« 井田商店(荏原中延) | トップページ | 【閉店】ラーメン&カレー Story(要町) »

2009年6月14日 (日)

創作つけ麺 RAMPoW(荏原中延)

訪問日=6月9日(火) 曇り

メニュー=味噌つけ麺

Rampowmisotuke

「井田商店」の後に近くの「多加野」という選択肢があるのだが、実はこの日は定休日、でもお店はやっている。実は「多加野」の休みに同じ場所で「RAMPoW」というお店が営業している。創作つけ麺というこちらのお店、味噌のつけ麺ということでなかなか足がむかなかった(味噌はあまり食べないほうなので)。

券売機で表示があるのはやはり「味噌つけ麺」のみ、その券売機には今月の新味は「くだものがテーマらしい」ということ。マンゴー、パイン、レーズンなどにワインもたっぷりとある。

カウンター席につきつけ麺をお願いする。ちなみに麺の茹で時間は七分かかると店の方が皆に声を掛けていた。確かにちょい待って提供された。麺は多く見えるが下に受けざるがあるだけで無茶な量ではない。

適度なコシの麺は平たいタイプ、のど越しはそこそこな感じであった。つけスープは確かに味噌の味、でも味噌だけでは無い味、コクがありうまみも十分である。

下の方にざらざらとした物、肉味噌か、中にはフルーツもあったのだろう。そしてはっきり判るお酒の風味、結構効いているがこれはワインか、味噌と合わさると酒粕のようにも感じる。

Rampowkare 結構おもしろく、そして好きな味、なんだか頂くのが楽しくなってくる。チャーシューは噛み応え有り、提供前にバーナーで炙っていたが特に香ばしい感じはない、別の目的があったのか?途中で店の方おすすめのカレー粉やポーションを入れて味の変化も楽しんだ。

完食しスープ割り、急須で割りスープが提供された。魚介のうまみが効いたスープはその割りスープだけ頂いても好きな感じである

今回実は味噌のつけ麺だしそれほど期待を抱いていなかった。でも十分な満足感を胃袋に収めて店を後にすることができた。また違うときに行ったときには違う味になっているのだろう。でもその違うときというのが難しい、火曜日だけの営業だしなあ。

到着=14:12 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=コクのある味噌 お気に入り度=8

|

« 井田商店(荏原中延) | トップページ | 【閉店】ラーメン&カレー Story(要町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/45338525

この記事へのトラックバック一覧です: 創作つけ麺 RAMPoW(荏原中延):

« 井田商店(荏原中延) | トップページ | 【閉店】ラーメン&カレー Story(要町) »