« 麺 高はし(赤羽) | トップページ | 豚骨らーめん甲斐(川口) »

2011年2月 1日 (火)

京鰹節 つけ麺 愛宕(新橋)

訪問日=1月29日(土) 晴れ

メニュー=らー麺(あっさり醤油:麺中盛りサービス)+ごまたまご

Atagoramen

久しぶりに「京鰹節 つけ麺 愛宕」を訪問することに。平日に伺おうとしたこともあったが、そのときは並びがあり諦めていた。

まずは券売機で券を購入、今回は「らー麺(あっさり醤油)」と「ごまたまご」とを選択している。でも「アタゴロウ」なんてメニューの案内もあった。多分もやしがどっさり乗っているんだろう。

カウンターに着席、券を渡すと麺中盛りがサービスとのアナウンス、じゃそれで。それほどまたず「らー麺(あっさり醤油)」と「ごまたまご」が提供された。

揚げねぎが香る、ちょっと身構えるわけで。焦がし風味はあまり得意ではない。でもスープを頂くと、香ばしく香る程度なので問題なし。動物系と魚介のコクある醤油スープはうまみも十分、甘みも感じるがくどくはない、これは良い味である。

麺は細目、適度なコシでスープも絡まる。ただ中盛りは結構多く、スープに麺は泳がない。まあこれは自分で選んだのでしょうがない。柔らかさと噛み応えも感じるチャーシューはちょっと良いかも、これをつまみで酒を飲みたい。

Atagogohan 後半タマゴかけご飯を頂いてみる。上にはねぎがたっぷりと、そこにタマゴを溶き、専用醤油を混ぜたものをどばっと掛けた。やっぱりタマゴかけごはんは良いなあ。ゴマタマゴは、すげーゴマの味がする、と思ったらゴマも乗っていた(そりゃ香るわ)。

一気に完食、そのあとらーめんに戻ることに。ちなみにタマゴかけごはんの後に飲むスープは甘みがちょっとくどくかんじてしまった。普通のライスの方がラーメンには合うかもしれない。

でもかなり満足して完食、そしてスープも完飲であった。また伺うことにしよう。

到着=12:18 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=コクのある醤油 お気に入り度=8

|

« 麺 高はし(赤羽) | トップページ | 豚骨らーめん甲斐(川口) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/50741510

この記事へのトラックバック一覧です: 京鰹節 つけ麺 愛宕(新橋):

« 麺 高はし(赤羽) | トップページ | 豚骨らーめん甲斐(川口) »