« 【移転】魚魚☆R(立川) | トップページ | 【店名変更】黄金の塩らぁ麺 Ayumi(吉祥寺) »

2009年8月18日 (火)

豪麺 つけ麺屋 節とい軒(中河原)

訪問日=8月11日(火) 曇り

メニュー=合わせ節麺(冷・麺300g)

Butoituke

立川から中河原へ移動、この駅は初めて降りる駅になる。目的の店は駅から遠くないが、駅からその店までの間や対面の道路沿いにもラーメン屋さんが結構あるようだ。

さてたどり着いたのは「豪麺 つけ麺屋 節とい軒」というお店、店内の券売機で券を購入しカウンター席に座る。席はほかにテーブル席も用意されている。店の方は厨房内に男性と女性が1名ずつで営業されている。

Butoimenu2 提供の「合わせ節麺(冷・麺300g)」、なんともぶっとい麺だなあ。その麺はコシがあり強い食感、ただごりごりした感じではなくのどごしも結構良い、この麺はとても好きなタイプであった。

つけスープは魚介の風味とうまみが強い味わい、動物系のコクもある。最初の方では海老の香りも感じていたが、魚粉を溶かすと海老の風味はとても薄くなった。

それにしてもインパクトのあるつけ麺だなあ、やはり極太の麺はするする食べる感じではない。でも300gという麺はすぐになくなってしまった。ちなみに最後の方でしゃりしゃりした食感を感じたが、それはなにやら白い物体、山芋か?聞いてみるとやはりそうであった。

こちらは焼き石の提供があるらしい、最後にスープ割りを頂く際にお願いすることにした(スープ自体はカウンター上にポットで提供されている)。すると前にあるコンロで石を焼きはじめるお店の方、5分ほど掛かるとのことであった。この日は急いでないので別に良いが、急いでる場合は早めに言った方が良いかもしれない。

Butoiwari そしてしばらく経って真っ赤に焼けた焼き石をスープの器に入れて頂いた。石(というかスチール?)はなすびの形、つけスープに入ると猛烈に沸騰し、ジューという音と共に水蒸気があがる。

すぐに沸騰は収まるかと思ったが、かなり長い時間その状態であった。結局スープは恐るべき熱さに変身、スープを温めるだけならそこまで熱くしなくても・・・。いやとても満足した一杯、できればまた行ってみたい。

Butoimenu1 到着=12:52 待ち時間=0分 行列=0人

麺=極太麺 スープ=魚介の効いたとろみのある醤油 お気に入り度=8

|

« 【移転】魚魚☆R(立川) | トップページ | 【店名変更】黄金の塩らぁ麺 Ayumi(吉祥寺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/45948848

この記事へのトラックバック一覧です: 豪麺 つけ麺屋 節とい軒(中河原):

« 【移転】魚魚☆R(立川) | トップページ | 【店名変更】黄金の塩らぁ麺 Ayumi(吉祥寺) »