« 【卒業】ラーメン荘 その先にあるもの(立川:らーめんたま館) | トップページ | カラシビつけ麺 鬼金棒(神田) »

2010年12月 2日 (木)

きら星(武蔵境:リアル鬼どろそばプラス試食会)

訪問日=11月24日(水) 晴れ

メニュー=リアル鬼どろそばプラス

Onidoro

らーめん評論家の大崎さん、石神さん監修のカップ麺「鬼どろそばプラス」が明星食品さんから発売される。前年も発売されていたが今年は開発に「きら星」店主氏星野さんも参加してさらにパワーアップ、そんな「鬼どろそばプラス」のリアル版試食会に今回参加させて頂いた。

場所はもちろん「きら星」で、ちょっと前に「きら星 満天」へ伺っているがこちらは結構久しぶりだったりして。予定の時間ちょい前に着くと、店前にはすでに試食会を待つ方達がいる。知ってる人も多数であった。

しばらくしてカウンター奥の席へ、リアル「鬼どろそばプラス」は五杯ずつの提供となる。そして提供、スープがあまり見えないなあ。でもまずスープを、と思ったけどレンゲで掬うのが難しい、すごい粘度であった。

濃厚なスープ、というかもはやソースを口へ運ぶ。口に広がるうまみはやはり濃厚な味わい、かなり存在感がある。

Onidoromen 麺はコシのある太麺、と思ったらほかにねじれた太麺に平たい麺も入っている。ねじれた麺は舌触りが楽しい。ちょい柔らかいが平麺の食感も良かった。

麺の上にはペッパーかつお餡、確かにスパイシーな感じ、麺にすり付けてスパイシーを楽しむ。大粒の挽き肉は肉のうまみがかなり引き立つ。挽き肉を絡めた味わいも好みであった。

 

Onidoronokori 完食の一杯、残りのスープ、というかソースはもう残り少ない。それもレンゲに乗っけて完飲した。

 

 

Onidororice でもまわりの皆さんがライスを追加しているのに気づく、なんてことか、皆さんソースを残している、しまったなあ。ご一緒していたtkzさんのをちょい頂く、まあそりゃ合うでしょうって感じ。

そして満足を胃袋にため込んで店をあとにする。店を出るとカップ麺も頂いた。これも楽しみ。

ちなみにこのリアル「鬼どろそばプラス」は今回試食会のあった「きら星」で12月3日(金)~8日(水)の間、昼営業(11:30~15:00)10食 夜営業(17:30~21:00)10食を提供する模様。

到着=21:30

麺=太麺・太ねじれ麺・砕き帯麺 スープ=超濃厚な豚骨 お気に入り度=8

|

« 【卒業】ラーメン荘 その先にあるもの(立川:らーめんたま館) | トップページ | カラシビつけ麺 鬼金棒(神田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/50186676

この記事へのトラックバック一覧です: きら星(武蔵境:リアル鬼どろそばプラス試食会):

« 【卒業】ラーメン荘 その先にあるもの(立川:らーめんたま館) | トップページ | カラシビつけ麺 鬼金棒(神田) »