« 本枯中華そば 魚雷×桃天花(浜松町・大門:大つけ麺博) | トップページ | 博多だるま × 五福星(浜松町・大門:大つけ麺博) »

2010年10月 3日 (日)

道場六三郎×大勝軒山岸一雄コラボ × 中華蕎麦 とみ田(浜松町・大門:大つけ麺博)

大つけ麺博:9月16日(木)~10月6日(水)まで浜松町駅前特設会場にて開催

第三陣9月30日(木)~10月6日(水):道場六三郎×大勝軒山岸一雄コラボ、69'N ROLL ONE×Due Italian、中華蕎麦 とみ田、博多だるま、本枯中華そば 魚雷、徳島つけ麺 東大、五福星、桃天花

訪問日=10月1日(金) 晴れ

「道場六三郎×大勝軒山岸一雄コラボ」

メニュー=つけ麺維新

Mitiyamatuke

夜も大つけ麺博へ、やはりどこも並びが多いなあ。でも一番並んでいるのは券売機であった。手持ちのチケットが底をついていたのでその大行列に加わる。

やっと券売機に近づいたと思ったら釣り銭切れ多数、そういえば今回スタッフが随分少ないが釣り銭切れになってもまわりに助けてくれる人はいない。釣り銭切れになった方も自分のせいで時間が掛かっているようだと困っていた。なんとかならんもんか。

さてやっと券を購入し、最初に向かったのは「道場六三郎×大勝軒山岸一雄コラボ」のコラボであった。すごそうだと身構えていたが、でも並びはそれほど多くない。

ちなみにこのときに一番並びが多いのは「とみ田」、次は「東大」と言う感じ、「東大」すごいな。さてこちらのブースは呼び込みの方が「鉄人と神様のコラボ」と、声を張り上げていた。納得ながらすごいフレーズかも。

さて並びはあっという間に進みすぐに店前へ、「つけ麺維新」を受け取り明るい席を探す。さて頂こう。

麺は太く平たいタイプ、コシがありもちもち感もある、これは好みの麺であった。それにしても量が多いなあ、さすが大勝軒コラボである。

つけスープは冷たいスープ、酸味がかなりありゴマの香りと風味も効いている。そして山椒も入っている模様であった。このスープにはナッツが多数入っている。アーモンドにピーナッツ、かりかりしてるのはジャイアントコーンか。

このつけスープはかなり濃い味なので食べ方の難しいつけ麺となっている。どっぷりつけてはとても頂けない。最終的につけ麺は諦め、麺の上に適度なスープをかけて頂くことに。正直この麺に生醤油かけて食べたらかなり好きそうな気が、なんてね。完食し次の店に向かう。

到着=19:17 待ち時間=15分 行列=40人

麺=太平麺 スープ=酸味のあるゴマ風味、ナッツ多数

 

「中華蕎麦 とみ田」

メニュー=厳選 国産小麦

Tomitatuke

この日最後に向かったのはこの時間の最行列店「中華蕎麦 とみ田」であった。結構待つだろうと覚悟する。実際待ったが松戸のお店(随分行ってない)より並び時間は短いだろう。夜のテーブル席へ移動する。またしてもイベント発生、つっけっめん、つーけめんうまうま、なんかフレーズが耳に残る。

さて「とみ田」、麺はかなりの極太タイプ、コシはあるがでも固いイメージはない。極太なのにのど越しも良い、好みを感じる麺であった。

つけスープは動物系のコクとうまみ、魚介の風味と味わいが効いている。力強い味、麺にも問題なくあっている。間違い無い味、麺も主張強いのでどっぷりつけても半分くらいつけてもそれぞれ良い味に感じる。スープにはゆず皮も入っており、口に入ると風味が変わる。

そして完食、この日4杯目ながら満足度は高い。もう一度食べてみたいなあ。

到着=19:42 待ち時間=41分 行列=120人以上

麺=極太麺 スープ=魚介と動物系のコクとうまみ

|

« 本枯中華そば 魚雷×桃天花(浜松町・大門:大つけ麺博) | トップページ | 博多だるま × 五福星(浜松町・大門:大つけ麺博) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/49633595

この記事へのトラックバック一覧です: 道場六三郎×大勝軒山岸一雄コラボ × 中華蕎麦 とみ田(浜松町・大門:大つけ麺博):

« 本枯中華そば 魚雷×桃天花(浜松町・大門:大つけ麺博) | トップページ | 博多だるま × 五福星(浜松町・大門:大つけ麺博) »