« 蓮爾 さんこま店(駒澤大学) | トップページ | 【閉店】元祖焼麺ちゃんぽん太郎(高田馬場・西早稲田) »

2009年11月26日 (木)

つけ麺 鵜の木堂(鵜の木)

訪問日=11月21日(土) 晴れ

メニュー=つけめん

Unokidotuke

頭の中で「猪木ボンバイエ」が流れる中、「鵜の木」まで移動する。入ったお店は「鵜の木堂」、こちらは駅からも近いようだ。

まずは券売機で「つけめん」の券を購入、カウンター席に着席する。席は他にテーブルも用意されていた。厨房内には男性と女性が1名づついる、そしてTシャツには「一撃」の文字が入っていた。

それほど待たずに「つけめん」提供、コシのある中太麺は平たいタイプでのど越しもとても良い。でもたまにある平麺の個人的好みがあわないタイプ、普通の人なら文句のない麺だろう。

つけスープは動物系と魚介系のうまみが広がるスープ、化調を使ってないと書かれていたがでも深いコクを感じる味わいであった。酸味甘みは無いが麺を食べさせるには十分、かなり好みのスープであった。

中にはでかいチャーシューあり、炙りの香ばしさを感じる。噛み応えもしっかりしており贅沢なチャーシューという印象を受けた。

するっと完食、スープ割りは体調も考えやめようかと、でもスープをもう少し飲みたくお願いした。そして結局ほぼ完飲、結構好みのつけ麺であった。特にスープが好きなタイプだったなあ。

Unokidomenu 到着=12:49 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平麺 スープ=コクのある醤油 お気に入り度=8

|

« 蓮爾 さんこま店(駒澤大学) | トップページ | 【閉店】元祖焼麺ちゃんぽん太郎(高田馬場・西早稲田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/46867362

この記事へのトラックバック一覧です: つけ麺 鵜の木堂(鵜の木):

» a kimono! [Life is good]
放置気味だった結婚準備結婚パーチーをする所の担当者さんが決まったみたいで初顔合わせをすることに。 [続きを読む]

受信: 2009年12月 3日 (木) 18時29分

« 蓮爾 さんこま店(駒澤大学) | トップページ | 【閉店】元祖焼麺ちゃんぽん太郎(高田馬場・西早稲田) »