« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=1月27日(木) 晴れ

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

Takahasi201101

平日昼の「麺 高はし」は店前の並びが3名の模様、そしてそれほど待たずに今回は着席となった。いつものメニューを自動送信、着席後それほど待たずに「半肉入りつけそば大盛+味玉」が提供となった。

コシのある太い麺は今回結構もちもちした感じが口にある、これもまた良し。スープは動物系と魚介がバランス良く効いた味わい、今回はうまみも感じる味であった。今年最初の一杯はかなりの満足感がある。

半肉チャーシューは柔らかい食感、日によって肉の噛み応えは違うが、これもまた良し。そういえば今回上にはねぎが乗っている。スープ内のねぎと違いさくざくとした食感を歯に感じる。

完食のつけそば、店を後にする。それにしても「高はし」を食べない月をつくってしまうところであった、あぶないあぶない。

ちなみに2月は5日(土)が休み、3月の予定も書いてあったが、そちらは19(土)~21(月)が休みになるようだ。

到着=11:23 待ち時間=4分 行列=3人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

炎麺(秋葉原)

訪問日=1月25日(火) 晴れ

メニュー=ピリ辛トマト炎麺

Enmenpirikara

秋葉原でもう一軒、実は以前通りかかったときに目に入っていたお店であった。地下一階に降りて店前の券売機でメニューを確認、今回は「ピリ辛のトマト炎麺」を選択した。店内に入りテーブル席に着席、ほかにカウンター席も用意されている。

それほど待たず注文の「ピリ辛トマト炎麺」提供、結構辛みを感じるスープであった。もちろんトマトの味もかなり感じる、ただうまみはそれほどかも。そして結構甘みを感じるスープ、まあこのスープならそれほど違和感はない。

麺は細目、博多ラーメンのような感じであった。食べていると途中で結構柔らかくなったりもする。

上には鶏肉が乗っている。噛み応えがあり結構好きな感じ、そしてほうれん草がどっさりと入っている。あとは茹で玉子が半個、するっと完食した。実は気になったのは「激辛」というメニュー、どんなのだったのだろうか。

到着=13:11 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=絡みのあるトマトのスープ、甘みも結構 お気に入り度=6

Enmenmenu1

Enmenmenu2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

らーめん紬麦(秋葉原)

訪問日=1月25日(火) 晴れ

メニュー=ラーメン

Tumugiramen新店を求め秋葉原駅を降りる。目的のお店はビルの地下1階にある模様、まずは券売機でメニューを確認することに。ラーメンが750円か、結構な値段だなあ。でも最近700円超えも珍しくない。まあ美味しければ納得するんだけど。

とりあえず「ラーメン」の券を購入し店内へ、その後カウンター席に着席して券を店の方にお渡しした。

それほど待たず提供の「ラーメン」、コクのある醤油のスープはうまみも十分な味わい、ちょい甘みもあるがしつこい訳ではない。これはかなり好きな味、でもちょい油が多いか。

コシのかなりある麺は食感しっかり、のど越しも良くこれも好きな麺であった。でも量はあまり多くない。でっかいチャーシューは噛み応えがしっかり、まあ味は強くないけど。

完食の一杯、結構納得した。でもこれで大盛とかライスサービスなんかあると、もっと人気が出るのではないだろうか。

Tumugimenu 到着=12:57 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=コクのある醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

つけめん うさぎちゃん(中野)

訪問日=1月23日(日) 曇り

メニュー=つけめん(中盛り)

Usagityantuke

「kappa baby」の次も最近オープンのお店「つけめん うさぎちゃん」を目指す。お店に着くと前には並びがある。結構寒い中、その並びに加わることに。こちらは「せたが屋」の前島氏プロデュースの店らしい、店のガラス扉には腕を組んでこちらをにらむ前島氏の写真が貼られている。

しばらくすると店の人に促され先に券を購入することになった。店内へ入り券売機でメニューを確認、今回は店名からして「つけめん」を選択する。ほかにらーめんもある模様、ちなみにつけめんは中と大が選択できる。今回は中でお願いしたが、でも並は無いので中が並なのか。まあ中も225gなので多くはない(大盛は300g)。

店前には前島氏の写真のほか、パスタマシーンで麺を作るらしい写真も貼られている。ダイスからでる麺の写真はやはり普通のらーめんとはちょっと違う印象を受ける。

さて結構待って店内に進入、カウンター空き席へ案内された。店員さん3名が女性で1名が男性と言う感じ。男性は麺を仕分けする作業をされていた。

それほど待たず「つけめん(中盛り)」提供、野菜ジュースも同じくらいに提供される。人参・リンゴ・小松菜のジュースらしい。

さてまずは麺を、コシのある中太の麺は風味も良く好きなタイプであった。でもこの麺、最初はのど越しも良いと感じたが、食べ進むと麺肌のざらつきを感じ出す、これも狙いか?

つけスープは煮干しのうまみと風味が効いた味、案内によると煮干しも入っているが、鰺干しが入っているらしい。動物系は鶏のみとのこと、味わいはしっかりしているが後口はすっきりしている。これも好きな味であった。

スープ内には穂先メンマが多めに入っている。このメンマは柔らかく食べやすい。チャーシューは小さく切られているがこの味が良い、なんか得した感じに思える。

途中で野菜ジュースを頂く。すっきりした甘み、飲みやすく良い味わい、自宅で作りたいくらいであった(作らないだろうけど)。

そして完食、スープ割りをお願いする。スープは別にポットで提供、そのスープも堪能し店を後にした。らーめんも良さそうな気がする。その麺は最後までのど越しがいいだろうか?

Usagityanmenu 到着=13:03 待ち時間=17分 行列=8人

麺=中太麺 スープ=煮干しのうまみある醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

kappa baby(阿佐ヶ谷)

訪問日=1月23日(日) 曇り

メニュー=らーめん(魚介とんこつ)

Kappababyramen

日曜日の昼は阿佐ヶ谷に向かう。到着のお店は「kappa baby」、店前の看板で油そばと魚介とんこつらーめん、鶏油らーめんの三種のメニューを確認した。今回は「魚介とんこつらーめん」を頭に描いて店内へはいる。

まずは券売機ででも券売機で「魚介とんこつらーめん」のボタンを、と思ったらボタンはらーめんのみ、とりあえずそれを買ってカウンター席に着席した。券を渡すと店の方に三種の選択を聞かれる。予定通り「魚介とんこつらーめん」をお願いした。

Kappababymenu1 ちょっと不可思議な券売機は一応ラーメンセットのボタンもある。でもその横の案内によるとニンニクラーメンの券がでるらしい。渡せば判るとのこと、券売機の設定の方法が判らないとかだろうか?

提供の「魚介とんこつらーめん」、動物系のコクあるスープ、そこに魚介というか節系のうまみが効いている。初めて頂く味ではないが、でも結構好きなスープであった。

麺は太めで平たいタイプ、かなりコシがあるが固い感じではない。味玉半個はうれしいところ、でも黄身の味がかなり濃くちょっとつらい。結構太めのメンマが特徴的、くさみもなく良い感じであった。

完食の一杯、そういえばこの時間ライスか麺大盛がサービスの模様、ご近所の方には結構良いかも。

Kappababymenu2 到着=12:09 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=魚介と動物系のうまみある醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

中国ラーメン 揚州商人 新橋店(新橋)

訪問日=1月22日(土) 晴れ

メニュー=醤油ラーメン+炒飯セット

Sinyosyuramen

土曜日の昼、近場で昼食を考える。今回は久しぶりに「揚州商人」を訪問することに。店に入り窓側カウンターに着席、メニューを確認する。スーラー油めんが気になるが酒の翌日、汁麺を頂きたい。というわけで醤油ラーメンとセットの炒飯をお願いした。

ラーメンはすぐの提供、チャーハンも早い。あっさりした醤油のスープはがつんと来る感じではないがじんわり胃に染みる味、結構好きな味であった。

麺は今回細麺を選択、やはり細目の麺はスープも絡まる。でも伸びるのがはやいかも。固茹での味玉も良い感じ。

Sinyosyutyahan そして炒飯、ぱらっとほぐれるが口に入れるとしっとり感もある。海老も入っておりかなりの満足感がある、これは良い。炒飯だけでもまた食べに来たいなあ。

するっと完食、こちらはやはりほかのメニューも気になるところ、また伺おう。

到着=11:55 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

凛 渋谷店(渋谷)

訪問日=1月19日(水) 晴れ

メニュー=しょうゆラーメン(ニンニク無し・油少なめ)

Siburinramen

「五ノ神製作所」のあとは渋谷に移動、大井町にある「のスた」の関連店に狙いを定める。店について店内進入、その店内はあまりらーめん屋さんぽくない感じかも、前の店の居抜きだろうか。席はテーブルとカウンターあり、今回相席でテーブル席での着席となった。

「しょうゆ」のラーメンを注文、しばし待つ。しばし待っているとメニューが目に入った。実は先払いであったか、遅れて料金をお支払いする。その際、油少な目もお願いした。

Siburinmenu1 それほど待たず「しょうゆラーメン」提供、うわあ!なんだこの盛り具合は、食べきれないかも・・・。麺は中太の平たいタイプ、柔らかめながら口に入れた瞬間びびっと来た、このらーめんは良い。でも結構麺は切れてしまう。

スープはマイルドな味わいの醤油味、乳化した味って感じ、これが良い。なんだかや優しい味わいであった(この時点では)。ヤサイはもやしとキャベツ、麺と絡めながら頂いていく。チャーシューがジューシーで良い味わいである。

かなり好みのらーめんながら、でも半分いかないくらいで苦しくなってきた。同時提供の横の男性は大量に残して席を立つ。相席の方も苦しそうだ。なんとか食べ進む。

そして後半味が猛烈に濃くなってきた、ハンパネー。残さなければいけないか、まだ限界前だろうか、いろいろなことを考えていたらなんとなく完食していた。でもスープ内を探ったら麺はまだ数本あったかもしれない、いやこれくらいでゆるして貰いたい。

まだ苦戦中の相席の方を残し店を後にする。今度体調の良いときに再訪したい。そのときは塩をやってないかな。

Siburinmenu2 到着=13:59 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中太平麺 スープ=マイルドな味の醤油、後半濃い味 お気に入り度=7

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年1月24日 (月)

五ノ神製作所(新宿)

訪問日=1月19日(水) 晴れ

メニュー=海老つけ麺

Gonokamiebituke

この日は午前中に映画「僕と妻の1778の物語」を鑑賞、じんわりくる映画で結構良かった。でもまたマナーの悪い年輩客がいる。なんと上映中に携帯を開き、注意するまで1分くらいメールを打つという・・・、いやあこういうマナーの悪い客は出入り禁止にして欲しいなあ。

さて今回の映画は上映時間が長かった模様、映画館を出たのは12時30分近くであった。ほんとはこのあと大井町に向かおうと思っていたが、もう無理か。では新宿へ向かうことにしよう。

到着したお店は以前伺うも営業していなかった「五ノ神製作所」、店に近づくとすでにかなりの海老のにおいが鼻を刺激してくる。

店内に入り券売機でメニューを確認、今回は基本っぽい「海老つけ麺」でお願いすることに。ほかにメニューは海老味噌つけ麺や海老トマトつけ麺などがある。

店内はカウンターのみながら結構広く、ついでに厨房もかなり広い様であった。厨房内の麺箱には「いつ樹」の文字が、そうかそうか。ちょい待って「海老つけ麺」が提供された。

茶色い麺はコシはあるが固くなく、もちもち感も感じる、これは良い麺である。つけスープは期待通りの海老スープ、結構濃厚ながら後口はあまりくどくない。うまみも十分、これも好みの味わいであった。

スープ内には三角のチャーシュー、と思ったらメンマであった。ざくざくとした食感、切り方で変わる食感も面白い。そして三角のチャーシューは噛み応えも感じるが柔らかさもある、このチャーシューもかなり好みであった。麺の上にキャベツが、くさみもなく良い箸休めに。

するっと完食、スープ割りを考えるが、麺に絡みまくったスープは残り少ないのやめておいた。ちなみにほかの方がスープ割りを頼むのを効いたが、あっさりとこってりがあるようだ。トマトつけ麺も気になるところ、また伺ってみたい。

到着=13:07 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=太麺 スープ=海老の香りとうまみある醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

【閉店】つけめん 美豚(川口)

訪問日=1月18日(火) 晴れ

メニュー=辛らーめん(超激辛)

Bitonkarara

飲んで川口に帰還、温かい汁麺を求めて徘徊する。「102」はすでにつけめんのみ、「大勝軒まるいち」「川口家」はさすがに閉店となっていた。「つけめん 美豚」はまだやっているのか、じゃあいってみよう。

店内は先客1名、カウンターに着席する。寒かったので今回は「辛らーめん」を選択する。酔っぱらっていたので一番辛いのでお願いした。

それほど待たず「辛らーめん(超激辛)」提供、確かにこのスープは辛い、でもうまみも感じる味わいでなく、辛さの刺激が全開であった。なんか酸味を感じる味わい、超劇辛にしたからか、普通の辛さならもっとうまみを感じるのか。

麺はちょい細目、適度なコシで辛いスープはすこぶる絡む。チャーシューはでっかいタイプで噛み応えもある。それにしても飲んでなぜこのメニューを頼んだのか、まあ興味に負けただけの話だけど。

涼しい顔で完食、顔の奥では湖を泳ぐアヒルの足の如し、ヒーヒー思っていた。今度は普通のメニューを食べにこよう。

到着=23:43 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=辛いスープ お気に入り度=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

【閉店】麺屋こうめい(入谷)

訪問日=1月16日(日) 晴れ

メニュー=つけそば(普通盛り)

Koumeituke

「らぁ麺 波」のあとは先日伺うもすでに昼営業終了であった「麺屋こうめい」を再訪する。今回は早めの訪問ながら日曜日に営業しているかが判らないでいた。お店に着くと問題なく営業中、ちなみに1月は14日(金)と24日(月)が休みになるようだ。

カウンターに着席しメニューを確認、つけそばが先なのでそれでお願いすることに。麺量は普通・中・大盛までが同価格、連食なので普通盛りでお願いしている。

店内はかなりショウガのにおいが広がっている。そして結構蒸し暑いかも。ちなみに麺はゆで時間8~10分らしい、たしかに結構待って「つけそば(普通盛り)」が提供された。見た目「麺舗十六」に似ている気がする。

麺はやはり太め、適度なコシでもちもち感もある。舌触りも気持ちよくこの麺はかなり好みであった。

つけスープはコクのある醤油味、酸味はあるが強くはない、きつい酸味は苦手ながらこれなら問題ない。というかこのつけスープもかなり好みであった。この麺とスープ、スープの味がもう少し濃いめならメニュー自体も「麺舗十六」に似ているかも。

チャーシューは噛み応えもありながら柔らかい印象、スープも絡み良い味である。メンマもくさみ無し。

あっと言う間の完食、中盛りでもぜんぜんいけただろう。最後にスープ割りをお願いする。丼に目一杯で戻されたので、さすがに完飲までいかなかった。でもかなり満足の一杯である。これはまた伺ってみたい。

Koumeimenu 到着=11:53 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=コクのある醤油 お気に入り度=8

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

【閉店】らぁ麺 波 神田錦町店(小川町・神保町)

訪問日=1月16日(日) 晴れ

メニュー=塩らぁ麺

Jinbotyosisio北綾瀬にある「波」は以前伺い、かなり好みのらーめんを頂いている。そんなお店の支店が小川町近くにオープン、日曜日のこの日に伺ってみることにした。

店内に入りまずは券売機でメニューを確認、値段は結構高めかも。多分塩が一番満足するはずと思い「塩らぁ麺」の券を購入した。席はカウンターのみ、着席後それほど待たずに「塩らぁ麺」が提供された。

コクとうまみのある塩のスープ、味わいは結構濃い感じながらこれが良い味わい、でももっと深い味かと思っていたのも確かであった。

麺はかなり太め、コシがあるのだがちょっと固い印象がある。予想通り後半良い食感になってきたりして。トッピングにはもやしとキクラゲ、普段あまり必要としない二種ながら、でもこのスープにはなぜか必要と感じてしまう。

そして完食の一杯、スープもかなり飲むことに。まあ連食予定なので完飲はしなかったが、いや残したスープは完飲してもさして変わらない量かも。しばらくしたらまた伺ってみたい、多分もっと好みのお店になっているだろう。

ちなみに近くに「バリ男」が出来ていたが、ここは以前伺った店の関連だろうか?

Jinbotyosimenu 到着=11:17 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=コクのある塩 お気に入り度=7

 

 

 

Bario

←こちらは「波」の帰りに目に付いた「バリ男」の看板、近くに「つけ麺 さとう」がある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

麺や 璃宮 亀戸店(亀戸)

訪問日=1月15日(土) 曇り

メニュー=つけめん

Kamerikyutuke

「らーめん なが田」のあとは駅反対の方に向かって歩き出す。目的のお店は「麺や 璃宮 亀戸店」、錦糸町のお店には何度か伺っており結構気に入っているので今回も期待している。

店は歩道橋を渡ってすぐの場所、店内に入るとほぼ満席ながら1席空きがあったのですぐに着席となった。席はカウンターのみの横並び、座って今回は「つけめん」をお願いすることに。

ちょっと待って提供の「つけそば」、コシのある太い麺はのど越しも良くかなり好みのタイプである。

つけスープは魚介のうまみと動物系のコクがある醤油味、酸味が結構効いている。錦糸町はここまで酸味が効いてたかな?それとも最近はこういう味なのか。濃いめに効いた動物系の味と強めの酸味のため、味わい的にちょっとくどさを感じてしまった。いや連食だからかな?

麺の量は結構多い、最後の方で苦しくなってきた。完食の一杯、会計し店を後にする。らーめんか、もしくは油そばの方が良かったかもしれない。

到着=13:44 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=太麺 スープ=濃厚魚介豚骨醤油、酸味あり お気に入り度=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

らーめん なが田(亀戸)

訪問日=1月15日(土) 曇り

メニュー=醤油らーめん+味玉

Nagataramen

土曜日に亀戸でらーめん屋さんを探す。まずい迷いそう、と思ったところで看板が目に付いた。先客は無しの模様、席に着こうと思ったがレジ付近で先に注文し会計するシステムらしい。注文後席に着く、ちょっと待って「醤油らーめん+味玉」が提供された。

とろみがすごい醤油スープ、でも濃厚とあるがそういう感じではなくマイルドな感じであった。野菜のとろみって感じ、良い味だがガツンと来る感じでは無いようだ。

麺は太め、コシがありのど越しもいい、これはかなり好きな麺かも。チャーシュー大きめで柔らかい。メンマも大きく柔らかいタイプ、くさみなど無い。

完食の一杯、もう少しタレの効きがある方が好みかも。でも多分とても良いお店、もっと客が入ってもいいような。ちなみに後客は3名であった。

Nagatamenu 到着=13:07 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=とろみのある醤油、マイルド お気に入り度=7

 

 

Nagatatabekata

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

らーめん大 汐留店(新橋・汐留)

訪問日=1月14日(金) 晴れ

メニュー=らーめん(野菜増し・ニンニク・脂多め・味濃いめ)

Siodairamen

店舗数が随分増えた「らーめん大」、新橋にも新たにお店が出来たようだ。日本テレビのすぐ近く、お店としては汐留店になるようだ。

店に着くと店前には長蛇の列で客が待つ、寒風吹きすさぶ中並びに加わることに。かなり待つことになり、やっと店内へ進入は随分あとのこと、でもまだ店内にも並びがある。

ちなみに食事中の女性2名はかなり時間を掛けて食べている。しゃべるのは喫茶店とかで出来ないかなあ。ちなみにほかにも女性はいたがその方は普通に食べてご一緒の方とさっさと出ていっている。

結局着席は30分近く待ってから、席に着いてすぐにトッピングコールとなる。今回は「野菜増し・ニンニク・脂多め・味濃いめ」で、そしてすぐに提供となった。野菜の盛りはまずまずな感じ、さて頂こう。

適度なクタッと具合の野菜はスープを絡めながら頂いていく。そのスープはライトな味わい、うまみはもちろんかなり効いている、判りやすい味わいであった。

麺は太く固めの食感、そしてかなり縮れている。ニンニクもやはり強い風味が口の中で跳ね回る。そういえば午後に打ち合わせがあったなあ・・・。

チャーシューは柔らかいタイプ、でもあまり存在感はないかも。ライトな味で野菜も予想ほどではないのでするすると食べ進む。

そしてあっさり完食、店を後にした。こちらは塩らーめんも用意されている。それを求めてまた行くか、それともどうか・・・。

Siodaitoppi 到着=11:50 待ち時間=27分 行列=18人(店内5人、外13人)

麺=太麺 スープ=背脂の浮いたうまみのある醤油 お気に入り度=7

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年1月17日 (月)

【閉店】らーめん 日吉(御成門・新橋)

訪問日=1月12日(水) 晴れ

メニュー=ねぎラーメン+替玉

Hiyosiramen

久しぶりに新橋の「らーめん 日吉」を訪問してみた。店内には1名の待ち客あり、外で待つことに、さ、寒いぜ・・・。しばらくして店内で待つことに、カウンターには雑誌を読みながらゆっくり食事の御仁が一人、早く喰ってくれ。結局後に並んだ2名は帰ってしまった。

その後しばらくして着席、注文は通常ラーメンより200円増しの「ねぎラーメン」でお願いした。ちょい待って提供の「ねぎラーメン」、200円増しが伊達じゃないすごいねぎの盛りである。

まずはねぎをよけてスープを頂く。動物系のうまみあるスープは濃い味ではなく結構マイルドな感じ、でもこのスープがかなり良い味である。前も好きな味だったが今回さらに好きな味に感じている。でも大量のねぎのためかちょい温いかも。

麺はかなり太め、コシがありすすり心地も良い具合、間違いなく好きならーめんであった。ねぎはざくざくと口の中で暴れる、辛みもあるがスープに合う。チャーシューは柔らかい。

Hiyosikaedama ある程度頂いたところで替玉をお願いした。替玉はすぐの提供、こちらは中細の平たいタイプになる。スープに入れてよくほぐす、この細麺も良いがライスをぶっ込むというのをやってみたいなあ。

完食の一杯、スープも完飲した。また多分伺うことだろう。

Hiyosieigyo 到着=12:07 待ち時間=6分 行列=1人

麺=太麺・中細平麺 スープ=動物系のコクあるスープ お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

CHABUYA Zutto Branch(四谷三丁目)

訪問日=1月11日(月)祝日 晴れ

メニュー=特 牡蛎あぶらそば正油

Chabuzuttoabusoba

「らーめん 玉彦」のあとは入谷駅近くに出来た「麺屋こうめい」を訪問する。到着は13:40頃のこと、でもすでに準備中の札が掛かっていた。

諦めきれずに確認すると麺切れらしい、とほほ。今度はもっと早く来よう。さてじゃあどうしよう、ほかの候補店は祝日休みの可能性がある、というわけで多分やってるだろうと思った「CHABUYA Zutto Branch」へ向かうことに。こちらはまだプレオープン中、ほんとはグランドオープン後に行こうと思ってたんだけど。

店内に入ると先客は2名、祝日は人が入らないのか。でも後客に数名が入ってきている。店内はテーブルがメインの模様、ただ厨房前にカウンター席も用意されている。

Chabuzuttomenu 今回はテーブルに着席、注文は「牡蛎あぶらそば正油」でお願いした。待っている間に「牡蛎あぶらそば正油」は「特」と書かれたメニューと普通のがあるのに気づいてしまう。「特」でお願いしたかなあ。まあ普通のが500円というのにも興味があるんだけど。

しばし待って提供の「牡蛎あぶらそば正油」、どうやら「特」の様であった、良かった。さて油そばなので混ぜようと思ったがどうやらすでに混ぜられている模様、そのまま食べ始める。

油そばなのに太くない麺はコシがあり食感も良い、この麺がまず好みであった。そしてオリーブと牡蛎エキスの入っているという醤油タレは、コクがあり香ばしい風味も感じる味わい、ちょい甘みも感じるがこの味はかなり好みである。それほど油そばは食べない方だがこの味は良い。するすると食べ進む。

上にはチャーシューが乗っている。噛み応えがあり肉のうまみを感じる。ただ脂身部分もありそれが油そばと合わさるとしつこい感じも受けた。メンマの食感が良い感じ、くさみなどはない。

そして完食、残ったタレにライスなんて入れたいところ、でも壁のメニューには見あたらなかった。多分あうだろうなあ。あとスープなんかついてくるともっとうれしいんだけど。会計しお店を後にする。グランドオープン後にも一度伺ってみたいお店であった。

Chabuzuttoeigyo 到着=14:04 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=コクのある醤油タレ お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

らーめん 玉彦(板橋)

訪問日=1月11日(月)祝日 晴れ

メニュー=しょうゆつけ麺

Tamahikotuke

午前中に「アンストッパブル」を鑑賞する、これが面白い。見て良かった思えたが、でもまたマナーの悪い年輩客がいた。その後、板橋方面に向けて走り出す。

到着したのは板橋駅近く、以前伺った「ones ones板橋店」「麺屋 ほたる」のすぐ近くに出来た「らーめん 玉彦」を訪問する。この場所は移転前の「CONCEPT」があった場所になる。

店内へ入りカウンター席に着席、冷えた身体にはらーめんを欲していたが、でもメニューの一番上はつけ麺か、じゃあ注文はそれで。それほど待たず「しょうゆつけ麺」が提供された。

コシのある中太麺はかなり食感が固めな感じ、風味もそれほどと言う感じであった。茹で時間の問題かな。

スープは動物系のコクとうまみある醤油、結構な濃い味で、そしてもやしの香り口に入る。それほど特徴のある感じでは無いがでも問題はない。ただスープがかなり温いかも。早いうちに冷めてた。別皿で提供のチャーシューをスープに入れるとさらに冷たくなってしまった。

麺は案外量多めとなっている。これは普通盛りかなあ、中盛りまで無料らしいけど。

完食、スープ割りはポットで提供であった。動物系のうまみある白湯スープ、このスープが熱々で味もこれでタレを入れたらかなり好みな味そうであった。やはりらーめんにするべきであったか。もしくは器を温めればもっと違う印象かもしれない。会計し、店をあとにした。

Tamahikokojyo 到着=12:34 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=動物系のうまみある濃い味醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

伊藤(王子神谷)

訪問日=1月10日(日) 晴れ

メニュー=そば

201001itosoba

「麺処 遊」のあとは王子神谷の「伊藤」へ移動する。店に着くと店内は満席の状態、空きは1席のみであった。というわけですぐに着席、ちなみに満席になって時間が経っていないのか食べている人は少ない。

結構待って注文の「そば」提供、コシのある固めの食感が安心感の細い麺、やはり「伊藤」は良い。

スープはやはり納得の味、煮干しのうまみがわーっと効いている。えぐみはあまり感じられず、コクとうまみが口の中を征服し胃袋まで侵略する、またこれて良かった。

食べきるまでの短い時間、至福の時を過ごすことが出来た。そして完食、もちろん完飲、もう一杯くらい食べたいなあ。でもまだまだ満席、外に並びもあるのを見て諦めた。

まあこちらにはまた今年も何度か来るだろう。今回のもう一杯はそのときに残しておこう。

Itoeigyo 到着=13:19 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=中細麺 スープ=にぼしの効いた醤油 お気に入り度=10

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年1月13日 (木)

麺処 遊(鶯谷)

訪問日=1月10日(日) 晴れ

メニュー=重厚煮干しそば

Yujyukonibosi

「二代目 にゃがにゃが亭」のあとは先日伺うも正月休みであった鶯谷の「麺処 遊」を再訪する。券売機の近くには二郎風ラーメンの案内、こちらは平日のみのようだ(まあ頼まないけど)。

ほかに土日限定の「重厚煮干し」の文字も見える、今回はそれでお願いすることに。カウンターに着席、席に着いてからは結構待つ。というわけで15分後に提供であった。なんか麺が丼にぎっちり入っている。

うお!なんだこの濃厚なスープは!煮干しの風味とうまみが強いが動物系の力強さもある、すごい味かも。ちょっと予想以上の濃厚さであった。

麺は中太と言う感じ、コシがありスープは絡まりまくる。上に鰹節が乗っているが、ただこの濃厚なスープにはそれほど効果的とは思えない。チャーシューは肉の塊、噛み応えがあるが、でも柔らかくも感じる。

完食の一杯、どうしようかと迷ったが結局完飲した。たまには「遊」でこういうらーめんも良いかもしれない。

到着=12:35 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=煮干しのスープ濃厚な醤油 お気に入り度=8

Yumenu1

Yumenu2

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2011年1月12日 (水)

二代目 にゃがにゃが亭(三河島)

訪問日=1月10日(日) 晴れ

メニュー=中華そば+味玉(多分サービス)

Nyaga2tyukasoba

日曜日に三河島方面をを目指す。今回伺った「二代目 にゃがにゃが亭」はほかにもお店があるようだがこちらだけ味が違うらしい。白河らーめんの味らしい、ちょっと期待している。

店着すると店前には並びあり、前の人に習い先に店内で券購入した。そのまま店内で待つのかと思ったが外で待つようにとのこと、先に券購入も違ったのかもしれない。

その後ちょっと待って店内に入り着席、しばらくして提供された。あれ味玉が着いている?実は後客に2名客がおりその方達が座れるよう席の移動を申し出ていた。それでかな?

さてまずはスープを、動物系のうまみあるスープはあっさりながらコクがある、味わいも十分でかなり好みのスープであった。やはり白河らーめんが頭に浮かぶ、思わずそのまま数口飲んでしまった。でもこの日連食を考えているのでスープ完飲出来ないのになあ。

麺は太めでかなりコシがあるタイプ、のど越しも良いが、ただ中心部分は結構固めな感じであった。チャーシューは噛み応えがあり肉の旨味を感じる。ほかにほうれん草、のり、メンマ、ナルトが乗っている。玉子も柔らかい味、スープをまとい良い感じであった。

そして完食、スープもある程度飲むことに。でも堪えきれず結局完飲して店を後にする。ここもまた伺ってみたいなあ、そういえば「さんま香油」入りというのも興味がある。

Nyaga2eigyo 到着=11:55 待ち時間=10分 行列=2人

麺=太麺 スープ=動物系のうまみある醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

ラーメン 新橋店(新橋)

訪問日=1月7日(金) 晴れ

メニュー=ラーメン+味玉

Sinbasiramenramen

久しぶりに新橋の店名が元は「二郎」だったお店を訪問する。店内に入り券売機で「ラーメン」の券を購入、今回は味玉も付けている。店内にの待ち客は二名の模様、そして後客は多数であった。

それほど待たず相席でテーブルに着席、着席の際トッピングコールを受けたが今回は「普通」にしておいた。ただ周りの方々は女性も含め最低「ヤサイ増し」くらいはしているようだ。ちょい待って「ラーメン」提供、確かにヤサイの盛りは大したことはない。

結構おとなしい味の醤油スープは、でもうまみはかなり効いている。味は濃くないのでスープを普通に飲むことが出来る。そして乳化のマイルドさも無いようだ。

麺は中太で適度なコシ、麺カタを頼む人が多いのもうなずける。ヤサイはほぼもやしな感じ、キャベツはあったかなあ?でもこのらーめんは結構好み、するする食べ進む。ちなみにチャーシューは柔らかいタイプとなっている。

考えると二郎の面影はあるがかなり違うらーめんであった。そして完食、店を出る頃に並びは20人ほどで店外にも伸びている。以前来たときもそうだったが、今も人気のお店であるようだ。

到着=11:51 待ち時間=3分 行列=2人

麺=中太麺 スープ=うまみある醤油 お気に入り度=7

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

磯丸水産(川口)

訪問日=1月5日(水) 晴れ

メニュー=いろいろ+油そば

Isomaruaburasoba_2

川口に居酒屋が出来た。「磯丸水産」は魚が充実してそうな感じ、ビールからスタートしてつまみを頂いていく。おっ!結構この店良いかも。魚メニューがかなり良い。

さてメニューをめくっていてらーめんと油そばが目に入った。というわけでこの店で締めを考えることに。注文は「油そば」で、それほど待たず提供された。

Isomarumaze 適度なコシの中太麺、適度なコクのタレもそれほど特徴は無いが問題ない。ああ、でも酒を飲みすぎてあまり記憶が無い。

そしてこの後、結構楽しんでしまったことをお会計時に気づいた。そうか、そんな飲んだか・・・。でもこちらのお店は結構気に入った、また行ってみたい。

到着=20:30 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=コクのある醤油ダレ お気に入り度=8

Isomarunamero

Isomarusaba_2

Isomarumenu1

Isomarumenu2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

伊藤(赤羽)

訪問日=1月3日(月) 晴れ

メニュー=中華そば

Akaitosoba

「麺処 遊」のあとは赤羽に移動、次も煮干しのらーめんを目指している。「伊藤」は先日この日の営業を確認しているお店になる。

店に入り券売機で券を購入、こちらでも選択は「中華そば」である。店の中には待ち客2名有り、でもすぐに席は空いて着席することが出来た。

それほど待たず「中華そば」提供、煮干しの風味とうまみのある醤油のスープ、こちらも苦みはあるが先ほどより幾分柔らかい味であった。

麺は細目、コシはあるがコリコリするほどの固さはない。ちなみにこちらの中華そばはチャーシューは無し、でも満足感は問題無し。びっくりするくらいあっと言う間に完食した。こちらのお店には今年も何度か伺わせてもらうことだろう。

さてこのあと王子神谷、鶯谷と煮干しのらーめんを求めたが残念ながら営業していなかった。まあまた近い内に伺うだろう。

Akaitoeigyo 到着=13:17 待ち時間=2分 行列=2人

麺=中細麺 スープ=にぼしが強烈に効いた醤油 お気に入り度=9

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年1月 8日 (土)

麺処 遊(西川口)

訪問日=1月3日(月) 晴れ

メニュー=中華そば

Nisiyusoba

この日「キックアス」を鑑賞するため三郷のMOVIXまでバイクを走らせる。そして「キックアス」、いやすげーおもしれー!へなちょこヒーロー物なのに「R15+」に納得の内容、かなりはまった。

「ヒットガール」がかなり良い。しかもかなり混むのかと思ったら半分も埋まっていない席状況、快適であった。鑑賞後、グッズが無いか探したが無い模様、それどころかパンフレットまで売り切れであった、残念(ちなみに後日別の映画館でGETした)。

さてそんな楽しみのあとは西川口の「遊」へ移動する。正月休みが心配であったが問題なく営業している。店内へ入りまずは券売機で「中華そば」の券を購入した。その後カウンターに着席、店の方に券をお渡しする。

ちょい待って提供の「中華そば」、やはり煮干しの風味とうまみあるスープ、かなりエグミも感じるが好みなので問題ない。

麺は細目でコシがあるタイプ、予想よりは固くないがこの麺にスープの組み合わせに納得である。チャーシューは肉の塊、噛み応えあるが脂身もありとろっとした食感も感じた。

完食し完飲の一杯、ここもまた来たいなあ。

Nisiyueigyo 到着=13:17 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=煮干しのうまみ強い醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

秋葉らーめん 松風(秋葉原・末広町)

訪問日=1月2日(日) 晴れ

メニュー=MIXつけ麺(中盛り)

Matukazetuke

1月2日に営業しているお店はどこだろう。どうやら秋葉原に営業しているお店があるようだ。ちょい前に訪問の「秋葉らーめん 松風」、店に着き店内へ入ると中に待ち客並びが有るようだ。

まずは券売機で券を購入、前回と違い「MIX」でお願いすることに。MIXは野菜とバターのスープになる模様、今回はそのつけ麺を選択している。並びに加わりちょい待って着席、その後「MIXつけ麺(中盛り)」が提供された。

Matukazemenuコシのある太麺は風味がありのど越しも良いタイプ、この麺はかなり好みを感じる。

スープはやはりの野菜の風味とうまみを感じる味、そしてバターの香りも口から鼻に抜けていく。このスープ、案外味わいは濃くあっさりという感じではない。でもくどさの無い味には野菜の甘みを感じられる。たまに野菜のらーめんを頂くとうまみやコクに欠けるものがあるのだが、こちらのらーめん・つけ麺は問題ない。

具材のキャベツもスープに合う。そして薄いがでかくて広いチャーシューは噛み応えがありローストポークのようであった。途中で付け合わせのレモンを麺に絞る。さっぱりとした風味で食も進む。

Matukazewari 完食の一杯、スープ割りをお願いした。再提供のスープは、なんか野菜ペーストを入れたような感じになっている。味は薄いがかなり得した感じがする。風邪の時にこれを飲みたいなあ。そして完飲して店を後にする。結構満足したが、味としては前回頂いた「松風らーめん」の方が好みかもしれない。

Matukazemenu2 到着=13:49 待ち時間=8分 行列=4人

麺=太麺 スープ=野菜のうまみと甘み、バターの風味 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

渡なべ(高田馬場)

訪問日=1月1日(土)元日 晴れ

メニュー=鶏と煮干しの塩らーめん

Watanabesio

「べんてん」のあとに「渡なべ」へ移動する。店前には並びあり、ちょっと待ったが先ほどの店に比べると大したこたあない。ちなみにこの日は限定らーめん二種の提供のみ、鶏と煮干しの方でお願いした。カウンター席に着き「鶏と煮干しの塩らーめん」でお願いした。このメニューは塩と醤油があるらしい、今回塩でお願いすることにした。

それほど待たずらーめん提供、鶏のうまみある塩味のスープ、塩の味は強めに感じるがスープのうまみは問題なく味わえる。このスープはかなり好みの味、でも煮干しの主張は強くないかも。

そして麺がまた良い。細目の麺はコシがある、しなやかながら力強さも感じる食感であった。前の店で結構な量が胃袋に収まっていたが、するすると麺は喉を通り過ぎていく。

上には鶏肉が二枚、噛み応えがあり肉のうまみを感じる。これは肉増ししたいくらいに好みを感じる。メンマも柔らかくくさみなどは無し。

するっと完食、ちなみに周りの客は大体限定二種を一杯ずつ食べている。女性も普通に食べているのを見ると、それがこちらの流儀なのかと感じた。「渡なべ」はまた伺ってみたいなあ。

到着=11:52 待ち時間=14分 行列=6人

麺=中細麺 スープ=鶏のうまみある塩 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

【閉店】べんてん(高田馬場)

訪問日=1月1日(土)元日 晴れ

メニュー=特製ラーメン(伊勢エビ・渡り蟹)

Bententokusei

前日は滝野川大勝軒でお土産を買い損ねたので、この日は元日にいつも伺っている「べんてん」を早めに訪問することにした。11時前に到着すると店前には20人程度の並び、お店はすでにオープンしている。

やはりかなり待って店内進入、ちなみに座っても注文は聞かれない。なぜならこの日は特製ラーメンのみのため。店内はもちろん店外にもスープの香り(伊勢海老・渡り蟹)が漂っている。ちょい待って提供の特製ラーメン、今年最初の一杯である。

あっさりめの醤油スープは甲殻類の風味とうまみが効いている。実は以前あっさりすぎると感じていたが、前年からすごく好きな味に感じている。歳を取ったからか?今回もやはりかなり好みの味であった。

麺はちょい太め、コシはあるが適度な感じ、良い食感である。チャーシューは歯に挟まり気味の食感、でもかなりでかい。のりを麺に絡めると口の中に海の香りが満たされていく。玉子は柔らかい半熟、とろっとしている。

そして完食、スープも完飲である。今年最初の一杯はこちらで正解であった。さて今年は「べんてん」に何度伺うことだろうか。

到着=19:00 待ち時間=42分 行列=20人程度(店内2人程度、外19人)

麺=中太麺 スープ=海老の風味とうまみある醤油 お気に入り度=9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

麺屋武蔵 新宿本店(新宿)

訪問日=12月31日(金)大晦日 晴れ

メニュー=角煮つけ麺中盛り

Musasituke

大晦日、予想外の出来事に見舞われらーめん店訪問が大幅に遅れる。向かった新宿の新店は、・・・やってない、とほほ。この日は早仕舞いか、それとも実は営業していなかったのか。

さて気を取り直しらーめんを求めて駅反対方向へ向かう。「中本」も年末は休業か、「武蔵」は、おっ!やっている、って知ってたんだけど。でもここは正直年始に残しておきたかったなあ。

Musasinensi さて武蔵の待ち客並びは外まで続いている。それに加わりじりじりと進んでいく。券売機に到着、メニューを確認すると角煮のらー麺、つけ麺、味噌らー麺しかないようだ。今回は久しぶりにつけ麺を選択する。結局15分ほどで着席出来た。

それほど待たずにつけ麺提供、中太の麺はコシというかかなり固めの食感、食感自体もあまり良くないかも。そして麺がかなり短い。数センチというのも結構ある、どうしたんだろう?

つけスープは??甘っ!濃いめの醤油スープながらかなりの甘みを感じる味、ちょっと予想外の味わいであった。角煮は噛み応えがあるがこれは良い味、でもこの角煮の甘みはスープに合う感じかも。

完食の一杯、一応スープ割りをお願いした。スープ割りも濃さを選べるらしい、今回はあっさりで。でも帰ってきたスープもまだかなり甘めであった。

店をあとにする。やはり武蔵はらー麺が自分には合うのだろう、そう感じた一杯であった。

到着=14:24 待ち時間=15分 行列=20人程度

麺=中太麺 スープ=濃いめの醤油、甘い お気に入り度=6

 

このあと毎年恒例のお土産つけ麺をGETすべく、滝野川大勝軒に向かうも到着は15時30分のこと、すでに閉店であった。

ああ、遂に途切れてしまった。来年は通販の注文することにしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年1月 3日 (月)

らーめん天神下 大喜(湯島天神)

訪問日=12月30日(木) 晴れ

メニュー=醤油らーめん

Daikiramen

上野で飲んだ後、近くの「三ツ矢製麺堂」の扉を開ける。でも満席とのこと、残念。というわけで湯島方面にちょいと歩いてみることにする。いろいろなお店が目に入るが今回選んだのは久しぶり訪問の「大喜」であった。

店前には並び無し、ツイているのか、最近はこんな感じなのか。まずは券売機でメニューを確認、「とりそば」は売り切れか、まあそうだろう、じゃあ醤油で。

Daikimenu 店内に入りカウンターに着席、横を見ると「とりそば」が提供されたご夫婦がいる。そうか、直前だったか、まあ仕方ない。そして今回結構待って「醤油らーめん」が提供された。

あっさりした醤油のスープはじんわりとくるうまみあり、ちょい甘みがあるがくどい感じではない。酒の後でも良い味わいであった。麺は細目でコシがありのど越しも好み、しなやかな麺という感じ。

ものすごく久しぶりに頂いたが納得して完食、完飲であった。でもほんとはとりそばが食べたかった。

到着=19:00 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=8

Daikinensi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もやしあんかけそば とろ丸(新橋)

訪問日=12月29日(水) 晴れ

メニュー=もやしあんかけそば(マグマ:麺小・油普通)

Toromarumaguma前回訪問時にちょっと楽しくなってしまった「とろ丸」へ飲んだ後に訪問する。券売機で購入は「もやしあんかけそば(マグマ)」の券、その後カウンターに着席する。

目の前のアイテムを確認、おや?しびれめもあるのか、適度に使ってみよう。それほど待たずに「もやしあんかけそば(マグマ)提供、今回麺は小なので丼も小さめであった。

まずはスープ、確かに辛みのある味、極端ではないが結構な辛さとなっている。そして上には熱々の餡が掛かっている。

今回もアイテム投入、まずお酢を、これはなんだか安心感を覚える。酸味とスープの相性も良い。次に甘みと苦みを、これは苦みが勝つようであった。そして苦みとニンニク、お!これは食べやすい、苦味は結構苦手だったりするが良い感じの味になる、良いかも。

甘み辛み酸味も投入、これはまあそれほど特にという感じ、辛みは元から効いているからかな。そしてしびれめを振りかける。確かに山椒がぴりぴり来る、これはこれでありかも。

今回もいろいろ楽しんで完食した。でもこちらではせめて中盛りくらいで頂く方がもっと楽しめそうな気がする。

Toromarusibire 到着=19:34 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=辛みのあるスープ お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

銀座 いし井(銀座)

訪問日=12月29日(水) 晴れ

メニュー=中華ソバ

Isiisoba

銀座にまたしても新店登場、場所はJRAの近くになる。まずは店前の券売機でメニューを確認、「中華せいろが」上ながら今回は寒かったので「中華ソバ」の券を購入した。その店前の並びに加わる、年末なのにすごいなあ。

さてそれほど待たずに店内へ、その後カウンターに着席する。ちなみに食べている人はほとんど「中華せいろ」の模様、やはりそちらが店のウリなのだろう。

待っている間に「すだちめし」というメニューが気になり追加を考える。でもまだご飯物はやってないとのこと、残念。

その後ちょっと待って「中華ソバ」提供、動物系のコクとうまみあるスープはとろみを感じるがくどくはない、うまみも口にばっと広がる味わい、かなり好みの味であった。

麺は中太のちぢれたタイプ、のどごしはまずまずながらスープに合う。このらーめんはかなり好みの味である。

チャーシューは柔らかくほろっと崩れるタイプ、それもまた良し。そして完食、ちょっと高いとも思ったが、満足感は問題ない。

多分また伺うことだろう。ちなみに年末は31日まで営業していたようだが、年始は3日まで休みらしい。

Isiimenu 到着=20:02 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=コクのある醤油、とろみあり お気に入り度=8

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【閉店】北斗辛軒(田町・三田)

訪問日=12月28日(火) 晴れ

メニュー=担々麺(辛さ8)+大宝寺カレー(ハーフサイズ)

Hokuosinset飲んだ翌日は迎え酒で体調を整える。さてさて締めに麺を頂こう。田町に移動、以前六本木にあった「北斗辛軒」が移転して営業している場所に向かった。

店に入るとすぐ前に見えるカウンターに先客は無し、でも奥のテーブル席に客が居るようであった。カウンターに着席、今回は担々麺とカレーのセットをお願することに。担々麺は辛さが10段階で注文可能、MAXはちょっと怖かったので8でお願いした。

Hokuosinmenu_2 それほど待たずに「担々麺(辛さ8)+大宝寺カレー(ハーフサイズ)」提供、胡麻の香りと味わいのあるスープは確かに辛みもある。でもそれほど辛くは無いじゃない、なんて大量にせき込みながら心に思う。スープは魚介のうまみも感じる味、好きな味であった。

麺は適度なコシの中太タイプ、でものど越しはあんまりだなあ、前もこうだったっけ?カレーは適度な辛み、ちょい甘みも感じる。ただご飯に塊があるのが惜しいかも。ちなみにこのカレーはスープの後に食べた方が良い味に感じる。

完食、後客を見るとほぼ居酒屋営業となっているこちらのお店、酒の後に担々麺というのも良いかもしれない。

Hokutosinkenmenu2 到着=20:02 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=辛みある胡麻のスープ お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

らーめん そら(京成曳舟)

訪問日=12月26日(日) 晴れ

メニュー=そら醤油らーめん

Sorasyoyu

「市川ウズマサ」のあとは曳舟駅に移動、そこからちょっと歩いて「らーめん そら」にたどり着いた。駅としては京成曳舟の方が近い場所になる。

カウンターに着席、メニューは醤油、味噌、塩、そしてつけめんが用意されている。カワハギの出汁という「そら塩らーめん」が気になるが、でも今回は京都の甘露醤油使用という「そら醤油らーめん」でお願いした。

ちょい待って提供、写真を撮って良いか聞いたらこの日は朝からそういう人が多いとのこと。そういえば1月2日にテレビ朝日でこちらの店が紹介される、とのお話も伺った。

さてまずはスープを、動物系のコクとうまみある醤油の味わい、スープには背脂が浮いている。結構好きな味であった。麺はちょい細目、コシのあるストレートは食感が良い。

上には九条ねぎがたっぷりと、ざくざくとした噛み応えが心地良い。このねぎはもっと増したいくらいだなあ。チャーシュー炙りでとても香りが良い。あとはメンマにのりが乗っている。

するすると頂き完食、店の女性店主氏ははきはきした感じ、多分この店はご近所に好かれるお店になるだろう。

Soramenu 到着=13:22 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=動物系のコクある醤油、背脂あり お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-2011年末年始情報

確認した店の年末年始情報をアップ

Yuuguisu

麺処 遊(西川口・蕨)と麺処 遊(蕨)の情報、段々討ち死にリストになってきた・・・。

Daisi_2

ラーメン大至(御茶ノ水)の情報、しまった!昼営業のみだったか・・・。

Benten

べんてん(高田馬場)の情報

2keisuke

二代目 海老そば けいすけ(高田馬場)の情報

Daiki

らーめん天神下 大喜(湯島)の情報

Hamasoba

油そば専門店 浜そば(湯島)の情報

Butakimuti_2

判りづらいけど湯島天神町 ブタキムチラーメン(湯島)の情報

6keisuke_2

魁 肉盛りつけ麺 六代目けいすけ(湯島)の情報

Nakamotosinjyuku_2

蒙古タンメン中本 新宿店(新宿)の情報

Musasi_2

麺屋武蔵 新宿本店(新宿)の情報

Akabaneito_2

自家製麺 伊藤(赤羽) の情報 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市川ウズマサ(市川)

訪問日=12月26日(日) 晴れ

メニュー=中華そば

Uzumasasoba

市川の駅からちょっと歩く、到着したのは「市川ウズマサ」という新店になる。店内へ入りカウンターに着席、メニューは中華そばとつけそばがあるようだが、今回は「中華そば」を選択した。

それほど待たず「中華そば」提供、きらきらと銀片の浮くスープがそそられる。期待通りに煮干しの風味とうまみがあるスープ、動物系のコクもしっかりある。口に広がる豊かな味わい、かなり好みの味であった。

麺はコシのある中太、食感しっかり、スープもしっかりと絡む。麺とスープの組み合わせは素晴らしく良い、この中華そばは好みだわあ。

チャーシューは噛み応えあり、あっさりした味ながら満足感は高い。メンマはコリコリとしており、くさみも無し。

そして名残惜しくも完食、そして完食前に思っていたこと、これは完飲するな。連食予定ながら、やっぱりスープまで完飲の一杯であった。

Uzumasaeigyo 到着=12:12 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=煮干しのコクとうまみある醤油 お気に入り度=8

 

 

Uzumasamenu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »