« 麺処まるわ(作草部) | トップページ | 麺や 恵泉(御徒町) »

2011年4月11日 (月)

梨の花(東千葉:ちょっと歩く)

訪問日=4月2日(土) 晴れ

メニュー=横浜とんこつ、ガラムマサラのカレー豚骨ラーメン、悪魔の白湯麺

Nasinohanatonkotu

最後に移動は今回のクライマックス、「梨の花」の扉をくぐる。店内は先客無し、でも「麺処まるわ」へ伺う際、横を通った時にはかなりの混み具合であった。

大きいテーブルに着席、今回は「横浜とんこつ」と「ガラムマサラのカレー豚骨ラーメン」と「悪魔の白湯麺」をお願いしている。そして牛すじご飯も。

Nasinohanaakuma ちょい待って先に「悪魔の白湯麺」提供、マー油の香りとちょい苦みの感じる味わい、鶏と豚の白湯スープがかなり良い味であった。スープ自体の香りも良い。深いコクのあるスープ、良い味である。麺は細目でスープにも合う。

豚骨醤油はかなりのとろみ、なんでこの店はスープの香りがこんなに良いのだろう。うまみもばっちり、良い味だなあ。太い麺はコシもある、スープも絡み満足感も高い。

Nasinohanacurri カレーはかなりスパイシーな感じ、辛みも結構効いている。そういえばカレーはあんまり食べなかったが好みの味であるのは間違いない。

つまり間違いないお店、駅からのアクセスが良くなって伺いやすくなった。そうだ味玉がまたすごかったんだ、黄身の味がかなり好みであった。

 

Nasinohanagohan らーめん完食、牛すじご飯には玉子も掛かり、そのコクと甘みも感じる。腹は膨れていたがこの味なら一杯いけそう。

 

 

 

Nasinohanaprin そして前回も頂いた「ロイヤルミルクティーのプリン」、これが濃厚で紅茶の香りも鼻をぬけていく。贅沢な締めデザートであった。

その後はご主人が昔食べた記憶を再現したというらーめんも頂く。これもそのままメニューでありな感じである。

いっぱい食べて満足感も満点、店をあとにすることに。ここはまた来なければ。

到着=22:20 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺・中細麺 スープ=コクのある豚骨醤油、結構スパイシーカレー、マー油の香りある白湯スープ お気に入り度=9

Nasinohanamenu1  

Nasinohanamenu2  

Nasinohanamenu3

|

« 麺処まるわ(作草部) | トップページ | 麺や 恵泉(御徒町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/51354850

この記事へのトラックバック一覧です: 梨の花(東千葉:ちょっと歩く):

« 麺処まるわ(作草部) | トップページ | 麺や 恵泉(御徒町) »