« 麺屋 吉左右(木場) | トップページ | 純天然だしラーメン アートマサシヤ(神泉・渋谷) »

2011年3月 1日 (火)

麺や すする(学芸大学)

訪問日=2月20日(日) 曇り

メニュー=つけ麺並盛

Susurutuke

日曜日に向かったのは11時オープンの「麺や すする」、あれ!11時30分オープンであったか。オープンまでしばらく待つ、そして11時30分丁度にオープンとなった。

まずは券売機でメニューを確認、つけ麺が上の表示のようなのでつけ麺を。ちなみに開店すぐに扉をくぐったため先客は当然無し、カウンター席に着席する。

ちなみに手前から座るように案内を受けた。席はほかにテーブルも用意されている。座って前の案内を見ると麺は茹でるのに8分掛かるとのこと、じっくり待とう。非常に凝った感じの内装、お金掛かってるんだろうなあ。

やはり10分ほど待っての「つけ麺」提供、まず麺を頂いてみる。コシのある太麺はのど越しが非常に良い感じ、噛み応えもしっかりしている。風味はまずまずながらかなり好みの麺であった。

つけスープは魚介の風味とうまみある醤油のスープ、すっきりした味で麺の良さにあっている。でも魚粉が邪魔だなあ。チャーシューは冷たいのでスープに投入、噛み応えあり。

でっ、実は最初はかなり好みのつけ麺であったが途中から引っかかるところもも出てくるわけで。メンマは風味微妙、必要だろうか。ねぎはスープに入れるべきか、でも水が滴る感じなので入れるとスープが薄まりそう。

そして麺やチャーシューを入れたスープは途中でかなり冷たくなってきた。そしてこのころ味わいが濃厚に感じ出す。動物系のコクもかなり顔を出す、最初の味の方が好きだったんだけど。

でもするっと完食、店をあとにした。最初の味がかなり好きだったんだけど。

Susurumenu 到着=11:31 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介と動物系のうまみある醤油 お気に入り度=6

|

« 麺屋 吉左右(木場) | トップページ | 純天然だしラーメン アートマサシヤ(神泉・渋谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/51005891

この記事へのトラックバック一覧です: 麺や すする(学芸大学):

« 麺屋 吉左右(木場) | トップページ | 純天然だしラーメン アートマサシヤ(神泉・渋谷) »