« 神泉のらーめん屋うさぎ(神泉) | トップページ | ボニート・ボニート(武蔵小山) »

2008年11月22日 (土)

つけめん四代目けいすけ(本駒込)

訪問日=11月16日(日) 雨

メニュー=つけめん渡り蟹の滴味玉

4keisuketuke

お休みに雨、バイク移動は控えよう。というわけで電車でらーめん店を目指すことに。南北線で降りたのは「本駒込」、1番出口を目指して階段を昇ると甲殻類の香りが漂ってきた。これは目的の店からのにおいか、それとも単なる気のせいか。

出口を出て左に行列を発見、あそこだな。店前の並びは数名、並んでいるときにも入り口から甲殻類の香りが強く漂ってきた。

4keisukenoren 入り口部分には店内が見えるガラスあり、その向こうにカニ満載の寸胴でスープが作られている。そういえば暖簾に「エビカニ」と書かれていた。並んでいる間に券売機で券を先に購入、今回は「つけめん渡り蟹の滴味玉」でお願いすることに。しばし待って入店、麺から提供された。

結構重い器は、瓦みたいな形であった。つけスープの器は熱いらしく、テーブルまで置いてくれた。確かに提供のつけスープはぐつぐつ煮立っている。麺はコシのある平打ちタイプ、喉越しも良く好みのタイプである。

つけスープは最初節の風味を強く感じ、その後に甲殻類の風味とうまみを感じだした。かなり濃い味で、粘度も相当ある感じ。麺をどっぷりつけると、かなりスープが絡んでくる。

4keisukebotanどっぷりつけたり、少しだけつけたりと、いろいろ調整して頂いていく。麺は300gあるらしいが、するする無くなっていった。

チャーシューはスープの中、短冊状でスープも絡みこれも良い味である。極太メンマも存在感あり。そして麺完食、残ったスープはかなり少ない。

でも無料注文できるという「ライスボール」をお願いした。レンゲに乗ってスープの器に提供、その際少なくなったつけスープを見てさらにスープも足してくれた、結構うれしい。

4keisukemesi 細かく崩して頂くとのこと、サクサクの食感は揚げているのだろう、そしてカレーの味も加わってくる。カレー味だ、やべー、いやこの味はかなり良いのだがこのあとカレーらーめんを予定している。まあいいか。

さくっと完食した今回のつけめん、好みの一杯であった。これはまた食べてみたい。

4keisukekoujyo 到着=11:49 待ち時間=16分 行列=7人

麺=中太平麺 スープ=コクのある濃い味醤油、節と甲殻類の風味 お気に入り度=8

|

« 神泉のらーめん屋うさぎ(神泉) | トップページ | ボニート・ボニート(武蔵小山) »

コメント

私も途中でカニの香り感じたんですが、
たぶん下水からの匂いが地下に溜まるのではないかと。
それはそれとして、味のほうは非常に満足。

投稿: サル番長 | 2008年11月24日 (月) 15時25分

>サル番長さん
私がかおりを嗅いだのは階段でしたが、
まあ結局まわりに影響があるようですね。
私もつけめんにはとても満足しました。

投稿: ライダーマン | 2008年11月24日 (月) 20時51分

勝負しに行ってきました

やはりKOされてきました・・・。

投稿: しらけん | 2008年12月 5日 (金) 13時30分

>しらけんさん
ええ!!行ったんですか!!!!
こちらに近づいたときに、真っ先に思ったのは、
「しらけんさんは無理だなあ」でした。
・・・レポ楽しみにしてます。

投稿: ライダーマン | 2008年12月 5日 (金) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/43193057

この記事へのトラックバック一覧です: つけめん四代目けいすけ(本駒込):

» 改札抜けたら蟹フレーバー 四代目けいすけ@本駒込 [サル番長の甘辛人生教室]
東大正門前にある黒味噌らーめんでおなじみの「初代けいすけ」。昼休みにのこのこ出か [続きを読む]

受信: 2008年11月24日 (月) 15時20分

» つけめん 四代目 けいすけ@本駒込 [両国のダイビングショップオーナーの日記]
お子ちゃまのオレッチは、かなり好き嫌いが多い! 中でも「人生の半分は損をしてる」とされるエビ&カニなどの甲殻類は特に苦手・・・。 だから、初代(品川支店)、二代目(こちらも海老メインだった)、三代目(期間限定店)と追いかけていたお店なのに、四代目のコチ....... [続きを読む]

受信: 2008年12月 6日 (土) 19時20分

« 神泉のらーめん屋うさぎ(神泉) | トップページ | ボニート・ボニート(武蔵小山) »