« つけそば 丸長(坂戸) | トップページ | 【閉店】キリン食堂NEO(町田) »

2009年10月22日 (木)

大盛軒(明覚:比企郡ときがわ町)

訪問日=10月15日(木) 晴れ

メニュー=しょうゆ拉麺+あひるのゆで塩玉子

Taiseikenramen

坂戸の「丸長」から移動したのは埼玉県比企郡ときがわ町にある「大盛軒」になる。

店近くに到着したのは11時9分のこと、開店(11時30分)までバイクで近くを走ってみる。ちょっとしてから店近くまで戻ると店前には並びがある、同じくその並びに加わり開店を待つことにした。

開店時間となり扉が開く、待ち客は入り口の中にある券売機で次々と券を購入し店内へ、自分も「らーめん」と「味玉」の券を購入し席を目指す。

カウンター席は奥から詰めて座る感じ、ただしそのあとに来た客はその流れと違う座り方をしていた。店の方も特に何か言う訳ではないので座り方に決まりはないのだろう。

「らーめん」を待つ間に店内をきょろきょろ、そこで案内板に気が付いた。メニューの案内もあったが目に付いたのは「あひるのゆで塩玉子」の文字、興味を持ってしまい思わず「味玉」と変えてもらうことにした。

ちなみに店主氏は見た目怖そうな感じであったが、変更を普通に受けて頂いた。その後「あひるの玉子」を頼むのが珍しいのかいろいろ話しかけられることになる。確かにあひるの卵はピータンくらいしか口に入れたことがない。

そのあひるの塩玉子は別の器に袋入りで提供された。台湾のものらしい。皮を剥くが結構剥きづらい、なんとか剥いたがとりあえずらーめん提供まで待つことに。

ちなみに麺茹でのロットは6人分、丁度6番目であったので最初のロットで提供された。

まずは麺、こちらの麺は水とカンスイを使用していないらしく、玉子とバターと塩だけで麺を打つらしい。確かに前述の通りに思える麺ながらどう表現していいのやら。

のど越しが良いとは言えない、でも固いとはちょい違う、ただこの麺をなぜか好みと思う。普段のど越しの良い麺が好みなのだが好みは好み、まあ事前に麺の情報を頭に入れており、好みに合わないと思いすぎていたのも逆に好みに思えた要因かも。

そしてスープ、コクのある醤油のスープは以外と濃くも感じる。口に広がるスープのうまみはとても心地良い。そしてこのスープが麺と合う。麺は縮れておりスープもよく拾う。なんだか好みのラーメンであった。

麺だけでなくスープも同時に無くなっていく。チャーシューは大きいのが3枚、薄いが噛み応えがある。スープを吸ったのりが麺に合う。

そしてあひるの玉子、食べた瞬間塩辛さが口に広がる。でも黄身の味が混ざるとその塩辛さに独特な黄身のうまみと風味が加わり、これが良い味であったりする。それにしても黄身の味が濃い味なあ、これも良い。

この玉子の後に普通の玉子を頂くとあっさりに感じる、ただこれも黄身の味わいは良い。

するすると麺は無くなっていき完食、そしてスープも完飲してしまった。こちらでも満足した。このあと胃に余裕があればもう一軒と思っていたが、でももう十分満足したので帰宅の途に着くことに。

この日はまったく違うらーめんながら、こころにも残る2軒に伺うことが出来た。

Taiseiken 到着=11:25 待ち時間=9分 行列=5人(オープン前行列)

麺=中太ちぢれ麺 スープ=コクのある醤油 お気に入り度=8

|

« つけそば 丸長(坂戸) | トップページ | 【閉店】キリン食堂NEO(町田) »

コメント

家鴨の生たまごゎかなり色が薄いようにかんじましゅぅsign05(;´・`) 味覚でなく視覚の問題sign05

投稿: あひるぅ | 2009年10月24日 (土) 08時34分

>あひるぅさん
色は薄いかもしれませんが味は濃いものでした。
なかなか味わえない感じの味です。

投稿: ライダーマン | 2009年10月24日 (土) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/46546688

この記事へのトラックバック一覧です: 大盛軒(明覚:比企郡ときがわ町):

« つけそば 丸長(坂戸) | トップページ | 【閉店】キリン食堂NEO(町田) »