« 麺 高はし(赤羽) | トップページ | つけ麺 えん寺(吉祥寺) »

2010年3月11日 (木)

【閉店】野郎ラーメン(西川口)

訪問日=3月6日(土) 曇り

メニュー=野郎ラーメン(並・ニンニク普通)

Yaroramen

夜に西川口を訪問する。目当ては「野郎らーめん」の「野郎らーめん」、前面ガラスの入り口は自動ドアとなっている。まずは券売機で「野郎らーめん」の券を購入する。その後カウンター席に着席、こちらはテーブル席も用意されている。

厨房内には随分前に川崎の「めじろ」でお見かけした方がいる。ネームプレートに「ゆうた」さんの文字、そして「いつか浦和で」とはどういうことだろう?

さて券を渡す際、ホールの女性にニンニクは普通で良いかと問われている。今回その通り普通でお願いしたがトッピングコールということだろう。案内を見ると定番のヤサイやアブラマシのほか化調マシなんてのも書かれていた。

提供の「野郎らーめん」、見た目はやはり二郎風である。でも上のヤサイは炒められたものとなっている。意外とあっさりしたスープ、うまみもあるが過剰ではない。そしてヤサイのうまみも溶けている。結構好きなスープであった。

麺は太くちぢれている、コシがありなんだかのど越しも良い感じであった。炒めヤサイは食感も良い。二郎系でさっと茹でのヤサイは苦手だが、こちらの炒めは好みを感じる。

チャーシューは噛み応えあるタイプ、ぱさつきのぎりぎり手前かな。そして当然麺の量は多い。途中で案内にあった「パンチ汁」を投入することに。つまりタレということだろう、スープがくっきりした感じになり後半も問題なく食べていける。

さらにカレー粉も追加、うーん、これは調子に乗って入れすぎたか。結構スパイシーだが口にスパイシーさが広がり続ける。

でもするっと完食、満足した。そして期待通り元気の良い声で送り出される。汁なしも良さそうな気がする。また行ってみようか(でもその前に地元に行く可能性)。

Yaroramenmenu 到着=18:04 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=コクのある濃い味醤油 お気に入り度=7

|

« 麺 高はし(赤羽) | トップページ | つけ麺 えん寺(吉祥寺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/47780450

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】野郎ラーメン(西川口):

« 麺 高はし(赤羽) | トップページ | つけ麺 えん寺(吉祥寺) »