« 【閉店】つけめん 麺天(末広町・秋葉原) | トップページ | 大鷹ラーメン(江古田) »

2008年9月 7日 (日)

【閉店】とんかつ のあ吉(神保町)

訪問日=9月2日(火) 曇り

メニュー=つけ麺中

Noakitituke

以前「脂そば」を頂いた神保町の「のあ吉」、また行こうと思ってお店のブログをちょくちょくチェックしていた。そこで最近思っていたのが「ずっと昼も夜も麺メニューだなあ」ということ、これは今度近くで用事があったときに伺えそうだと思っていた。

そしてその機会が訪れたこの日、午前中にブログをチェックすると、やはりこの日の昼も麺メニューの提供であった。

店のあるビルに伺いエレベーターを降りる。鏡の間にある券売機で「つけ麺」の券を購入し、店に入った。カウンターに座り今回注文の「つけ麺」の到着を待つ。でっかいテレビを見てぼーっとしていると「つけ麺」が提供された。

提供前にちょっと不安だったのがブログの「つけ麺」表記の後ろに「渋谷型」と書かれていたこと、もしや、と思っていたが驚くようなチャーシューは見あたらなかった。器の大きなつけスープに麺をつけて頂きはじめる。

麺はコシのある中太でのど越しの良いタイプであった。そして麺をつけスープに入れた時に気づいたこと、スープの中にチャーシューのでかい固まりがある、やはり渋谷型ということの様であった。と思ったらそれより小振りながらもう一つ固まりが、すごい、と思ったらそれと同じくらいの固まりがもう一つ、チャーシューだらけである。

つけスープは動物系のうまみと風味が豊かな味わい、麺をつけてどんどん頂いていく、好みの味わい。そしてチャーシューは噛み応えのあるものだが固くはない感じ、味も好みでこのチャーシューは良いねえ。

でも食べても食べてもまだあるという感じ、麺を食べ終わった段階で、ようやくチャーシューもなくなった。いやーすごい一杯を頂いてしまった。

最後にスープ割り、でっかい器になみなみと提供、とろみのあるスープはうまみも抜群の味であった。満足の中、店を後にした。この後に「覆麺」に行こうかと思っていたが、いやこれ以上のカロリー摂取はさすがにまずい、この日はこれでやめておいた。

Noakithiruimenu 多分ラーメンにもばかでっかいチャーシューが入っていることであろう、昔渋谷にあった頃、ラーメンをぎりぎり食べることが出来た記憶が蘇った一杯であった。

到着=12:17 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=コクのある豚骨醤油 お気に入り度=8

|

« 【閉店】つけめん 麺天(末広町・秋葉原) | トップページ | 大鷹ラーメン(江古田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/42403017

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】とんかつ のあ吉(神保町):

« 【閉店】つけめん 麺天(末広町・秋葉原) | トップページ | 大鷹ラーメン(江古田) »