« ラーメン みしま(千鳥町) | トップページ | 【閉店】麺 おらが(新橋) »

2009年2月22日 (日)

自家製麺 然(武蔵小杉)

訪問日=2月15日(日) 曇り

メニュー=つけ麺並盛+味玉

Zentuke_2 「みしま」の後は武蔵小杉に移動、こちらも新しい店「自家製麺 然」に伺った。綺麗なお店、店内は結構混んでいた。店内に入り券売機で券を購入、表記はつけ麺が上になっている、ならつけ麺で。

カウンター席に座り到着を待つ。席はほかに一つだけ4名テーブル席があるようだ。カウンター上にはポットが2つ、シールが貼ってありスープと冷水ということがわかる。

そして店の中には「さつまのかつおぶし」と書かれた段ボール箱が多数置かれたい、なるほどこの鰹節が使われているのか。奥には製麺室、自家製麺ということかな。

そして提供、かなりコシのある麺は食感もしっかりしている。喉越しも良く好みの麺であった。

つけスープはやはり魚介の効いた味わい、動物系のコクもある。酸味が効いているスープだが、甘味はなく味にしつこさがない。このつけスープも良い感じ、スープ内のチャーシューは噛み応えがあり香ばしい香りもある。メンマもくさみ無し、このつけ麺は好みであった。

多めの麺もするっと完食、とても満足した一杯であった。これは機会があればまた食べてみたい。

Zenpots_2 到着=12:35 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=太麺 スープ=魚介も効いた動物系醤油、酸味有り お気に入り度=8

|

« ラーメン みしま(千鳥町) | トップページ | 【閉店】麺 おらが(新橋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/44142749

この記事へのトラックバック一覧です: 自家製麺 然(武蔵小杉):

» 自家製麺 然@武蔵小杉 [ラーメン食べ歩紀行]
※5月17日。 らーめん(¥700) 【2009年1月19日オープン】  私の数年前までの東京のホームは『廣功秀』だったわけですが、いつの頃からかスタッフが入れ替わり、味も変わりましてね。どうしたのかと思ったら、経営者が変わったんだとか。そして、廣功秀の元共同経営者...... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 09時53分

« ラーメン みしま(千鳥町) | トップページ | 【閉店】麺 おらが(新橋) »