« つけめん なおじ(新橋) | トップページ | 【閉店】康基(大泉学園) »

2010年7月11日 (日)

トナリ 丸の内店(東京)

訪問日=7月2日(金) 曇り

メニュー=タンつけ+ギョウザ+ライス

Ttonarituke

東京駅近くにある「TOKIA」を訪問する。狙ったお店は江東区にある「トナリ」の支店であった。向かった先には並びのある店があるのだが最初近くにあるうどんのお店「つるとんたん」であると思っていた。

うわー、すごい並びはまさかの「トナリ」である。なんと「つるとんたん」より並びが多いではないか、マジ・・・。職場の近くだし又今度にしようかと思ったが、でもこの日は時間に余裕がある。逆にこういう日に食べとかないと昼休みに伺うには時間が足りないだろう、というわけでそのまま並ぶことにした。

Ttonarimenu1 店からは結構人が出るが、なかなか並びは減らないかも。はっ、まさかここでも総入れ替え制だろうか。でも途中で9人がどっと中に入っていった。総入れ替えではないようだ。

並んでいる途中で注文を聞かれる。今回はタンつけとギョウザ、そしてライスでお願いすることにした。850円に400円、そして80円か、かなりの額になってしまった。

Ttonarigyouza そして30分ほどで着席、並びの人数を考えるとまあこんなものか。先にギョウザ、そしてライスが提供された。もちっとした皮のギョウザ、それほどすごいとは思わないがライスと頂くには丁度良い味であった。

ぱくぱく食べてるとギョウザ完食、そのあと結構してからつけ麺が提供された。適度なコシの太麺はもちっとした食感もある。太麺ながら固い印象は無く、こういう食感も好みであった。

Ttonarimenu2 そしてつけスープにつけて頂いていく。しょっぱいなあ、かなり濃い味の白湯スープ、タンメンといってもあっさりな印象は無い。動物系のコクとうまみがある味わい、とろみを感じるスープはしょっぱいが麺と野菜を絡めて頂くと丁度良い味になる。

もやしに白菜、ニラにニンジン、イカゲソと具沢山のつけスープ、いまさら好きな味と感じだしている。麺は案外多いかも、ライスにギョウザも食べている。こりゃあ食べ過ぎかなあ。

そういえば最初にショウガトッピングコールがあり、ショウガをお願いしている。周りの方で別皿にショウガを頼む方もいたが、その方が味の調整が出来そう。そしてやはりショウガは多すぎでかなり味が強くなってしまった。

Ttonarimesiwari それでも完食、ライスの器に残りの野菜とスープを入れて頂くことにする。これも好きな味、完食して席を立つことに。

会計はやはり1,330円、ちなみにタンギョウライスで950円というのもある。タンつけのセットもそういうのが欲しいところであった。

到着=11:54 待ち時間=27分 行列=15人

麺=太麺 スープ=野菜のうまみもある白湯スープ お気に入り度=7

|

« つけめん なおじ(新橋) | トップページ | 【閉店】康基(大泉学園) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/48853433

この記事へのトラックバック一覧です: トナリ 丸の内店(東京):

« つけめん なおじ(新橋) | トップページ | 【閉店】康基(大泉学園) »