩(東京駅:東京ラーメンストリート)

訪問日=5月26日(木) 曇り

メニュー=喜多方らーめん(塩)+小ライス

T7saisio「東京ラーメンストリート」の新店4店舗のうち3店舗に伺っている。というわけでこの日は「麺や七彩」へ伺うことに。店前の並びは8人、先に券売機で券を購入し列に並び直すことになった。

並びの前の方は整髪料が結構においがち、座ったとき隣になりませんように。それほど待たず着席、そうか隣だったか・・・。でも店内の良い香りがそのにおいを消してくれる。入り口すぐのカウンターに着席、奥には4名テーブル席も奥にある。

ちょい待って提供、あっさりした味わいのスープはじんわりうまみを感じられる。がつんとくる感じではないが好きな味であった。

麺はのど越しの良い太麺、適度なコシでかなり好みのタイプ、この麺は非常に良い。メンマもくさみ無く良い食感である。チャーシューは二種入っており双方肉のうまみを感じていい感じであった。

T7sairice するすると食べ進み完食、ライスをスープにぶっこんでスープも一緒に食べつくす。そして店をあと、朝らーめんというのも気になるなあ。こちらは再度伺ってみたい(って、実はすでに伺ってたりして)。

到着=13:24 待ち時間=13分 行列=8人

麺=太麺 スープ=あっさりしたスープ お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

自家製麺 ほうきぼし(志茂・赤羽)

訪問日=5月25日(水) 晴れ

メニュー=オクラ納豆まぜ麺(玉子抜き)

Houkibosinatou先日伺ったばかりの「自家製麺 ほうきぼし」を再訪、新店にこれほど早く伺うのはかなり珍しい。でも先日こちらへ伺ったあとに行った「すみた」とも迷ったんだけど。

さて「べんてん」からの冷たいまぜ麺連食をねらい、今回の注文は納豆のまぜ麺で、玉子抜きなんてのでお願いしてしまった。

ちょい待って「オクラ納豆まぜ麺(玉子抜き)」提供、玉子抜きにしたらチャーシューをつけてくれた、いやあ、なんて良い店なんだろう。

Houkibosinatoumaze まずは混ぜてと、コシのある太麺は食感しっかりでのど越しも良い、この麺はやはり好みである。濃いめのタレはやはり玉子が無いためか味が結構濃い味わい。

そして納豆の香りと味が口に広がる、これはこれで良し。ただ納豆なら玉子もありだな。オクラも入って良い食感、納豆と双方ねばねばである。

でもあんまり麺は納豆に絡まないんだけど。レンゲとかがあればもっと混ぜられるかもしれない。冷たい麺の納豆メニューは珍しく、そう考えると結構貴重である。するすると食べ進み完食、最後は納豆をかき込むように食べている。

満足した、ただ納豆をもっと麺に絡められる麺メニューは出来ないものだろうか。実は細麺ならもっと絡むような気もする。こちらのお店はまた伺ってみたい。やはりかなり人気の「汁なし担々麺」を狙うか、それともこのまま見逃すのが間違いのような「」を狙うか、悩みどころである。

到着=12:35 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=コクのあるタレ、甘みあり お気に入り度=8

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

【閉店】べんてん(高田馬場)

訪問日=5月25日(水) 晴れ

メニュー=冷やし油そば

Bentenhiyasiabura平日昼の「べんてん」に足を向ける。店前の行列はオープン前の並び、営業時間は11時からである。13人目は最初に座れないんだっけかな?

そして11時ちょい過ぎにオープンした。やはり最初の着席は前の人まで、しばらく待つ。結局かなり待って着席した。

今回注文は「冷やし油そば」で、冷やしの油そばがもっと増えて欲しいものである。あれ?丼に入れたのは味噌ダレでは?そうか味噌の油そばか・・・、味噌味はあんまり狙わない方なんだよなあ。

Bentenhiyasiaburamaze その後提供、見た目上にラー油が掛かった麺のみだが、実は下に具材が隠れている。まずは混ぜて、と。やっぱり味噌のうまみある味わいの油そば、そこにラー油の辛みが効いている。ショウガの香りも結構な感じ、なるほどなるほど。

麺はやはり「べんてん」である。コシがありのど越しも良い感じ、口に入れるのがうれしくなる麺であった。チャーシューは短冊状になっており、噛み応えを十分感じる。もやしが入っているためざくざくとした食感もあり。

Bentenhiyasiaburwari 完食の一杯、お会計を、と思ったらスープは良いのかと確認された。お願いします。残ったタレをスープで割る、これがすげー好みの味であるわけで。魚介の風味とうまみが抜群な感じであった。最後にやったぜと思ってしまう。すっかり完飲、店をあとにした。

到着=10:56 待ち時間=32分 行列=13人(オープン前行列)

麺=太麺 スープ=味噌タレ、辛みもあり お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

【閉店】麺処 ほん田(東京駅:東京ラーメンストリート)

訪問日=5月24日(火) 晴れ

メニュー=鶏と魚介の豊潤醤油ラーメン

Thondaramen「斑鳩」のあと、大分時間が経ってから「麺処 ほん田」を訪問する。さすがにこの時間になると店前の並びは一部のお店にしかなく、こちらのお店でもすぐに着席することが出来た。

席はカウンターとテーブル、今回はテーブル席に案内されている。

それほど待たず「鶏と魚介の豊潤醤油ラーメン」提供、透明なスープながらコクがありうまみも十分感じられるスープ、醤油の味もきりっと効いている。このスープはかなり好みの味わいであった。

麺はコシのある細麺、コシがあるというか固めの食感、ただ食べ進む内に良い感じの食感になってくる。

チャーシューは噛み応えあり、ローストポークのような感じであった。コリコリしたメンマもくさみ無し。

するっと完食、スープも飲む。しまった結局完飲である、満足した。

Thondamenu 到着=15:26 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=あっさりながらコクとうまみある醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年6月 2日 (木)

東京駅 斑鳩(東京駅:東京ラーメンストリート)

訪問日=5月24日(火) 雨

メニュー=豚骨魚介らー麺

Tikarugaramen先日「ジャンクガレッジ」に伺った東京ラーメンストリート、今回は「斑鳩」を選択した。この日も並びはどこのお店にも結構あるようだ。

まずは券売機で「豚骨魚介らー麺」の券を購入、その後並びの最後へ加わることに。その並びの進みは結構早い、でも次は自分というところでぴたりと止まってしまった、惜しい。

その後ちょっと待って店内進入、店内は3分の2くらいの埋まり具合だが、その後すぐに満席になった。ちょうど入れ替わりのタイミングであったか。

「豚骨魚介らー麺」は着席後すぐ提供された。とろみがありマイルドな味のスープ、動物系のうまみがある。ばん!とインパクトのある味ではないが優しい味わいが良い感じであった。

麺は細目で平たいタイプ、のど越しはまずまずかも。スープが少な目なのか麺がスープに泳いでない感じであった。

ねぎはこのスープには風味強めかも。でものりはスープと頂くととても心地よい。メンマは大きい感じ、ちと風味が強めである。チャーシューは柔らかく肉のうまみも十分感じられた。

完食の一杯、スープも結局完飲している。今度来たらなにを頂こうか。まぜそばも面白そうな気がした。

到着=11:33 待ち時間=11分 行列=8人

麺=中細平麺 スープ=マイルドな動物系スープ お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

大勝軒 御徒町(御徒町)

訪問日=5月22日(日) 曇り

メニュー=もりそば

Okataisyotuke御徒町に大勝軒が出来た模様、お店の場所は以前伺った「麺や 恵泉」のすぐ近くであった。店内へ入り券売機で購入は「もりそば」、かなり年期入った店内を歩きカウンター奥の方に着席した。

こちらは新店ながら以前も何かのお店があったのだろう。ちょい待って提供の「もりそば」、かなりコシのある中太麺はもちもち感はそれほどかもしれない。個人的に思う「大勝軒」のイメージからすると結構麺は細く感じる。

Okataisyomenu つけスープはあっさりした醤油の味わい、甘みは感じるが酸味・辛みはあまり効いていない。コクというかうまみもそれほどであった。メニューに「コク中華そば」というのがあるが、そちらはやはりコクがあるんだろう。

チャーシューは大きく噛み応えがあり、これはかなり好みであった。麺は多めながらするすると食べ進む。

途中ですりニンニクを入れようと思ったが、でも前の調味料群にはニンニクは無し、頼めば出してもらえそうな気もしたがまあ良いか。

そして完食、店をあとにした。大勝軒もいろいろなお店があるようだ。

Okataisyo 到着=11:14 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりした醤油、甘みあり お気に入り度=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »