« 麺屋KEN(戸田公園) | トップページ | 【1日限定】ぼぶ亭(都立大学) »

2010年7月 5日 (月)

らーめん こじろう526 日暮里店(日暮里)

訪問日=6月26日(土) 曇り

メニュー=ラーメン小(豚ダブル:ヤサイニンニクカラメ)

Ni526ramen

この日も映画を鑑賞、この日は「孤高のメス」であった。いやあこの映画も面白かったなあ。さてそこからラーメン店を目指す。

伺ったお店は映画館からかなり離れた場所の「らーめん こじろう526」であった。でもメモした住所が間違っていたわけで、思わず近辺をうろうろすることに。結局判らず「ラーメンバンク」で住所を確認、ああ、最初からこちらを見とけば良かった・・・。道路沿いにあるお店は黄色い看板となっている。

随分前のことになるが「526」には雪谷大塚にあるお店に伺っている。というわけで今回も「塩」が無いかなあ、と思ったが残念ながら券売機のボタンに表示は無いようであった。

ちなみにこの日は夜にらーめんを頂く予定がある。このため昼は一食の予定、思わず「ラーメン小(豚ダブル)」のボタンを押していた。でもさすがに小の選択に止めておく。

券購入後にカウンター着席、この時点では客は自分だけであった。でもあとに数名が来店する。提供前のトッピングコール、この日は「ヤサイニンニクカラメ」でいってみる。

そして提供のらーめんは、お肉どっさり、ヤサイたっぷりと迫力の盛りっぷりであった。まずは上からの攻略を試みる。

茹でヤサイは適度な噛み応え、柔らかすぎず、かといってしゃきしゃきすぎでもない。味は特にないけれどこれくらいの食感が好みであったりする。それにしても麺はなかなか出てこないなあ。

動物系のうまみある醤油のスープは甘みを感じる味わい、さらっとしており乳化していなタイプ、まあこれはこれであり。でもちょっとあっさりに感じてしまうかも。

食べ進むうちに麺がやっとちらほら顔を覗かせ始めた。コシのある麺はもちもち感も感じる。二郎系としてはちょっと違う印象を受ける。

そしてチャーシューは噛み応えあり、そして脂身がたっぷりついている。ジューシーさもあるが、ただ後半脂身がきつく感じだした。麺とヤサイは食べきったが、脂身が二つ残っている。ええい押し込めと、なんとか口の中に放り込んで食べ終わった。

今度連食狙わないときにこちらで食べるにしても、豚ダブルじゃなくてラーメン大で頼むことにしよう。でもそれもすごそうだけど・・・・。

Ni526eigyo 到着=13:36 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=甘みある醤油 お気に入り度=7

|

« 麺屋KEN(戸田公園) | トップページ | 【1日限定】ぼぶ亭(都立大学) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/48806390

この記事へのトラックバック一覧です: らーめん こじろう526 日暮里店(日暮里):

« 麺屋KEN(戸田公園) | トップページ | 【1日限定】ぼぶ亭(都立大学) »