« 特製もりそば 桑山(神保町) | トップページ | 【閉店】高戸橋がんこ(高田馬場) »

2009年3月18日 (水)

【閉店】北斗辛軒(六本木)

訪問日=3月14日(土) 雨

メニュー=担々麺&半カレー

Hokutosinkentantan六本木の「北斗辛軒」を訪問することにする。この店名、読みは「ほくとしんけん」ということか。六本木駅から「つるとんたん」を越して、「六本木五丁目」表示の交差点を左折、ちょい先を右折すると看板が出ていた。土曜日の六本木といえども人通りの少ない場所、あとちょいと判りづらいかも。

店に入り、券売機で券を購入、今回は担々麺と半カレーのセットでお願いすることにした。先客は無し、テーブル席に着き店の方に券をお渡しした。ちなみに担々麺は辛さを選べるらしい、今回は大辛でお願いしたが激辛もあるようだ。

待っている間に店内の案内を見ると、こちらは「讃岐流担々麺」の店らしい。そしてカレーは「大宝寺カレー」、両方知らないなあ。尚、創業は辛栄元年、・・・・そんな年号はねえ!初代は「北斗屋辛三郎」というのもなんだそりゃ、という感じ、「讃岐流担々麺」とかもしゃれということか。店名は「ほくとしんけん」だが、ノリは「民明書房刊」のように感じた。

さて担々麺提供、あっさりながらうまみ十分のスープはなんだか魚介の味わいも感じる。ナッツの香ばしい風味も良い感じ、辛さは確かにあるが、大辛というほどでは無いようにも感じた。

麺は細め、ちょいざらつきのある舌触りで、するするっと口を進む。挽き肉がたっぷり乗っているが、まああまり麺には絡まない。ちなみに辛くないと思ったが、噴き出す汗は辛さを感じているということだろう。

Hokutosinkencurre さて麺を食べ終わったくらいでカレーの提供、このカレーがかなり良い。コクのあるカレーはルー自体にうまみあり。スパイシーなだけのカレーや粉っぽいカレーは苦手なのだが、こちらのはかなり好みであった。さすが「大宝寺カレー」である。

そして担々麺のスープの底にある挽き肉を掬いだしながらフィニッシュを迎える。結構満足できるこちらの店、冷やし担々麺というメニューも良いらしい。それは夏場に行こうか、いや早めに再訪する必要があるのか。

Hokutosinken 到着=12:37 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=あっさりしながらうまみ十分の辛いスープ お気に入り度=7

|

« 特製もりそば 桑山(神保町) | トップページ | 【閉店】高戸橋がんこ(高田馬場) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/44385872

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】北斗辛軒(六本木):

» Q6Dg2Cg28vol.1 [六本木]
六本木について調べています。いろいろありますなぁ ブログで拾ってみました。とり... [続きを読む]

受信: 2009年3月19日 (木) 11時26分

« 特製もりそば 桑山(神保町) | トップページ | 【閉店】高戸橋がんこ(高田馬場) »