« 満福(東銀座) | トップページ | 麺や 庄の(市ヶ谷) »

2008年11月 9日 (日)

【閉店】六厘舎(大崎)

訪問日=11月6日(木) 晴れ

メニュー=辛つけ大盛り

6rintuke1

昼食が結構遅い時間になってしまった。「ジャポネ」に行こうと思い、ふと気づくと「八眞茂登」の入り口に閉店の張り紙がある。60年か、かなりの老舗であったようだ。その後向かった「ジャポネ」は、遅い時間なのに行列、ちょっと並んだがすぐに列を抜けてしまった。まあこちらはまた行けるだろうしね。

そうなると時間的にどこか、そうだ「品達」に行こう。そして乗った山手線、でもこの時間なら逆にもうすこし少し足を延ばして・・・、と言うことで降りた駅は「大崎」であった。

久々の「六厘舎」訪問、行列はあると思ったが、店着時にはまあまあの行列数であった。あまりいたらやめようかと思ったがそのまま並ぶことにする。でも次の次のロットだなあ・・・。

6rinmenu 並んでから客の入れ替えの動きはかなり遅い。多分並ぶ直前にロット替えがあったのだろう。でも結局最初のロットが動いたのが25分後、で、自分が入店した次が15分後である。なんか随分差がある?やっと着席、しばし待って注文の「辛つけ」の大盛りが提供された。

麺はかなり太いタイプ、コシがあり、ただごりごりした感じはなし。舌触り・喉越しともに良い麺である。でももうちょい固めでも良いかなあ、と言う感じ。

つけスープは動物系のコクとうまみがばっちり効いた味わい、魚介の味わいも効いている。これこれ、久しぶりの味わいもかなり好みの味である。麺と頂けば待ち時間など気にならない。

チャーシュー・メンマも文句なし、途中辛みを入れながら頂いていく。甲殻類の香り、そして強い辛さ、これは食が進む。今回大盛りにしたので麺の量は多いが、でもあっと言う間に無くなってしまった。

最後にスープ割りで締め、割りスープは多めでの返却であった。このスープで酒に荒れた胃が回復していく感じである。とっても満足、これは是非また行きたいが、でも行列が怖いからなあ・・・。

到着=15:03 待ち時間=42分 行列=17人

麺=極太麺 スープ=魚介も効いたコクのある醤油 お気に入り度=9

0811061424421 こちらは「八眞茂登」の案内

|

« 満福(東銀座) | トップページ | 麺や 庄の(市ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/43056706

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】六厘舎(大崎):

» 貧乏デブハゲ、ラーメンを食いに いざ、中国へ [貧乏デブハゲ石崎裕隆のラーメン世界つるつる食べ歩き。]
ワシが、石崎裕隆48歳が、偶然にして、必然なのか、 初めて飛行機に乗り、中国四千年 [続きを読む]

受信: 2008年11月10日 (月) 15時12分

« 満福(東銀座) | トップページ | 麺や 庄の(市ヶ谷) »