« 麺処 くるり(高田馬場) | トップページ | 啜処 灰汁美(上板橋) »

2011年2月12日 (土)

Natural Style Noodle 玄菜院(石神井公園)

訪問日=2月6日(日) 曇り

メニュー=塩麺席

Gensaiinsio

お休みの日には(も)らーめん屋さんに向かう心あり。石神井公園にバイクの矛先をしっかり向ける。到着したのは「Natural Style Noodle 玄菜院」、田中玄さんのお店になる。なんだか砂浜に寄せては帰る波の前にあるお店に向かう様、今回のお店は頑丈か。

そのお店は駅からちょい歩く場所、周りに飲食店は見あたらないなあ。趣のあるお店であった。店内へ入り厨房前のカウンター席に着席、メニューは塩麺席に醤油麺席、豆乳玄菜麺席などが用意されている。

今回は塩麺席の選択、ちなみにメニューは野菜の別皿付きですべて1000円となっている。結構な値段だなあ。先客は1名、日曜日の昼時なのだが・・・。

それほど待たず「塩麺席」提供、あっさりながら奥深いコクと旨味のスープ、薄い醤油の色ながら、でも塩らーめんである。やはりこのスープはかなり好みの味わい、連食を予定していたがでもこの時点で完飲することに決めた。

麺は細目で適度なコシ、のど越しも良くスープにあっている。ほうれん草も優しい味、上のねぎも良い食感であった。チャーシューは2種、噛み応えがあるものをまず、これは良いなあ。柔らかい方も肉のうまみを感じる。

Gensaiinyasai そして野菜の別皿、梅の入った山芋、ニラは香りきつくなくみずみずしい、人参の甘みと優しい香り、じゃがいもはしゃきしゃきとした食感にカレーの風味、牛蒡の独特な香りも嫌みがない。うーんこりゃあ1000円に納得する。

野菜をらーめんに絡めながら十分楽しんで完食した。完飲は当然、お会計のために席を立つ。

ちなみに最初寂しい感じだった店内には後客が続々と入ってきている。店を出てからも店内へ入る人が多数いたので多分満席近くなっていたであろう。年齢層も若い人から結構高齢そうなおばあさんまで、多分そんな様々な年齢の方々が満足するらーめんではないだろうか。

秋葉原にも店が出来るのか、行かなきゃなあ。

Gensaiinmenu 到着=12:34 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりながらコクのある塩 お気に入り度=8

|

« 麺処 くるり(高田馬場) | トップページ | 啜処 灰汁美(上板橋) »

コメント

今年の正月にテレビで紹介してたお店でしょ

田中玄さんはラーメンプロデューサーで著名な方です

そのお店も起動に乗れば
田中玄さん以外の方が
経営者になりますよ

田中玄さんの味を
楽しむのは
今だけかもしれません

三月終わりか
四月になったら
明け渡しするから

投稿: アキバっこ | 2011年2月26日 (土) 10時45分

>アキバっこさん
私も玄さんプロデュースのお店は気になっており、
何店舗か伺ってます。
今回のお店は「玄菜院」のHPを見ると玄さんのお店と思ってましたが違いましたか。
3月か4月に別の経営者になるというのは結構具体的ですね。
まあまた新しいお店が出来るようですし、
そちらも期待したいところです。

投稿: ライダーマン | 2011年2月27日 (日) 23時32分

ライダーマンさんへ

玄さんは経営者よりプロデュースの方がおいしいと思っているな

たくさんのラーメン店のプロデュースでかなり儲かったみたいだね

ラーメンだけに味をしめたんだと思う

今は、ラーメン界の渡り鳥って感じかな

投稿: アキバっこ | 2011年2月28日 (月) 02時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/50841204

この記事へのトラックバック一覧です: Natural Style Noodle 玄菜院(石神井公園):

« 麺処 くるり(高田馬場) | トップページ | 啜処 灰汁美(上板橋) »