« つけめん 高木や(高田馬場) | トップページ | 日の出らーめん(桜木町) »

2009年11月29日 (日)

【閉店】中華そば 若松(京急鶴見)

訪問日=11月23日(月)祝日 晴れ

メニュー=特製 若松

Wakamatutokusei

午前中に映画「まがれスプーン」を鑑賞、結構おもしろかった。それから鶴見までバイクで移動、以外と道が空いており快適な走行であった。

そして伺ったお店は横須賀から移転した「若松」、店はマンションの一階という場所にある。店に入りまずは券売機で券を購入する。「塩」の選択を迷ったがここは醤油の「特製若松」を選ぶことに。

お店はカウンターのみ、そのカウンター席に座り券をお渡しする。それほど待たずに「特製若松」が提供された。

スープ、まあ知っていた、というか予想通りものすごく好みの味、魚介の効いた醤油スープはなんだか油の具合も良い感じ。口の中にじんわり広がる旨味はバイクの風にさらされた身体をぽかぽかにする。

麺は細目、適度な食感でのど越しも良い、スープも良い具合に絡まってくる。このらーめんは好きだなあ。チャーシューは噛み応えあり、特製のためだろう3枚入っている。極太のメンマも良い食感、くさみも無く味わいも好きな感じ。

そして残念ながらもう完食、そして当然スープも完飲であった。満足の一杯を頂いた、やはりこれは塩も頂きたいなあ。そういえばなんだかすごい名前のまぜそばもあった。それも気になる。

到着=13:06 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=魚介のうまみある醤油 お気に入り度=9

 

 

 

「まがれスプーン」を見て(らーめんと関係ない話です)

この映画は公開初日にテレビでの番宣を見ていた。公開前のYAHOOの映画評価も良かったので楽しみにしていた。

でもそのYAHOOの評価は公開2日目に確認したらすとーんと落ちていた。見に行くか、どうするか考えるところだが、実はすでに前売り券を購入していた。見に行くしかない。

で、結局見に行ったらこれが結構面白かったわけで。超能力者ひとりひとりの役割もきっちりしているし、ストーリーにもちゃんと絡んでいる。見終わってからも、見といて良かったおもった。

そして思ったこと。テレビのCMで史上最弱とかいっており、その史上最弱でドラマが展開するのかと思ったがそうではなかった。それぞれがもっている能力で話が繋がっていく。この史上最弱というのは意味の無い煽りだと感じた。

また今回YAHOOの評価はそれほど高くないくらいで見に行ったが、それくらいのイメージで見て良かったと思う。高い評価で期待して見に行くのではなく、肩の力を抜いて見るくらいで丁度良い感じであった。

映画の内容は好きであったが、なんだか腑に落ちないものを感じる映画であったかもしれない。

|

« つけめん 高木や(高田馬場) | トップページ | 日の出らーめん(桜木町) »

コメント

Yahoo!の評価を読んでないので、
何に期待して下がってしまったものかが分からんのですが、
番宣に出まくっている長澤まさみに期待して観る映画ではない。

元が舞台であることを、濃く感じる作品でしたね。
僕は好きでした。
道具立てが巧くて、色んな物がちゃんと収まるべき所に
収まる心地よい脚本だったと思います。

若松の塩、食べたいですね~。
ま、まずは夜のまぜそばを味わいつつ待ちます。
って、オープン以来、二度目行ってませんけど。

投稿: なつき | 2009年11月30日 (月) 11時15分

>なつきさん
最初にYahoo!の評価を見たときは 4を超えてまして、
行こうと思ってみたら3.4とかになってました。
でも映画は面白いですよね、私も好きな映画です。
ちなみにこのコメントを書いてるときに確認したら、
3.66と持ち直してました。

若松のまぜそばは「ガルーダ」らしいですね。
でも夜は違った名前のまぜそばも。
多分何を食べても大丈夫そうな気がします・

投稿: ライダーマン | 2009年11月30日 (月) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/46890523

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】中華そば 若松(京急鶴見):

« つけめん 高木や(高田馬場) | トップページ | 日の出らーめん(桜木町) »