« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

ひろや(葛西)

訪問日=3月27日(金) 晴れ

メニュー=つけ麺+半熟煮玉子

Hiroyatuke

葛西駅近くにある「ひろや」を訪問する。店内へ入り券売機で券を購入、今回は「つけ麺」をお願いすることにした。

ちなみにこちらは「油そば」もあるようでカウンターには「油そば」の食べ方指南がある。また座ったカウンター席には「油そば」を食べる方もいた。うーん、そちらを選ぶべきだったかな。麺の種類はいくつか有るようで「つけ麺」は太平麺らしい。

結構早く提供された「つけ麺」は確かに太めで平たい麺、コシがありでもちょい固い感じ、コリコリ感がある。好みとしてはもう少し茹でた方が好きかもしれない。でものど越しは良かった。

Hiroyamenu3つけスープは動物系のコクのある感じ、うまみの効いた味わいであった。麺は多いが、ランチは大盛りかライスサービスらしい、これで大盛りにしたらすごいかも。

完食、やはり「油そば」を一度頂いてみたい。

到着=12:49 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=うまみある醤油 お気に入り度=6

Hiroyamenu4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

用心棒(神保町)

訪問日=3月25日(水) 雨

メニュー=ラーメン

Youjinboramrn

「八島」のあとは神保町に移動、神保町二郎」といえば大行列店であるが、その目の前に二郎風のラーメンを出す新店ができたらしい。

ちなみに先日「桑山」へ伺った際こちらの店舗も覗いていたがまだ看板は変わっていなかった(以前は「ちょうなん」というお店)。ちなみにこの日の「神保町二郎」は雨の影響か並びは5人ほど、雨の日は狙い目か。

さて新店の扉をくぐり店内へ、店内は蒸し暑く眼鏡真っ白になってしまった。こちらは券売機のあるお店、「ラーメン」の券を購入した。

ボタンには「黒烏龍茶」も有り、おもわずなるほどと思ってしまう。ちなみに麺少な目やトッピングは3月26日からとの案内があった、まあこの日はヤサイマシなどする予定はなかったので問題無い。

提供の「ラーメン」、かなり小さめの丼に麺がぎっちり、またヤサイがどかっと乗っている。でかいチャーシューにも目を引きつけられた。

麺を引きずり出しまず一口、かなり濃い味の醤油スープでコクがありうまみ十分、がつんと来る味である。麺はコシのある太麺、濃い味のスープに負けない力強さであった。

ヤサイはキャベツも多めでもやしも乗っている。これは味に文句無し、マイルドな味わいの二郎も好きあのだが、こういった味も好みであった。

チャーシューは分厚く噛み応えあり、肉のうまみを感じる。提供時にニンニクの有無を聞かれ無しにしたが、でもニンニクの風味はある。

沢山あった麺とヤサイもすでに無い、満足して完食した。また伺ってみたい。

到着=13:49 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=コクのある濃い味醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月29日 (日)

【閉店】支那そば 八島(茅場町)

訪問日=3月25日(水) 雨

メニュー=肉ワンタンメン

Yasimasyoyu

茅場町の「八島」が閉店らしい(3月27日閉店、というわけでもう閉店、残念)。何度か伺っておりまた行こうと思ったのはいつの日か、結局閉店ぎりぎりの訪問である。

生憎の雨の中の訪問、お店はいると先客は2名であった(ちなみに後客は3名)。カウンターに座り接客調理をお一人でおこなっている女性に注文を通す。

ちなみにこちらは「ひんぎゃの塩」という八丈島の塩を使った塩ラーメンが有名(だったと言うべきか)だが、でももう一度頂こうと思っていたのは醤油ラーメンであった。で、今回は「肉ワンタンメン」でお願いすることに。

「肉ワンタンメン」提供、醤油のスープはあっさりながらうまみは十分感じられる味わい、魚介も感じる味は身体と心にじんわり効くスープである、よしよし。

麺は適度なコシの細目のちぢれ麺、結構スープから盛り上げっている。麺をバラしながらするすると。チャーシューは塩気あり、でもそれが良い味、メンマもくさみが無く丁度良い食感であった。

肉ワンタンはかなり入ってるねえ、肉のうまみを感じながらほいほいもぐもぐと口に放り込んでいく。

完食完飲、夏にもう一度つけめんを、は叶わないか・・・。

到着=12:57 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=魚介香るあっさり醤油

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つけ麺 もといし(神田)

訪問日=3月24日(火) 曇り

メニュー=つけ麺+味付半熟玉子

Motoisituke

神田駅近くにできた新店を目指す、お店は以前伺った「無限庵」から駅反対方向にちょっと行ったところになる。店内に入りカウンター席に着く、こちらは券売機が無いようだ。ちなみに2階もある模様、1階はぎりぎり座れたくらいの混み具合であったが2階はどうだっただろう?

今回は「つけ麺」を注文し到着を待つ。目の前にはいろんな調味料やトッピングあり、あとで試そうっと。

Motoisimenu2 提供の「つけ麺」、動物系のコクのあるスープ、でも特にしつこさはない。うまみが凝縮されているような感じで、これはかなり好みのつけスープである。説明を見るとこのつけスープの特徴は豚の耳とタマネギらしい、なるほど。そして豚ガラ鶏ガラ香味野菜をコトコト煮込み、魚介ダレをあわせているようだ。

麺は太いタイプ、コシがあり噛み応えもしっかり。この麺も好きなタイプであった。スープの中にはチャーシューが、ほぐしチャーシューの様な感じで、満足感がある。

Motoisimenu3 タマゴがかなり冷たいのがちょい惜しい。途中からデスク上の刻みタマネギや十七味、揚げねぎなどを楽しむ。最初の味で問題ないが、ただ麺も多いので味を変化させながら頂くのもうれしい。

スープの粘度は相当あるので、麺を食べ終わった段階でスープはあまり残っていない。割りスープを依頼しづらいと思ったが、でもスープはポットで前に置かれていた。というわけで少しだが入れて頂く。ちょい入れすぎたが、魚介の風味を感じる味で良い味わい、もちろん完飲した。

Motoisimenu1 満足して店を後にする。こちらはまた伺ってみたいお店であった。

到着=12:56 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=動物系のコクとうまみのつまったスープ お気に入り度=8

Motoisimenu4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

ラーメン香取(ちょい遠目:三鷹)

訪問日=3月22日(日) 曇り

メニュー=しょうゆラーメン(並)+味玉

Katoriramen

荻窪のあとは三鷹に移動した。目的の店は歩きとなると駅からは結構遠い模様、やっとという感じで到着した。

店内に入り券売機で券を購入、笑顔満点のホール女性に「しょうゆラーメン(並)」と」味玉」の券を渡しカウンター席に着いた。席はほかにテーブル席もあようだ。今回の注文は「「しょうゆラーメン」だが、ほかに塩とつけ麺も用意されている。

そして提供、魚介の効いたスープは節系の風味が強い感じ、そして結構しょっぱめのスープであった。麺は細目でコシがあり食感も良い。スープは塩気が強い感じだが、麺と頂くと丁度良い味であった。結構好きな味である。

チャーシューは大きく、噛み応えのあるところとジューシーな部分とがある。そのチャーシューもやはり味濃いめであった。

完食、スープは味濃い目のためあまり飲まなかった。そして帰りも良い笑顔に送られて店を出ることに。

Katorimenu 到着=13:14 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=魚介の効いた醤油、しょっぱめ お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【移転】中華そば風味堂(荻窪)

訪問日=3月22日(日) 曇り

メニュー=味玉中華そば

Fumidosoba_2

日曜日のこの日、荻窪駅を降りる。狙ったお店は「風味堂」という新店、青梅街道からちょっと入ったところにお店があった。

店内へ入り券売機で券を購入する、「味玉中華そば」の券を渡しカウンター席に座ることに。席はほかにテーブル席もある構成になっていた。

提供の「味玉中華そば」、正しい中華そばという感じの見た目である。あっさりめのスープながらうまみは十分な味、優しい味わいで好みのスープであった。

麺は細目で適度なコシ、啜り心地がとても良い。この「中華そば」、がつんとくる味ではないが、でもかなり好みの中華そばであった。

チャーシューの上には粒コショウが乗っており、強くはないがその風味もある。でもこのコショウ無しのタイプでも頂いてみたかった。

メンマはくさみ無く良い味わい、味玉も黄身が良い感じである。チャーシューは噛み応えありながらジューシーでもある、ちょい味は濃いかなあ。

するるっと完食、スープももちろん完飲した。満足できる一杯、良いお店であった。

Fumidomenu 到着=12:25 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

麺屋まつ石(武蔵浦和:ラーメン館銘店めぐり)

訪問日=3月21日(土) 晴れ

メニュー=つけ麺

Matuisituke

「ラーメンアカデミー」を訪問することに、かなり久しぶりである。どこかに行こうということではなく、ちょっと覗いてみようと思っての訪問であった。でも3月14日オープンの新店を発見、入ってみることに。

*ちなみに3月1日より「ラーメンアカデミー」から「ラーメン館銘店めぐり」に名称変更したらしい。

店内は先客2名、といっても食事時間としては遅い時間のため仕方ないだろう。今回の注文は「つけ麺」で、しばし待って提供された。

黄色い麺はコシがあり、というか結構固めの麺である。コリコリした感じで風味とのど越しはまずまずであった。

つけスープは酸味甘味の効いていない醤油のスープ、油がちょい多めであった。この油のためかスープのうまみを感じづらい、でも油が多い割りにはしつこくないかも。

チャーシューはスープの中ながら、あまり多くはない。あとはほうれん草とメンマがトッピングされていた。

実は最初らーめんを薦められたが、この日はつけ麺を頂きたい気分でそちらにした。らーめんは麺も違ったらしい、もしかするとそちらの方がもっと好みであったかもしれない。

Matuisimenu 到着=16:52 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=油多めの醤油 お気に入り度=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

らーめん えにし(戸越銀座)

訪問日=3月21日(土) 晴れ

メニュー=限定 日替わりラーメン「ラザソバ」

Enisorazasoba

以前にも伺っている「えにし」を訪問、この3月でお店の草野さんという方が「えにし」を卒業するらしい。そこで3月一杯その草野さん担当のらーめんが日替わり限定(10食程度)で提供中とのこと、というわけで土曜日のこの日、お店の扉を開けることとなった。

Enisixmenu1 この日の日替わりは「トマトを使った汁なし」ということ、メニュー名は「ラザソバ」というらしい。ただ券売機にはそのボタンは無し、どうやら「つけめん大」の券を購入することで注文できるらしい。

この日はエアコン故障中の張り紙あり、たしかに店内は結構暑い。1名の待ち客がいたので自分もしばし待つこととなった。

そしてちょい待って着席、座ってから思ったのだがなんとも客層が幅広い。年輩のご夫婦にご老人という感じのご夫婦、若いカップルもいれば中年の男性客(自分含む)もいる店内、そしてご家族客にはお子さんもいた。客の上と下の年齢差はたぶん50歳はあるだろう。

ちなみに到着時の並びは1名だが着席後は来客が多数あり並びは8名まで伸びていた、これはツイていたかも。提供の「ラザソバ」、超幅広の麺の上にミートソースと粉チーズがのっている。そして上にはでっかい青唐辛子が。

麺を1枚ずつ頂く、幅広の麺はコシもあり、そしてもちもちした食感とぴろぴろした食感が楽しい感じ。ミートソースはコクがありでもしつこくない味、チーズの風味も効いている。

これはつまりラザニア風のそばということだろう。これもらーめんか、そしてこの味がかなり好みであったりして。らーめんに限界は無いんだなあ、と思ってしまった。

上の青唐辛子は酢漬けの模様、辛みはあるが酢の影響で食べやすい。ちょっとずつかじりながら麺も頂いていく。満足の中、完食した。特に大盛りにしたわけではないが、お腹は結構な満腹感であった。さてこちらは次にいつ伺おうか。

Enisixmenu2 到着=11:56 待ち時間=5分 行列=1人

麺=超幅広麺 スープ=コクのあるミートソース お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

雅商會(松戸:遠い)

訪問日=3月20日(金)祝日 晴れ

メニュー=味玉もりそば

Miyabisyoukaituke_2

この日の2軒目はかなり遅い時間となってしまった。駅からはかなり遠い場所にある「雅商會」、店前に駐車場も有る。券売機で購入したのは「つけ麺」で、そのほかにもメニューはいろいろあるようで、昼と夜でも違うらしい。

ちょい待って提供の「「つけ麺」、相当太い麺はコシがありもちもち感のあるタイプ、とても良い食感でかなり好きな麺である。

つけスープは魚介の風味とうまみ、動物系のコクのある味わい、濃い味で甘味もある。麺をどっぷりつけると味が濃すぎるので、3分の2程度で食していく。これは好みのつけ麺であった。

チャーシューは大きく噛み応えあり、でもジューシーな感じでもある。味玉はねっとり感のある黄身がいい舌触り、でもこれもちょい味が濃い。

麺を堪能、つけスープも後半薄まって丁度良い味わいになってきた。最後にスープ割りを依頼、ゆず皮とネギが入って戻ってきた。どろっとした割りスープでまた味が濃くなった感じであった。満足して完食、これは夜のメニューも気になるなあ。

Miyabisyoukaimenu 到着=15:51 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=コクのある魚介豚骨醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大勝軒 ○高屋(北千住)

訪問日=3月20日(金)祝日 晴れ

メニュー=中華そば

Marutakasoba

祝日のこの日、WBCを見たあとに北千住のお店へ向かった。こちらは先日伺うもまだオープンしていなかったお店(まあそうだろうと思ってたんだけど)、この日は元気に営業中であった。

店前には並びがあり家族客も多い、このためか回転はあまり良くないようであった。相当待ってもうそろそろキャンセルしようかな、と迷っていた頃に着席となった。まあ店内は7席しかなく、仕方ないか。

さて今回の注文は「中華そば」、券売機で購入した券は先に渡している。その「中華そば」は素早く提供、あっさりした醤油スープはコクやうまみは強くないが飲みやすいスープで結構良い感じ。

麺は太め、コシがありもちもち感もある、これは好きな麺である。やはり麺の量は多い、どんどん食べ進む。チャーシューは大きめで噛み応え有り。メンマはコリコリした食感ながら風味は微妙かも。

するっと完食、結構満足した。でもこの時間で40分はちょっと待ち過ぎという気もした。まあ地元に愛されている店なのだろう。今度は平日に行ってみるかな。

到着=14:18 待ち時間=38分 行列=11人

麺=太麺 スープ=あっさりした醤油味 お気に入り度=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

東興麺荘(川口元郷)

訪問日=3月19日(木) 晴れ

メニュー=東興ラーメン

Toukoramen

飲みの帰りに地元にできた中華料理の店でラーメンを頂こうと思った。かなり混んでいる店内、相席で着席となった。今回は「東興ラーメン」をお願いする。

そして提供、結構濃い味の醤油スープはうまみも十分効いている。麺は中太で結構固め、縮れておりスープも絡まる。

Toukomenu1 このメニューは450円、酒の後には十分な感じである。するっと完食、こちらの店はほかのメニューも試してみたいところであった。

到着=22:37 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中太ちぢれ麺 スープ=うまみある醤油 お気に入り度=6

Toukomenu2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

【閉店】べんてん(高田馬場)

訪問日=3月18日(水) 晴れ

メニュー=塩ラーメン

Bentensio2

先日また行きたい意欲の沸き起こった「べんてん」へ向かう。11時前到着ですでに営業ははじまっていた。この日は並びも結構あり、そして今回は随分待った。並んだときはオープン直後だったのだろうか?

店に入りカウンター奥に着席する。今回は「塩ラーメン」での注文、ちなみに同ロットの6人中5人が塩ラーメンであった。

そして提供、以前にも頂いているがやはりのこの塩ラーメンは好みであった。コクのある塩のスープは深い味わい、うまみも十分でまずスープが良い。

麺はもっちりした食感でスープをまとい満足感を口に運んでくれる。上の生姜の風味もスープにあう。文句なし、問題なくどんどん食べ進む。次の一口を早く口に運びたいという感じ。

メンマはコリコリした食感、チャーシューは固くちょいぱさつきあり、でも関係ない。もっと食べていたいところだが、残念もう麺はない。もちろんスープも完飲で店を後にした。

大変満足した一杯であった。またつけめんも頂きに伺いたい。

到着=10:53 待ち時間=34分 行列=10人

麺=太麺 スープ=コクの有る塩味 お気に入り度=10

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年3月22日 (日)

らーめん処 ○は(京成大久保)

訪問日=3月16日(月) 晴れ

メニュー=濃厚鶏白湯麺

Hatoripaitan

昨日伺ったお店があり、その時に気になった店へ「二郎」のあとに行ってみた。昨日伺った店が2階、その同じ建物1階のお店となる。

今回注文は「鶏白湯」で、ほんとはつけ麺で頂きたかったが、でも連食でつけ麺は麺が多そうできついかも、ということでらーめんの方でお願いした。

店内には大量の煮干しや鰹節などの乾物類、これは普通のらーめんも良さそうな気がする。

提供、確かに濃厚な感じであった。まずはスープを、鶏のうまみがある味わいはやはり濃厚な味わい、とろみもある。鶏白湯醤油という感じの味でうまみもばっちり感じられる。

麺はコシのある中太、ちぢれておりスープもよく絡まる。まあこの濃度ならちぢれてなくても絡まるだろうが。スープはかなり濃い味に感じるが刻みタマネギを混ぜると丁度良い味に。チャーシューは大きいものであった。

このスープはご飯にも合いそうだな、そんなことが頭に浮かんだが、でもそれが入る隙間は胃袋には無し、残念。そして完食、スープの下には大量の刻みチャーシューが残っていた。スープもまだあるが、さすがに満腹状態のためこの辺で。

やはりつけ麺でも食べてみたい、そう思える味であった。

Hamenu 到着=12:02 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=濃厚な鶏白湯醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン二郎京成大久保店(京成大久保)

訪問日=3月16日(月) 晴れ

メニュー=小ラーメン

Ookubojiroramen

2日続けて「京成大久保」の駅を降りた。前日の日曜日には営業していない「二郎」に伺う予定である。実は随分前に一度伺ったことがあるのだが、その時は営業していなかった。で、今回再訪ということになるのだが、店に着くとその時とは違い外観がかなり綺麗になっている。多分店内も綺麗になっているはず、並びはないので即店内に入り券売機で券を購入した。

券売機の表記を見るとこちらはつけ麺のある「二郎」の模様、ほかにもみそラーメンなんてのもあるようだ。今回は「小ラーメン」を購入し席に着く。ちなみにつけ麺を頼んでいる人も結構いるようであった。

ラーメンを待っていると最初空きの目立っていた席がどんどん埋まり、最終的には満席となっていた。さて今回は連食予定、トッピングコールは無しでお願いする。

提供の「小ラーメン」、まあこりゃあ量的に「小」という感じではない。やはりヤサイも盛り沢山、そのヤサイはキャベツも多めであった。

まずは麺を頂く、適度なコシの麺は太く平たいタイプ、ぴろぴろした食感でもちもち感もある。これは好きな麺であった。

その麺に絡むスープはコクがありうまみの効いた醤油味、かなり濃いめの味でこれも好み。ただ味が相当濃いので後半きついかも、と思ってしまった。

そこでヤサイを絡めて麺を頂く、これで丁度良い味わいになった。大量の麺とヤサイをどんどん食べ進む。チャーシューはちょいぱさつき感があるが特に問題なし。するっと完食できた。

でもスープはあまり飲んでない(連食できるかどうかという感じ)。満足の一杯であった、この麺なら多分つけめんも良さそうな気がする。

到着=11:11 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=コクのある濃い味醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月21日 (土)

【閉店】今日から俺は(京成大久保)

訪問日=3月15日(日) 晴れ

メニュー=新背脂魚介豚骨つけ麺+味玉

Kyooretuke「ふえ木」のあとは「京成大久保」駅へ移動、こちらの駅は以前「たいふう」に伺った際に降りている。今回の目当ては「今日から俺は」というお店、そういえばそんなマンガも読んだことがある。

ちなみにこちらの建物には1階にも「○は」というらーめん店も入っていた。2階にあがるとお店の前には並びが2組6名、個性的な建物を眺めながらお呼びを待つ。ちょい待って入店した。

Kyooremae  今回着席したのはカウンター席だが、ほかにテーブル席がある。そのテーブル席には中央に丸い窪みが、焼き肉か鍋を出す店のようであった。以前の店の名残だろうか?案内によると麺は茹で時間が8分らしい、それくらい待って注文のつけ麺が提供された。

綺麗な麺である。太く平打ちの麺はコシがありのど越しがとても良い、かなり好みの麺であった。

つけスープは魚介の風味の効いた味わい、動物系のコクもある。酸味甘味は特になく、濃い味ながらすっきりと頂ける。ゆずの香りも時折鼻を抜ける感じが結構良い。

味玉は柔らかい半熟で黄身の味わいも良い感じ。最後の方で麺をスープにつける量を少なくしながら麺自体も堪能した。完食であり、満足である。

駅へ向かう帰りに「たいふう」に興味のあるメニューがあった。でももうお腹は満席状態、残念ながら諦めた。

到着=12:20 待ち時間=12分 行列=6人

麺=太平麺 スープ=魚介も効いたコクのある醤油 お気に入り度=8

Taifumenu こちらは「たいふう」のメニュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

らぁ麺つけ麺ふえ木(二和向台)

訪問日=3月15日(日) 晴れ

メニュー=らぁ麺(こってり)+タマゴ

Fuekiramen 「二和向台」は初めて降りる駅になる。目当てはやはりらーめん店、駅からはちょっと歩いた場所にある「らぁ麺つけ麺ふえ木」の扉を開けた。

券売機で購入したのは「らぁ麺」、このメニューはこってりとあっさりがあるようだ。こってりは濃厚豚骨魚介、あっさりは和風スープとのこと、今回はこってりのボタンで購入した。ちなみに表示からすると「つけ麺」が一番人気らしい。

カウンター席に座り「らぁ麺」を待つ、店内はチャーシューからなのかかなり濃い醤油のにおいが充満している。提供の「らぁ麺」、確かに濃厚そうであった。

そのスープは魚介の風味とうまみ、動物系の濃厚な味わいとコクが効いている、これは結構がつんと来る味である。濃厚は間違いないが、でも濃すぎる感じではない。

麺は太め、コシがありもちもち感もあるタイプでスープにも合っている。このらぁ麺はかなり好きな味である。メンマはコリコリ感があり、またくさみ無し。チャーシューは薄いが香ばしい香りも良い感じ。ねぎの食感も良かった。これはつけめんも多分良いだろう。

後半カウンター上の割りスープをちょっと投入、濃厚さが薄れ飲みやすいスープに、これもまた良し。こういったらーめんを並ばずに頂けたのはうれしい、とても満足した一杯であった。

到着=11:06 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太ちぢれ麺 スープ=濃厚な魚介と動物系スープ お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

【閉店】高戸橋がんこ(高田馬場)

訪問日=3月14日(土) 雨

メニュー=塩ラーメン

Ganko16sio

六本木の後は高田馬場に移動、結構歩いて骨の下がるお店にたどり着いた。「高戸橋がんこ」、3月から昼営業始めたということである。外観はやはり黒い、こ、これは入りづらい・・・(入るけど)。

店内はかなり狭く扉とカウンターの狭い間の席に着く。今回の注文は塩ラーメンで、ちなみにランチ時は大盛りかぶた飯(だっけかな?)がサービスになるらしい。ただ今回は連食のため無しでお願いすることに。

提供の塩ラーメン、綺麗なスープである。そのスープ、コクがあり塩気の効いた味わい、うまみも十分あり結構好きな味であった。

麺は細く縮れている、結構固めの茹であがりもスープに合っている。ただなぜか麺を食べたときに塩気をさらに感じたのはなぜだろう?

チャーシューは柔らかく肉のうまみあり。好みの味わいで、のりも絡めていただいていく。完食、スープも完飲した。こちらの店はつけめんもあるらしい、それも良さそうだ。

このあと雨の中、駅まで帰る途中「べんてん」の並びが1名であることに気がついた。でももう胃袋に空きはない、久しぶりに「べんてん」も行ってみたいなあ。

到着=13:45 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細ちぢれ麺 スープ=かなり塩気の効いた塩味 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月18日 (水)

【閉店】北斗辛軒(六本木)

訪問日=3月14日(土) 雨

メニュー=担々麺&半カレー

Hokutosinkentantan六本木の「北斗辛軒」を訪問することにする。この店名、読みは「ほくとしんけん」ということか。六本木駅から「つるとんたん」を越して、「六本木五丁目」表示の交差点を左折、ちょい先を右折すると看板が出ていた。土曜日の六本木といえども人通りの少ない場所、あとちょいと判りづらいかも。

店に入り、券売機で券を購入、今回は担々麺と半カレーのセットでお願いすることにした。先客は無し、テーブル席に着き店の方に券をお渡しした。ちなみに担々麺は辛さを選べるらしい、今回は大辛でお願いしたが激辛もあるようだ。

待っている間に店内の案内を見ると、こちらは「讃岐流担々麺」の店らしい。そしてカレーは「大宝寺カレー」、両方知らないなあ。尚、創業は辛栄元年、・・・・そんな年号はねえ!初代は「北斗屋辛三郎」というのもなんだそりゃ、という感じ、「讃岐流担々麺」とかもしゃれということか。店名は「ほくとしんけん」だが、ノリは「民明書房刊」のように感じた。

さて担々麺提供、あっさりながらうまみ十分のスープはなんだか魚介の味わいも感じる。ナッツの香ばしい風味も良い感じ、辛さは確かにあるが、大辛というほどでは無いようにも感じた。

麺は細め、ちょいざらつきのある舌触りで、するするっと口を進む。挽き肉がたっぷり乗っているが、まああまり麺には絡まない。ちなみに辛くないと思ったが、噴き出す汗は辛さを感じているということだろう。

Hokutosinkencurre さて麺を食べ終わったくらいでカレーの提供、このカレーがかなり良い。コクのあるカレーはルー自体にうまみあり。スパイシーなだけのカレーや粉っぽいカレーは苦手なのだが、こちらのはかなり好みであった。さすが「大宝寺カレー」である。

そして担々麺のスープの底にある挽き肉を掬いだしながらフィニッシュを迎える。結構満足できるこちらの店、冷やし担々麺というメニューも良いらしい。それは夏場に行こうか、いや早めに再訪する必要があるのか。

Hokutosinken 到着=12:37 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=あっさりしながらうまみ十分の辛いスープ お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (1)

特製もりそば 桑山(神保町)

訪問日=3月12日(木) 晴れ

メニュー=中華そば

Kuwayamasoba

また新しいらーめん本を買ってしまった。その中の掲載で気になった「特製もりそば 桑山」を訪問することにした。こちらは随分前に一度伺ったことのある「池上大勝軒」が神保町に移転したようである。

11時に店到着、まだオープンしていない模様、そこで近くの「二郎」を覗いてみることに。オープン待ちのようだが35人の並び客、すげー。その前にある「ちょうなん」こちらは、閉店してしまい案内の張り紙があった。でも店内ではスープを仕込む方がお二人、「ちょうなん」の人か、それとも別店舗なのか?

Fukumenebisu そしてこちらも近く「覆麺」はまだオープンしていない。以前とは表のディスプレイが変わっている、大阪プロレスか?

そして「桑山」を再訪、11時10分だがまだオープンしていなかった。中の方に聞いたところ、11時15分オープンということであった。15分オープンというのは珍しい。そして11時15分過ぎに再度訪問した。

先客は1名、券売機で「中華そば」の券を購入し奥の厨房にいる店主氏に券を渡して席に着く。席は壁に向かう感じのカウンター席のみ、店内には池上大勝軒の暖簾や、移転前の東池袋大勝軒の写真や山岸さんの色紙などがある。

自分の後にもお客さん多数来店、自分も含め皆さん好きなところに座るがこれでどうやってらーめんを受け取るのだろう?と不思議に思ってしまった。なんか混乱しそうな気が・・・。

かなり待っての提供である「中華そば」は店主氏が持ってきてくれた。場所を券に書いていたのか、顔と注文を覚えていたか。

さて「中華そば」、ぎっちり麺の詰まった丼はスープが随分少なく見える。そして麺はかなりの柔らかさ、茹ですぎというよりこれは店の狙いっぽい。まあ柔らかいがそれ以上柔らかくはならないようだ。

スープはあっさりした醤油味、魚介の風味はあるが味わい的にはあっさり感が強い。一口目に麺の柔らかさに驚いたが、でも食べ進むと大分慣れてきた。それにしても麺が多いなあ。

チャーシューは噛み応えあり、ちょいぱさつき気味ながらくさみは無い。ただメンマは風味が微妙なものであった。途中でニンニクを投入し、そして完食した。その時点でスープは少ししか残っていない。

Kuwayamamenu 食後もう2、3度食べればこの店についていけるかも、という気もした。「もりそば」も麺は柔らかいのかな?

到着=11:20 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=6

Kuwayama

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

麺処 遊(鶯谷)

訪問日=3月11日(水) 晴れ

メニュー=ザ・らーめん

Yutheramen

この日ほんとは別の店に行こうと思っていたのだが、結局外出できたのはかなり遅い時間、しかも向かった先は逆方向であった。というわけで当初の予定地は断念し、煮干しのらーめんを摂取するべく鶯谷の「麺処 遊」を目指した。

券売機で目に入った「温つけそば」の文字、「温」じゃなきゃなあ・・・、「温」の文字が付いていないつけ麺は売り切れ表示であった。

Yuomenu  そのほかにも目に入った「ザ・らーめん」の文字、なんだこりゃ?というわけで今回はその「ザ・らーめん」で行ってみることにした。店内は満席、というか空きは1席あるもののカップルが荷物を置いていたので座れない。でもすぐに食べ終わったのでほぼ待たずに座ることが出来た。

提供された丼は、正しい正油ラーメンという感じであった。でもわかめか・・・、わかめはスープに海草のにおいが移りそうなので先に頂くことにした。ちなみに頂いて良かった味わいであった。

さてスープ、あっさりした、でもうまみは十分の醤油味、魚介のうまみが効いている。煮干しの味わいはあるもののがっつり煮干しの味ではない。まあこの味わいも良い感じ。

麺は細くコシ有り、この麺はやはり好み。ただスープが少なく、もっとスープの量があれば麺に絡まりバランスが良さそうな気がする。

チャーシューは噛み応え有り、満足感は高い。このメニューは500円、結構良いかも。スープの量がもっとあれば、というのを感じてしまった一杯であった。

到着=14:49 待ち時間=1分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=細麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

麺屋あらき 竃の番人外伝(西船橋)

訪問日=3月10日(火) 晴れ

メニュー=赤 味玉らー麺

Arakigaidenaka

「葦屋」の後に「麺屋あらき 竃の番人外伝」に伺った。船橋にある「麺屋あらき 竃の番人」には行ったことはあるのだが、その外伝、どんな店だろう。ちなみに「麺屋あらき」という店もあるらしいがそちらは未訪である。

店に入り、まずは券売機で券を購入する。上の段にはつけ麺と、そして次にらーめん、そのらーめんは味が4種類あるらしい。

Arakigaidenmenu 「鰹」は魚介、「エビ」はあらき定番の味、「赤」は辛いもの好きな人用、「黒」はスパイシーということらしい。今回は「赤」でお願いすることにした。

提供の「赤」、確かにスープが赤い。まずはスープを頂いてみる、ひっくり返るほどではないしにしても結構な辛みのあるスープ、その中に魚介のうまみが強く感じられる。かなり好みの味わい、クセになるような感じであった。

麺は中太でちぢれている、適度なコシでスープもよく絡まる。スープを飲むと噴き出す汗、それほど辛いとは思っていなかったが、でも身体が反応する。タマネギが良い箸休めに。

完食、そしてスープもかなり飲んだ。満足の一杯であった、これは次回伺った際にほかの味も試してみたい。

到着=13:20 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=辛みの中に魚介の味わい お気に入り度=8

Arakigaideneigyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華そば葦屋(西船橋)

訪問日=3月10日(火) 晴れ

メニュー=中華そば

Asiyaramen

柏にあるらーめん店に伺おうと思った。でも見つからず、それらしい場所にもらーめん店はあるのだがどうやら違う店のようだ、地図を間違って検索したのか?ほかに行こうと思っていた店はこの間に行ったし、というわけで次の目的地へ向かうことにした。

着いた駅は西船橋駅、そこで随分前に一度伺ったお店を思い出した。駅目の前にある「葦屋」、再度行ってみることに。店内に入り券売機で「中華そば」の券を購入、カウンター席に座る。

提供は早い、スープはあっさりながらうまみも十分効いている醤油味、口に広がるうまみがある。結構好きな味である。ゴマの風味も効いている。

麺は中太で適度なコシ、ただ噛んだとき歯に残る感じが好みとはちょい違うかも。チャーシューは大きく満足感有り。

そして完食、正直麺が違えばもっと好みのような気がする一杯であった。

到着=13:07 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりながらうまみ十分の醤油 お気に入り度=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

【移転】UMA(HANOHANO:立川南・立川)

訪問日=3月9日(月) 曇り

メニュー=限定極UMAつけMEGAチャーシュー中盛り

Umatuke

立川にある「ラーメンスクエア」が入っているビル「アレアレア」の近くにあるハワイ料理の店「HANOHANO」が、営業していなかった昼にラーメンを提供しているらしい。今回そんなお店に遅めの時間で伺ってみた。

店は2階になるようだ。扉を入り店内へ、内装は確かにらーめんを出す店に見えない。奥の席に座りメニューを見る。つけめんのほか、ラーメンやまぜそばもあるようだ。

Umamenu1_2 今回注文したのは限定メニューの「極UMAつけMEGAチャーシュー」、つけめんとまぜそばは普通200g、中盛り300g、大盛り400gで中盛りまでサービスらしい。今回中盛りでお願いした。

ちょい待って提供、でっかい肉の乗った麺の器と、パイ包みのような感じのつけスープが提供される。見たことのない感じである。

まずは麺、茹で時間10分というのが判る太い麺、コシがありのど越しの良いタイプで舌触りも気持ち良い。かなり好みの麺であった。

その上にはでっかいチャーシューが、しかもこれがかなり分厚い。噛み応えがあり香ばしい風味、一枚はジューシーなタイプでもう一枚は噛み応えがある感じ、スープにつけたりしながら頂いていく。

Umatuke2 そしてつけスープ、上を覆った生地を割る、感触でいくとパンという感じであった。まずは麺をつけて頂く、魚介のうまみがある濃厚なつけスープ、コクがあり香ばしい風味もある。そして熱々のスープは力強い麺にも合っている。

麺もつけスープも好みであった。どんどん食べ進む、包まれた生地もつけスープにつけて頂く、これも違和感なし。

Umawari 麺を食べ終わる前に割りスープを依頼、バジルとスープが入って再提供された。食べ方指南で書いてあったのだが、でも麺はスープ割りしたものだとバランスが悪く感じた。ちょっと麺が強すぎるか、麺は先に食べての割りスープが良さそう。

沢山あったチャーシューも完食、そしてスープも完飲した。面白い一杯、そして麺もつけスープも好みのこのメニュー、1100円だが高いとは思わなかった。でも普通のつけめんでも食べてみたい、醤油ラーメンも気になるなあ。機会があれば再度伺ってみたい。

Umamenu2 到着=14:04 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介の効いたコクのある醤油 お気に入り度=8

 

 

 

Umamenu3

| | コメント (8) | トラックバック (2)

富士丸(西新井)

訪問日=3月8日(日) 曇り

メニュー=ラーメン(ヤサイアブラカラメ)

Nisifujimaruramen

昼に食べたのは沖縄そばのみ、日曜日はもう一食らーめんを頂きたい。しかもこの日もバイクを乗っておらず、このままでは次の週末に乗れたとしても3週間バイクに乗らないことになってしまう。

と、いうわけで夜にらーめんを頂くためバイクに乗って出撃した。たどり着いたところは西新井、目当ては未訪の「富士丸」である。

店に着くと丁度オープンだった模様、到着前に店前に並びはあったが、その方達がどんどん店内に吸い込まれていく。奥から埋まっていく席、自分も入り口に近いところに着席する事が出来た。

今回注文は「ラーメン」で、ちなみにその後は店内の並び含め、店外にも数人の行列が出来ていた。2ロット目での提供、トッピングコールは「ヤサイアブラカラメ」で、ヤサイが盛られて提供される。立ち上がるヤサイ、でも横の方で麺が見える。

まずは麺から、適度なコシの麺は非常に風味がよく、スープも絡まりとても好み。コシがある感じではないが、自分には丁度良い食感であった。スープはコクがありうまみの効いている味わい、でも結構マイルドで食べやすい。ヤサイにも味があり、くたっとしたヤサイも好みであった。かなり好きなラーメンである。

途中アブラをちょこちょこ足しながら頂いていく。チャーシューはでかい塊で入っている、噛み応えが有り、でも固くはない。さて、途中でアブラがきつく感じだした。やはりアブラ増しは無謀であったか。でも好きな味のためどんどん食べ進む。ゆで卵が良い箸休めになる。

そして完食、ただスープはあまり飲んでいない。でも満足、こちらの店はまた伺って食べてみたい。

到着=18:03 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=コクの有る醤油味 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【閉店】沖縄そば まーさぬやー(末広町・秋葉原)

訪問日=3月8日(日) 曇り

メニュー=木灰そば(普通麺:絶品なんこつ)+本そーき

Masanuayasoba 日曜日に秋葉原へ、以前に比べ人通りはあまり多くないような・・・。今回伺うのは沖縄そばの店、以前ドラゴンアイスという店があった場所になる。「もっふるたん」というお餅のワッフルを頂いたことがあった店だが閉店したらしい。

さて沖縄そば、店名は「まーさぬやー」で木灰そばを出すらしい。木灰そばというのはよく知らないが、でもテレビで一度見たような気がする。店内に入り、席に着く、その席は一人ずつ用のテーブル席と言う感じ。

Masanuayamenu1 注文は当然「木灰そば」で、このメニューは麺を太麺と普通から選択可能、普通でお願いした。またトッピングも「三枚肉」と「なんこつ」から選ぶことが出来る。じゃあ今回は「なんこつ」で、それに「本そーき」をプラスした。

提供は早い、そしてこの時点で精算をするシステム、らーめん店ではあまり見かけないタイミングである。

魚介出汁の効いたあっさりした味わいのスープ、でも物足りなさは無くうまみもしっかり、結構好きな味である。麺は以外と太い、適度なコシで、ざらつきのあるうどんの様である。でもこれも好きな感じ、沖縄そばは食べて物足りなさを感じることがあるのだが、こちらは好みに合うようだ。

「なんこつ」はかなり濃いめの味、もう少し薄味の方が好きかもしれない。でもゼラチン部分の食感が良い。「本そーき」は食べ応えあり、味わい的になんこつと同じ様な感じであった。これはどっちかで良かった。

Masanuayatoppi 「こーれぐーす」や「フーチバー」などを追加しながら完食、この店はまた行ってしまいそうだ。

到着=12:05 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=魚介の効いたあっさり醤油 お気に入り度=7

Masanuayamenu2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月12日 (木)

【閉店】づゅる麺 AOYAMA(青山一丁目)

訪問日=3月7日(土) 晴れ

メニュー=味玉つけ麺(並盛り)

Aoyamatuke浅草橋のあとは青山一丁目へ移動、「ウィン青山」というビルに近づき・・・、あれこの場所はなんか来たことあるなあ。そして気づいた「ネイチヤ」というお弁当屋さん、以前こちらでラーメンを頂いたことがある、まだラーメンは出しているのかな?

そしてその先に新しく出来た「づゅる麺 AOYAMA」、やや!扉が閉まっている、営業終了か?でも何も張り紙は無い。店内に客はいないが、営業終了にしても札とかが掛かるだろう。もしかして、と思ってビル内に入ると入り口はそちらであった。また入り口を間違えてしまった

店前に券売機あり、今回は「味玉つけ麺」の券を購入した。開放的な店内はゆったり出来る感じ、カウンター8席に2名テーブル席が6卓の席構成であった。今回席に空きがあったのでテーブル席に着席、店員さんに券を渡した。

その店員さんのTシャツの後ろには「づゅるっていいとも」の文字、ほかの店員さんの後ろには「づゅるってる!」の文字、どういうこと?

さてつけ麺提供、コシのある麺はしっかりした噛み応えながらのど越しの良いタイプ、かなり好みの麺である。

つけスープは魚介の風味とうまみ、動物系のコクがある味わい、うまみも十分ながらしつこさはない。キャベツの食感が良いアクセント。

Aoyamahasihoka チャーシューも噛み応え有り、スープも絡まり良い味わい。後半戦は麺にレモン掛けて頂いていく。さっぱりした味わいで食べ進む、この味わいも良いなあ。味玉も黄身の味わいが好みであった。

最後にスープ割り、割っても好みの味、完飲した。でもレンゲは無し、自分は良いが場所的に女性も来るのでは?今回たまたまかもしれないが、レンゲはあった方が良いように感じた。でも満足の一杯、また機会があれば伺ってみたい。

Aoyamamenu 到着=14:14 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介も効いたコクのある醤油 お気に入り度=8

 

 

 

 

 

ちなみにこの後はらーめんと関係ないホンダショールームでの「ASIMO」ネタ

Asimo1食後近くのホンダのショールームへ行ってみた。バイクなんて見ながら、新型太陽光発電なんて見ながら、インサイトなんて見ながら。そして気づいた「ASIMO」の実演時間、11:00、13:30、15:00におこなわれる模様、このとき14:30過ぎ、待つでショー。

一応「ASIMO」の登場前に写真を撮って良いか確認しておいた。どうぞとのこと、安心してカメラを向ける。席は2列目に取る、一番前の真ん中はお子さんが、これが正しい座り方の様な感じがした。

Asimo2 15:00に大型モニターで「ASIMO」の紹介映像開始、そしてすぐに横の扉が開き「ASIMO」が登場した。軽快な動きを見せる「ASIMO」、良い、超良い。手を振る「ASIMO」、ダンスする「ASIMO」、走ったりも出来る「ASIMO」、動画まで撮影した。

20分ほどでおわり、その後は「ASIMOじゃんけん」、そして「ASIMO」と記念撮影大会となった。さすがにおっさん一人で「ASIMO」と写真に収まる勇気はなく、やめておいた。終わって確認したのがブログに載せて良いか、ということ。どうやら個人的なブログなら問題ないらしい。

この日はつけ麺も堪能したが、「ASIMO」にも楽しませてもらえた土曜日昼の話であった。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2009年3月11日 (水)

【閉店】麺処 ひろ爺(浅草橋)

訪問日=3月7日(土) 晴れ

メニュー=しょうゆラーメン

Hiroyasyoyuramen

所用のあと、映画館へ走る、今回は「チェンジリング」を見ることに。有楽町マリオン9Fにて上映、エレベータでその9Fに降りるとフロアには沢山の人、ドラえもんの映画関係者であった。

そして目当ての「チェンジリング」鑑賞、見終わった後にフロアへ出ると先ほどよりさらにすごい人、今度は「ヤッターマン」を見に来た人らしい。舞台挨拶でもあったのかな?

今度「ヤッターマン」も見に行こう。ちなみにハリウッドなら「ヤッターメン」だろうか。そういえば予告の流れていた「ドラゴンボール」は「ドゥラゴンボー」であった。「ゴジラ」が「ガッジーラ」のようなものだ。

さてその後「浅草橋」に移動、「ひろや」という店を訪問した。店前には「浅草開化楼」の麺箱あり、店内は先客無しでカウンターとテーブル席がある。今回はカウンターで頂くことに。

「しょうゆラーメン」を注文、以外や提供は結構早かった。このラーメンは鉄鍋で提供される。当然ラーメンは熱々、取り分け用の器もついている。

麺は結構太い、コシがあり食感がしっかりしている。でも好みとしてはもう少し茹でた方が好きかもしれない。スープは揚げねぎの風味が効いた醤油味、油が多めであった。前述の通りスープも熱々、フーフーして飲んでいく。

揚げねぎの風味がちょいつらめ、揚げねぎはまだ得意ではない模様である。またスープは結構生姜の風味も効いている。チャーシューが良い味、チャーシュー麺で頂きたいかも。

最後まで熱々のスープ、結構飲んだ。ちなみにこのメニューは500円、そういえばつけ麺もあったがそちらはどうだったであろうか?

到着=13:24 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=揚げねぎの風味ある醤油、油多め お気に入り度=6

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年3月10日 (火)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=3月5日(木) 晴れ

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

Takahasituke20093

前回同様、今月も早めの訪問となった赤羽の「高はし」、店前には10人が並んでいた。並んだ後に列は進むが、つねに10人程度の並びが続いている。

しばし待って店内へ、皆さん黙々とモグモグと食べている。今回もいつものメニューが提供された。そして今年に入り「高はし」で3回目の写真撮影、尚、こちらは声を掛けて写真を撮る必要が有る。

ちなみにこの次の日3月6日がオープンした日らしい、それで10年目になるとのこと、つまり9周年ということか。確かこちらには8年ほど伺っているので、オープン1年後くらいから通っているのだろう。

さて今回の一杯、コシのある麺は結構のど越しの良い感じ、舌触りもよくいつもにも増して好みである。

つけスープは魚介のうまみと動物系のコクがバランス良く効いている、やはり口に合う味であった。食べている間に感じる幸せ、食べ進む。今回はタマネギも入れたりしながら食事を楽しんだ。

そして完食、当然スープも完飲、じゃあまた来月ということで。尚3月は20日(金)、21日(土)、22日(日)の三連休となるようだ。

到着=12:13 待ち時間=19分 行列=10人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

【閉店】麺家 大国(府中)

訪問日=3月4日(水) 曇り

メニュー=しおとんこつ

Ookunisioton

府中に出来た「麺家 大国」という店を訪問、こちらは豚骨らーめんの店らしい。店内に入り券売機で券を購入、「しおとんこつ」というメニューに惹かれ、それでお願いすることにした。

席はカウンターのみの店内、先客は5名ほどであった。提供の「しおとんこつ」、上に岩のりが乗っている。豚骨スープであるがくさみは無く、またしつこくない味わいの豚骨スープは結構好きな味。豚骨スープであるが確かに塩という味わいであった。

麺は太めで平打ちタイプ、もちもち感のある麺である。この日は酒の翌日、でも大丈夫な味わい出会った。チャーシューが柔らかい、でも中華の香りが個人的にちょい微妙かも。

Ookunimenu そして岩のり、最初風味が苦手かなあ、と思っていたが慣れてくると結構良い風味に感じ出す。完食、満足した。塩豚骨はあまり食べないが、でも結構良いものだ。今度ほかの店で見つけたときにも試してみたい。

 

Ookunieigyo 到着=12:30 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=しつこさない塩の豚骨スープ お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

珍来(川口)

訪問日=3月3日(火) みぞれ

メニュー=半チャンラーメン

Tinraihantyan2

飲んで地元に帰還、さて締めの一杯を、でもこの時間ともなれば食べることの出来る店は限られる。そこで伺ったのは駅から3分程度の「珍来」であった。

カウンターに座り今回は「半チャンラーメン」をお願いする。提供はチャーハンとラーメン同時であった。

ラーメンはあっさりした醤油スープ、どすんとくるうまみはないが、でも酒の後には十分である。そして「珍来」で好きなのは麺、コシが有り、もちもち感のあるタイプであった。やはりかなり好きな麺である。

Tinraimenu チャーハンはしっとりしているがべたっとした感じではない。ラーメンと頂くと丁度味わいであった。するっと完食、さて自宅へ急ごう。

到着=23:57 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【閉店】濃厚中華そば・つけ麺 なおじ 目黒店(目黒)

訪問日=3月1日(日) 曇り

メニュー=つけ麺並+味玉

Naojitukemenn「直伝」のあとは目黒に移動、権之助坂を下りらーめん店を目指す。と、いってもこの坂にはらーめん屋さん多数、目指した店は最近新しく出来た「濃厚中華そば・つけ麺 なおじ」であった。

店名には濃厚中華そば・つけ麺の文字、ただ店内に入り券売機見ると表示の上がつけ麺になっていた。じゃあつけ麺で注文することに。

カウンターのみの席構成、奥に長い感じの店内であった。結構狭い感じ、奥に厨房があり忙しそうに3名が調理されている。ほぼ満席の店内は出て、そして入ってもありながら、満席に、そして並びも出来ていた。ホール担当は一人、丁寧な接客という印象を受けた。

提供のつけ麺、麺は太くかなりコシがあるタイプ、固いという印象も受ける、ちょい食べづらいかも。

つけスープは確かに濃厚そうな感じ、でも無化調らしい。魚介の効いた味わいでとろみもあるがきつい感じの味ではない。酸味や甘味も無く結構好きな感じであった。ただざく切りのタマネギがちょっと大きく、これもちょい苦手。

食べ進み、連食ながらするっと完食した。最後にスープ割り、タマネギ追加で、これもあまりだが、まあ個人的な好き嫌いの問題である。

Naojimenu2 中華そばの方がもっと好みだったかも、今度はそれでいってみようか。

到着=14:13 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=太麺 スープ=魚介の効いたクのある醤油 お気に入り度=7

Naojimenu1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

めんや 直伝(伊勢佐木長者町・阪東橋)

訪問日=3月1日(日) 曇り

メニュー=中華そば+半熟煮玉子

Jikidenramen

以前は確か夜のみ営業だったはずの「めんや 直伝」というお店、いつも拝見させて頂いているHPを見て昼営業を知った。というわけで日曜日のこの日、所用の後に電車で移動し関内駅へ。そこからちょっと歩く場所にあるお店、駅としては「伊勢佐木長者町」の方が近い。

Jikidenmenu 店には並びは無いものの店内は満席、券売機で券を買ったところ丁度席に空きが出来たのですぐに座ることが出来た。今回購入した券は「中華そば」に「半熟煮玉子」、カウンター席に座り券を渡した。

厨房と席の仕切が結構高い、このためか中華そばは店員さんが席側まで廻り、厨房から受け取った丼を目の前まで下ろしてくれる。

さて「中華そば」、適度なコシの麺はつるつるした舌触り、喉越しも良く面白い感じの麺である。大勝軒系のはずだがちょっと違う感じ、でも好きな麺であった。

スープは魚介の風味と動物系のコクがある味わい。以外とあっさりした感じだがうまみは十分感じられる。挽き肉も入っていた。

チャーシューは丸と四角の2種がある。丸い方はジューシーで柔らかい食感、四角は噛み応えしっかりタイプ、ただ風味がちょっときつめなので個人的には丸い方だけで良いかも。

Jikideneigyo 玉子は半熟とろとろであった。途中で摺りニンニクを投入、風味の広がる味わいも良い。完食、そしてスープもかなり飲んだ。今度は「もりそば」も頂いてみたい。

到着=12:40 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=中太麺 スープ=魚介のうまみある醤油 お気に入り度=7

Jikideneigyo2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【閉店】ラーメン有頂天 東日本橋店(東日本橋)

訪問日=2月28日(土) 曇り

メニュー=ショッパーつけ麺

Utyotentuke

「おいでや」の後は東日本橋に移動、土曜祝日にショッパーラーメンを提供している「有頂天」を訪問した。ショッパーラーメンとは仮面ライダーの敵が食べているラーメンでは無い。かなり前となってしまったが以前「湯一」という店があり、そちらで提供していたラーメンを再現したものらしい。「湯一」は好きで何回か伺ったなあ。

その「湯一」でまた食べたいと思っていたのはつけ麺(ゼラ湯つけめん)になる、今回もつけ麺で頂きたい。

ちょっと期待の高まるこちら、実はこっそり告白すると先日「麺屋武蔵 神山」に伺う前にお店(有頂天)の前まで行っていた。でもこのショッパーラーメンの提供はその週の土曜日から、そのまま扉をくぐるか迷ったが、でもその日はやめておいた。と言うわけでお店自体は今回初訪問となる。

扉を入り券売機で券を購入、もちろんショッパーつけ麺で。店内はテーブル席のみ、エキゾチックな美しさのある女性に券を渡し奥のテーブル席に陣取った。そして提供、期待してしまう。

コシのある麺はかなり食感のしっかりしたタイプ、もちもち感もあり好きな麺である。そして確かにショッパーなつけスープ、濃い味であった。でもイメージしたものよりはしょっぱくないかも、もっと獰猛な感じを期待していた。

まあ過去の記憶を頭に置いてのことであるが、それも相当前の話(最後に食べたのは2003年)、記憶の味は三割り増しくらいに膨らんでいる可能性がある。でもスープの底に玉ねぎ、これがなんだかうれしかったりして。塩辛い豚肉は大きいなあ。

記憶と戦わなければ十分な味、結構満足して完食した。これはまた食べたくなるかもしれない。

到着=13:00 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=太麺 スープ=ショッパーな醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

【閉店】健康白菜麺処 おいでや(秋葉原)

訪問日=2月28日(土) 曇り

メニュー=健康白菜麺+煮玉子(半熟)

Oideyasio秋葉原といえば以前、昼時の食事処に困る場所という認識があった。でもそれも過去の話、今やカレーに牛丼、ハンバーガーに定食屋、最近出来たビルにはレストラン街まであるという充実ぶり、もはやどこで食べるか迷うほどである。

そんな秋葉原にはらーめん店の出店も多く、らーめん好きも満足できる場所となってきた。この日、秋葉原での所用を済ませ、向かったお店は「健康白菜麺処 おいでや」という店、こちらの店は「じゃんがららーめん」の並びとなる。

お店は地下、地上の入り口には案内のお兄さんがおり、塩がおすすめと声を掛けて頂いた。店に続く階段は古い感じ、ただ店内は結構広く綺麗な感じであった。

まずは券売機で券を購入、塩メニューの「健康白菜麺」でお願いした。席はカウンターのみで目の前に振られた番号を確認していくと多分15席であろうことが判る。

そして提供、野菜たっぷりのらーめんのようだ。あっさりした塩味のスープはじんわりくるうまみを感じる。無化調らしく、がつんとくる味わいではないがでも結構良い味であった。

麺は中太で適度なコシ、もちもち感のある食感は結構好み。白菜や人参、タケノコなどの食感も良い。そして豚肉の味わいが良い感じ、満足のなか完食した。

らーめんには満足したが、ただ厨房内のちょいとげとげしい感じが気になった。それが残念かも。

到着=11:57 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中太麺 スープ=あっさりした塩 お気に入り度=6

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

【ラーメン終了】BuonoBuono(中目黒)

訪問日=2月27日(金) 雨

メニュー=マルゲリータ+半熟玉子

Buonobuonotomato

「はせ川」のあとは目黒に移動、雨の中たどり着いたのは「BuonoBuono」という店であった。店前に鍋などの案内もあるこちら、平日の火~金でランチのみ提供のトマトラーメンを頂く予定である。

店内に入り大きなテーブル席の端に座る。メニューを見るとトマトラーメンにも種類があるようだ。

今回注文はマルゲリータ、とてもラーメンのメニュー名とは思えない。ちなみに半熟玉子は売り切れらしい、残念。

Buonobuonomenu1 そして提供は当然の真っ赤なスープ、もちろん激辛と言うことではなくトマトのスープである。そのスープ、酸味はあるがきつくない感じ、トマトの良い味わいが口に広がる。

麺は細く適度なコシ、スープとの相性がよく、スープだけより麺と頂いた方がさらに酸味が消える。結構好きな味であった。

Buonobuonoegg で、ちょい食べたときによろしければと、玉子を提供していただいた。うれしい、その玉子は味玉では無いようだとろりとした黄身の味も濃厚で良い感じ。

そしてモッツァレラチーズ、さすがトマトのスープに合う、チーズ良いね。チャーシューも香り高く、これも好み。

Buonobuonomenu3 そして完食、かなりの量が入っていたスープもかなり飲む。お会計時ラーメン950円、玉子込みで1,050円、と思ったら玉子はサービスらしく950円だった。これでまた気分が良くなったわけで。ほかのメニューも試してみたいところ、鍋も良さそうだなあ。

Buonobuonomenu2 到着=13:48 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=トマトスープ お気に入り度=8

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

はせ川(渋谷:東急渋谷駅東横店催事場)

訪問日=2月27日(金) 雨

メニュー=ラーメン

Saijihasegawaramen

雨のこの日、新宿の映画館を目指す。目当ては「三国志」、上映開始時間に新宿駅に到着したので映画館までダッシュした。で本編開始には間に合い映画を鑑賞できたわけで。

その後に向かったのは渋谷の東急催事場で開催中の「福島物産展」であった。もちろんらーめんが目当て、「はせ川」である。

店前には並び有り、でも回転がすごい早い、あっと言う間に着席となった。まあ当然の相席であるが。チケット売場で購入していたのはラーメン701円、というかそのメニューしかない(ちなみに実際の支払額は700円)。

しばし待って提供、ちょっとそそられる見た目である。適度なコシの麺はもちもち感が有る。喉越しも気持ちよく、スープもよく絡まりかなり好みの麺であった。

スープは魚介の効いた味わい、コクがありうまみ十分、このスープも良い。チャーシューは写真より小さめだが、でも肉のうまみが有りこれも好みである。チャーシュー麺があればそれで頼みたいところであった。

するっと完食、とっても満足した。そしてこの物産展で豚串やコロッケなんか食べて催事場を後にした。いいじゃないか福島、でも福島自体には行ったことが無かったりするんだけど。

Saijihasegawamenu 到着=13:09 待ち時間=3分 行列=7人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=魚介の効いたコクのある醤油 お気に入り度=8

| | コメント (2) | トラックバック (1)

つけ麺屋 五三郎(王子)

訪問日=2月26日(木) 雨

メニュー=正油らぁめん

536ramen

先日伺った「五三郎」だが、気になることがあり再訪することにした。でもその前に今回も一杯引っかけることに。手ごろの飲み屋を探したが、王子駅すぐには見つからない。

信号渡ったところでやっと見つけ、店の扉をくぐる。大衆居酒屋らしい、うーん、どうもこちらの店もあまり料理は評価するような感じでは無かった。ちなみにビールだけだったのだが、そろそろ出ようというところで最後の一口を残していたジョッキを下げられてしまった、なんだかなあ。

さてその後訪問の「五三郎」、店内に入り今回は「正油らぁめん」をお願いした。ちなみにほかのお客さんはすべてつけ麺、まあ店名がそうだというのもあるのだろう。

ちなみに「ATUKARA」というつけめんを頼んだ方がおり、つけスープの器のほかに石鍋が提供されていた。そこにスープを入れるジューという音、途端ににせき込むそのお客さん、辛みが立ち上ったのだろう。あれもいいなあ。でも今回は正油らぁめんでお願いしている。

さて提供、背脂の浮いたスープは魚介の効いた味わい、といってもあっさりめの味わいである。動物系のうまみもあるが、濃い味でない、でも結構好きなスープだったりして。

麺は中太でコシのあるタイプ、あまりスープは絡まないが麺自体は結構好きな感じ。もやしも多め、普段もやしはあまりらーめんに欲しないが、でもこのラーメンに違和感はない。

まあ酒の後ならちょい弱いかもしれないが、普段ならもっと好みを感じたはず。酒の後ならつけめんかな。

ちなみに前回聞きそびれた十条の姉妹店は「てんげん」という店らしい、うーん行ったこと無いなあ。今度行ってみようかな(前回の内容にコメントで更に詳しい情報を頂いた)

到着=21:31 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=背脂の浮く、魚介の効いた醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

麺屋 ひょっとこ (有楽町)

訪問日=2月25日(水) 曇り

メニュー=和風柚子柳麺

Hyotokoyuzu

有楽町駅前にイトシアという建物が出来た。いろんな店も入っているこちらは平日休日問わず沢山の人が訪れる。

そんな有楽町駅前にはもう一つ交通会館という建物がある。こちらはかなり以前からある建物、自分も食事に本を買いにと何度も訪れている。

今回伺ったのはその有楽町交通会館B1にある「麺屋 ひょっとこ」、お店は結構小さくカウンター席のみである。席に座り年輩の方に「柚子柳麺」をお願いした。

そして提供、でかいチャーシューが目に入る。丼からあがる柚子の香りが良い感じ。

さてスープ、コクがありうまみのある味わい、やはりスープから柚子の香りも感じる。麺は細目で適度なコシ、スープをよく引っ張る。

やはりチャーシューは存在感有り、噛み応えあるが固いわけでない。結構好きな感じであった。そのうちまた行ってみよう。

Hyotokomenu 到着=13:12 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=柚子香る醤油、塩ラーメンのような感じ お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月 1日 (日)

つけ麺屋 五三郎(王子)

訪問日=2月24日(火) 雨

メニュー=味玉つけ麺

536tuke

デカ長から王子にらーめん店があるとのメールを受け、ちょっと探ってみることにする。でもその前にやっと良くなった体調を祝い近くの居酒屋でちょいと一杯、勢いはあるが料理はあまり・・・のお店であった。

その後伺ったのは「つけ麺屋 五三郎」、24時まで営業らしい。実は先に偵察に伺ったのだが、その時は満席、再訪時は先客2人であった。注文はつけ麺でお願いする。提供は早い、結構良い感じの見た目である。

コシのある平打ち麺は喉越しも良いタイプ、風味はまずまずながら結構好きな麺である。つけスープは魚介の味わいが濃いタイプ、コクがありうまみも十分であった。酸味甘味は無いがそれも良い。

コシのある麺をつけつけして食べ進む。十分な感じ、完食した。

536menu後払いの際、店の方にいつオープンか効いたら1月6日?とかなんとか不安そうな感じ、ホールの方はよく知らないのかな?ちなみに姉妹店が十条にあるとのこと、先輩の店らしいが、しまった店名を聞くのを忘れてしまった。今度また行かなくては。

到着=20:58 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平麺 スープ=魚介の効いたコクのある醤油 お気に入り度=7

536menu2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »