« ねじ式(幡ヶ谷) | トップページ | らあめん禪(市川) »

2010年11月11日 (木)

銀座 朧月(銀座)

訪問日=11月2日(火) 晴れ

メニュー=中華そば+味玉

Oborodukiramen

銀座の新店「銀座 朧月」を訪問する。今回は有楽町からのアクセス、お店の場所は「はしご」の近くであった(ここは未訪だけど)。お店自体も以前に伺ったことのある場所、「おかげさん」というお店に伺ったのは随分前のことであった。和歌山のらーめんだったなあ。

さて店前には並びがある。前の人が券を買って並んだのにつられて先に券を購入、でもそんなことは書いてない。ちょっと後の人はふつうに並んで後で券を購入していた。

さて並びの人数からするとかなり待っての着席、店内はカウンター席のみとなっている。丁寧に調理している感じ、これは時間が掛かるかも。ちなみに他の人に提供されたらーめんを見ると丼が洗面器の様な大きさであった。麺も多そうだなあ。そして目の前にも巨大丼が提供された。

魚介のうまみを感じるスープはあっさりながらかなりコクのある味わい、うまみがすごく口に広がる。ちょっとうまみが強いかも。

麺は太めで適度なコシ、スープも絡まる。そしてやはり麺の量は多い、なかなか麺が減らないわけで。

上にはねぎに刻み玉ねぎも乗っている。玉子は柔らかい半熟で黄身がとろっと流れてくる。うずらも入るのがうれしいところであった。

完食の一杯、スープを完飲するにはさすがに量が多すぎる。店を出ると行列は10人ほどとなっていた。かなり人気があるようだ。

Oborodukimenu 到着=12:01 待ち時間=12分 行列=2人

麺=太麺 スープ=魚介のうまみもある醤油 お気に入り度=7

|

« ねじ式(幡ヶ谷) | トップページ | らあめん禪(市川) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/49994753

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座 朧月(銀座):

« ねじ式(幡ヶ谷) | トップページ | らあめん禪(市川) »