« 冨士屋withきび桃太郎外伝(駒沢大学:東京ラーメンショー) | トップページ | 滋賀拉麺維新会&富良野とみ川(駒沢大学:東京ラーメンショー) »

2010年11月 6日 (土)

琉球麺侍&北陸ラーメン博:氷見ラーメン×なん・なん亭(駒沢大学:東京ラーメンショー)

訪問日=11月5日(金) 晴れ

 

琉球麺侍

メニュー=ラーメン

Yukyuramen

前日のチケットを握り締めこの日も「東京ラーメンショー2010」へ向かう。会場にバイクを停める場所はあるのだろうか?多分無いだろう。この日は嬉々として電車ライダーである。

駅からは本日も早歩き、会場に着いたら即らーめんの魚列を目指すことが出来る(チケットは手の中に)。

最初に選択は沖縄の店「琉球麺侍」を選択、こちらも並びは凄いけれどやはりどこも行列がとてつもない。でも案外早く並びは進んで10分ほどで店前に到着、即受け取ってテーブル席に向かうことに。

まずスープを飲む、うーん油が多いなあ、味が判りづらい。レンゲが欲しい・・・。麺は太く平たいタイプ、適度なコシで良い感じであった。

麺に絡んだスープはあっさりした味わいながら動物系のコクも感じられる。でもやはり油が多く味が判りづらいかも。ただその油でかスープは熱々であった。

上には肉味噌、と思ったら鰹を使った「食べる油味噌」らしい。それとなんだろう?よくわからない野菜が入っていた。黄色い玉子半個が入るのはうれしいところ、するっと完食した。

本日は5杯の予定、スープあまり飲むのをやめておくことに。さて次は、っと。

Ryukyu 到着=13:13 待ち時間=10分 行列=50人以上

麺=太平麺 スープ=あっさりした動物系のうまみ、油多い

 

 

 

北陸ラーメン博氷見ラーメン×なん・なん亭

メニュー=甘えびらーめん北陸2010

Hokurikuamaebi

次は北陸のらーめん「北陸ラーメン博(氷見ラーメン×なん・なん亭)」を選択した。「甘えびラーメン北陸2010」と書かれているこちらも回転が速くそれほど待たずに受け取った。

あっさりながらコクもある白湯の塩、動物系のうまみがあるがエビはあるのかな?モヤシの味が結構出ている。横に黒い塊が張り付いている。これを溶かすと結構甲殻系の香りがする。これか?

麺は中太でコシがありスープに合う。上にはとろろ昆布、結構良いかも。もやしは結構入っている。もやしなしの部分を食べたいが叶わず。

そして素揚げの甘エビ、写真だと2尾だったが提供は1尾であった。ちなみに店の方から頭まで食べれると、へえー。で、これが香ばしくて良い味、いやあこれで酒が飲めるなあ。

そして完食、次は3杯目だな。

Hokuriku 到着=13:35 待ち時間=14分 行列=55人以上

麺=中太麺 スープ=エビのうまみもある塩

|

« 冨士屋withきび桃太郎外伝(駒沢大学:東京ラーメンショー) | トップページ | 滋賀拉麺維新会&富良野とみ川(駒沢大学:東京ラーメンショー) »

コメント

ライダーマンさんもこの日いらしてたんですか。
私も10時~17時までいました。
あの混雑では、なかなか会えないですね。残念です。

投稿: pakio | 2010年11月 7日 (日) 01時04分

>pakioさん
あ、pakioさんもいらしてましたか。
誰か知り合いがいないかなあと、ときょろきょろしてましたが、
結局一人もお会いできませんでした。
というかもっと探せばよかっただけだったようで・・・。

投稿: ライダーマン | 2010年11月 7日 (日) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/49954915

この記事へのトラックバック一覧です: 琉球麺侍&北陸ラーメン博:氷見ラーメン×なん・なん亭(駒沢大学:東京ラーメンショー):

« 冨士屋withきび桃太郎外伝(駒沢大学:東京ラーメンショー) | トップページ | 滋賀拉麺維新会&富良野とみ川(駒沢大学:東京ラーメンショー) »