« Pour.Cafe(東銀座) | トップページ | 大熊製麺(神保町) »

2008年10月14日 (火)

【川口に移転】食処 渓(川口)

訪問日=10月5日(日) 晴れ

メニュー=ポン酢まぜそば(渓麺)

Keiponzu

体調が悪い、ということで遠征は控えることにした。午前中は映画を鑑賞、その後近くの「渓」に行ってみた。

店前には並びあり、並びについて出番を待つ。並んでいて気づいたが店前には昨日探した「ラーメンバンク」がある、まあ俺の人生、こんなもん。ちなみに並んでる最中に割り込み1名あり、後ろに声を掛けておいて欲しいなあ・・・。

そして最近の変化なのか、並んでいる間に店内に入り券売機で券を買うスタイルになったらしい。店の方に促されて券を購入した。今回はまぜそばを注文、未食のポン酢でお願いした。渓麺(極太麺)に出来るらしいのでそれでお願いすることに。しばし待って入店、カウンターに座りませそばポン酢を待つ。

Keiponzumaze しばらくして厨房から声が掛かりまぜそばを受け取った。やはり渓麺、太っとい麺、混ぜて混ぜて頂いていく。タレというかスープが結構多いまぜそばである。

ポン酢だけあって酸味の効いた味、実は酸味と甘みが強い味は苦手なのだが、今回甘みは無く酸味も効いているのが判っているので問題なし。結構マヨネーズの風味と味を強く感じる。なんだか面白く、かなり好きな味である。

麺は太く、そしてコシがある食感、がしがし噛んで食べ進む。でもこの麺(渓麺)はつけ麺のほうがあっているかも。タマネギも入れてさらに食べ進む。

Keiponzuwari そして完食、スープ割りを試すが、当然酸っぱめのスープになる。でもこれはこれでありな味であった。酸っぱいスープも含めて完食、満足の元、店を後にした。

ほんとは横の店がいつ営業開始なのか聞いてみたかったが、ちょっと忙しそうだったので聞くことが出来なかった。以前聞いたときに働き手がなかなか決まらない、と言うことをおっしゃっていたのでまだ募集が集まらないのかも。早めの営業を期待しているのだが(久しぶりにらーめんが食べたいし)。

Keibostaf_2 到着=12:30 待ち時間=チェック忘れ 行列=多分11人(中2人、外9人)

麺=極太ちぢれ麺 スープ=ポン酢の味効いたスープ、マヨネーズの味わい お気に入り度=8

|

« Pour.Cafe(東銀座) | トップページ | 大熊製麺(神保町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/42778641

この記事へのトラックバック一覧です: 【川口に移転】食処 渓(川口):

« Pour.Cafe(東銀座) | トップページ | 大熊製麺(神保町) »