« お茶の水大勝軒(小川町、淡路町、神保町、お茶の水) | トップページ | 伊藤(王子神谷) »

2008年11月 6日 (木)

北海豚骨麺屋 銀鈴(大師前・川口元郷:遠い)

訪問日=11月2日(日) 晴れ

メニュー=函館塩つけめん

Ginrinsiotuke

休日のこの日、強めの豚骨らーめんが食べたくなり以前も伺っている「もりや」を訪ねてみた。でも残念、休みである。では、とその後に行こうと思っていた「銀鈴」へ向かうことに。こちらは2回目の訪問である。

店に着くとオープンにはまだ時間あり、しばし待って11時30分にオープンした。自分の前に1名で入店する。券売機でちょい思案、今回は「函館塩つけめん」でお願いすることにした。

カウンター席にすわり提供を待つ、ちなみにこちらはテーブル席もあり、ちょっと後にはご家族客が座られていた。自分の座ったカウンター席の前は厨房になっており、調理の行程がよく見える。味噌らーめんを作っているようで、野菜などを入れて鍋を振るのを見ることが出来る、結構楽しい。

そして「函館塩つけめん」の提供、そそられる見た目である。麺はコシのある太麺で喉越しも良く食感もしっかりしている。まずこの麺が好みであった。

つけスープはコクのある塩味、酸味も効いておりうまみも十分な味わいであった。力強い麺だがこの塩のスープがとっても合う。おぼろ昆布の味わいもプラスされた味や良し。時折ゆずの風味も鼻を抜けたりして。

玉子はデフォで1個入り、玉子好きなのでこれはうれしい。するするっと麺が無くなっていく。麺とスープの相性がいいなあ。塩のつけはあまり食べないが、でもとっても満足の一杯である。

Ginrintopi 完食し、スープ割りは前に置いてあるポットから。割ったスープだけを飲んでも好みを実感する。スープ割りには途中で前にあったカレーをちょい投入、カレーで風味もアップする。大盛りを頼んで途中からつけスープに入れて食べるのも良さそうだ。

満足の一杯、こちらにはまた伺うことにしよう。

到着=13:11 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=コクのある塩、酸味あり お気に入り度=8

Ginrinmenu

|

« お茶の水大勝軒(小川町、淡路町、神保町、お茶の水) | トップページ | 伊藤(王子神谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/43032208

この記事へのトラックバック一覧です: 北海豚骨麺屋 銀鈴(大師前・川口元郷:遠い):

« お茶の水大勝軒(小川町、淡路町、神保町、お茶の水) | トップページ | 伊藤(王子神谷) »