« らーめん ひとふんばり(伊勢佐木長者町、関内) | トップページ | 満来(新宿) »

2008年10月22日 (水)

麺場 浜虎(横浜)

訪問日=10月13日(月)祝日 晴れ

メニュー=醤そば

Hamatoraxo

さてどうしようかと思った平日昼、そこでこの日たまたま持っていたらーめんの本を開き、比較的近く、そして未食の店を検索した。そこでヒットした店に伺うため横浜に移動、ちょっと迷いながら「浜虎」にたどり着いた。

入り口には8名の客がいる、これは待ちそうだなあ、と思ったがどうやら学生の団体さんが自分のちょっと前に到着していたようだ。待つのかと思ったが、でも券売機で時間掛かっているだけのようで自分もすぐに入店できた。店内は広く、客席数にすると40席くらいあるのではないだろうか。8割り程度が埋まっていた。

さて今回注文の「醤そば」はXO醤入りのらーめんらしい、しばし待って香りの良いらーめんが提供された。結構あっさりめのスープ、でも塩気はきっちりある味わい。XO醤のものであろう香りがとても良い。色は醤油っぽいが味わいはちょっと違う、うまみもきっちり感じられる。

麺はかなり太く縮れている。このためスープも良く絡まる。コシがあり食感がしっかりしている麺であった。メンマはこりこりしておりくさみ無し、でも塩気はちょっと強めであった。

面白い味わいの一杯であった。なんだかほかのメニューも試したくなった、横浜かあ、また行く機会もあるだろう。

到着=12:56 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太ちぢれ麺 スープ=XO醤の効いた香り良いスープ お気に入り度=7

|

« らーめん ひとふんばり(伊勢佐木長者町、関内) | トップページ | 満来(新宿) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/42853479

この記事へのトラックバック一覧です: 麺場 浜虎(横浜):

» 貧乏派 こってり党の党首、坦坦油麺に頬ずり [貧乏デブハゲ石崎裕隆のラーメン世界つるつる食べ歩き。]
ワシは 坦坦油麺を。 +ライスセット こってり党の党首としては、濃厚なゴマだ [続きを読む]

受信: 2008年10月22日 (水) 11時20分

« らーめん ひとふんばり(伊勢佐木長者町、関内) | トップページ | 満来(新宿) »