« 【川口に移転】食処 渓(川口) | トップページ | 【閉店】一茎草(「あら田」内:日比谷・有楽町) »

2009年7月27日 (月)

つけめん102(川口)

訪問日=7月20日(月)祝日 晴れ

メニュー=つけめん

Kawa102tuke2

先に伺った「渓」は結構油も多めであった。そこで次は「彩たまや」でさっぱりしたメニューでもと思ったが、そうだ月曜は休みであった。ちなみに店前には新店情報が、今度行ってみよう。

さて時間を結構あけてから先日にも伺っている「102」へ、店前の券売機で券を買って店内へ、奥に一席空きがありそうであった。でもなかなか声を掛けられなかった。結構待ってから、外でお待ちくださいとのこと、そうか空いてなかったのか。

外には1人の待ち客、その後ろに着く。でも並びがちょっとよく判らない、自分の後に券を買った人は自分と反対に並んでいる。どちらに並ぶのが正解か?店の方に聞こうと思ったら聞こうと思ったその店の方が並びの調整をされた。どうやら自分が合っていたようだが、これは何か張り紙でもあればなあ。

結構待って店内へ、お客様どうぞとを声を掛けて頂いた。でも入れる人数も言ってもらった方がもっと親切かも。

店内に入り、セルフサービスの水をグラスに、でも何か服のくずか野菜の皮のようなものがついていた。さすが、すぐに気づいてもらえて変えもらった。

席に座り、「つけめん」を待つ、ちょい待って麺が提供された。つけスープはその後に、と思ったら自分の後に来た人へ先につけスープが提供された。まあすぐに来るだろう。

で、提供のつけスープが自分のところに、・・・来ずにその先に提供された方のところへ。なぜならその方は辛つけであり、後から持ってきたつけスープも辛つけ用だったため。

結局つけスープがその方のと変えられ、先に出されていたのが自分のところに来るのかなあ、と思ったら、さすがスープを作り直してくれるとのこと。まあまだ食べていないようだったが、提供されたのが来るのは気分的にどうも、と思っていたので良かった。

そして提供、まずは麺を頂く。コシがありもちもち感もある太麺は、いやこの麺は相当良い、かなり好みの麺である。

つけスープはどろどろ具合のすごい感じ、動物系のコクとうまみ、魚介の風味と味わいが効いている。かなりの濃厚さでうまみもばっちりであった。

麺をどっぷり浸けると味が強いので調整しながら頂く。途中、割りスープでちょい薄めると、これでかなり食べやすくなった。そうなるとどんどん食べすすんでいってしまう。

並盛りの麺はやはりすぐになくなった。途中割りスープを入れたためかあまりスープはぬるくならなかった。というわけで今回は焼き石無しで食べきった。

いやあ、つけめんに満足したなあ。またしばらくしてから行ってみよう。

到着=15:16 待ち時間=9分 行列=1人

麺=太麺 スープ=コクのある濃厚動物魚介醤油 お気に入り度=7

Saitamayanews1_2 ←こちらは「彩たまや」の案内

 

 

 

 

 

 

Saitamayanews2

|

« 【川口に移転】食処 渓(川口) | トップページ | 【閉店】一茎草(「あら田」内:日比谷・有楽町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/45750289

この記事へのトラックバック一覧です: つけめん102(川口):

« 【川口に移転】食処 渓(川口) | トップページ | 【閉店】一茎草(「あら田」内:日比谷・有楽町) »