« 麺屋 利休(国分寺) | トップページ | 【移転閉店】若松(横須賀中央) »

2008年10月 9日 (木)

麺舗 十六(要町)

訪問日=9月29日(月) 雨

メニュー=つけそば大盛り(多め?)ねぎ多め

16tuke3

強い雨の降る平日、さすがの「麺舗 十六」の並びも少ない、うそ、やっぱり多かった。そして結構待つ、仕方ないじっくり待つ。待っている間に気づいたが十八番(おはこ)という全部入りトッピングがあるようだ。ちなみに姉妹店の「麺舗 十八」の案内も同じようにある。

そのほか「塩そば」の表示、そんなのがあるんだ、激しく惹かれながらでも今回はつけそばをがっつり食べようと思っていたので回避した。

やっと、という感じで入店、カウンターに座り並んでいるときに注文を通しておいたつけそばを待つ。そういえば今回大盛りと頼んだが、メニューの表示は多めまでしかない(ちなみに盛りを変えても同料金)、結局多めの注文となったのだろうか?

前にも見ているはずだが他の方の麺がすごい盛りになっている。そして自分の分が提供された。やはりかなりの量の麺盛り具合、これが大盛りでも多めでも十分すぎる量である。

麺はそれほど固くない、適度なコシという感じは、もちもちした食感もあり喉越しも良い。やはり好きな麺である。

つけスープはコクのある濃い味醤油、でも違ちょっと和感を感じてしまった。なにやらエグミのようなもの、これはねぎか。今回これまでやったことの無かったねぎ多めをお願いしていた。

普通でもねぎは多いが、今回の味はねぎの風味と味が強く、バランスが悪く感じてしまった。ま、これは自業自得だけど。ただ食べ進んで行くと違和感なくなってくる、うまみも十分でやはり好きな味であった。

たっぷりの麺もどんどん無くなっていく、コショウなどで味の変化を求めなくともするっと完食する事が出来た。

最後にスープ割り、魚介の風味の強いつけスープに。スープも結局完飲したがさすがに大量の麺と共に頂くと満腹になる。というわけで当然連食はしなかった。また行こう、今度は「塩そば」でいってみるか。

16menu到着=13:00 待ち時間=22分 行列=9人

麺=太麺 スープ=コクのある濃い醤油 お気に入り度=8

|

« 麺屋 利休(国分寺) | トップページ | 【移転閉店】若松(横須賀中央) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/42726026

この記事へのトラックバック一覧です: 麺舗 十六(要町):

« 麺屋 利休(国分寺) | トップページ | 【移転閉店】若松(横須賀中央) »