« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

蒙古タンメン中本(吉祥寺)

訪問日=9月23日(火)祝日 晴れ

メニュー=冷やし味噌ラーメン

Kitinakamotohiyamiso

「みそや林檎堂」のあとは吉祥寺に移動、がぶがぶさんのブログで見た新店「つけめん若葉」に行ってみることにする。でも夜営業主体のようで日祝は昼に営業しているかも、というくらいで伺った。

吉祥寺駅前にあるハーモニカ横町内、適当に歩いているとそれらしき店を発見、でも営業していない。やはりこの時間は営業していないのかと思ったら、なな、なんと!類焼により営業していないということであった、マジ!でもとても良さそうに思えたので営業再開の暁には是非伺ってみたいところである。

さて営業していないかも、と思ってたくらいなのでその後にどこへ行くかは決めていた。それが吉祥寺の「中本」、こちらは以前にも伺っている。こちらに来たのは辛いメニューを食べるため、最終的には「北極らーめん」を完飲することを目指している。

店に着くと、おお、店前に並びがない、と思ったがそれは店前の話、店内にはずらりと待ち客がいた。今回券売機で購入したのは「冷やし味噌ラーメン」、メニュー表には数種類のメニューがあるのだが、この「冷やし味噌ラーメン」はその辛さ5段階表示がMAXである。

このメニューは各店で何度か頂いているけれど、つけスープを飲みきったことはない、というかこれまで飲むものだとは思っていなかった。この激辛つけスープを飲みきれるか、これが今回の目標であった。まあ「北極ラーメン」と違ってスープの量が少ないので。

いつもは喉を潤すために飲む食前の水も今回は自粛、万全の体制で「冷やし味噌ラーメン」を待つ。そして提供、真っ赤なつけスープ、だめかも・・・。今回も激辛メニュー食事法の①麺を啜らない②途中で水を飲まない、を心に決めて食べ始める。

まずはつけスープを数口、強い辛味の中に味噌のうまみを感じる味わい、結構しょっぱい味だがやはり味自体がかなり好み。次に麺をつけて頂いていく。コシのある麺はつけスープもよく絡まる、やはりこれも好きな味、どんどん食べ進む。

でも今回は麺をつけスープにどっぷり浸けてもそれほど辛く感じない、もやしも良い食感であった。途中でスープも飲んだりしたのだが、意外なほど抵抗無く食べていける。最初に水を飲まなかったのが良かったのか?

Kitinakamotokara あっさり完食、そしてつけスープは残り3分の1ほどであった。一気に飲む、そして完飲した。吉祥寺店はそれほど辛くないのだろうか?もしくはそろそろ北極に再挑戦してもいいころなのだろうか?

到着=13:49 待ち時間=21分 行列=17人

麺=太麺 スープ=とてつもなく辛い味噌味 お気に入り度=9

Wakabaannai こちらは「若葉」の案内

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

みそや林檎堂(東中野)

訪問日=9月23日(火)祝日 曇り

メニュー=味噌(地鶏の味玉付き)

Ringodomiso

休みのこの日、新店「みそや林檎堂」を訪問、店名にある通り暖簾にも林檎のマークが使われている。店内満席で並びもあり、ちょっと待って中に入ることが出来た。

カウンター奥に着席、店内はカウンターのみ7席であった。座った場所の前は厨房スペース、その厨房内に三河屋製麺の麺箱が確認できる。メニューは味噌のみ、ちなみに夜は店名を変えてつけ麺をだす店になるようだ。

さてらーめん提供、コクのある味噌スープはマイルドな味わいでもある、でも食べ進むと結構濃い味に感じてきた。味噌らーめんはあまり食べない方だが、でもこのらーめんは好みの味である。

麺は中太でコシがあるタイプ、スープも良く絡まっている。スープは最初より後の方がとろみを感じ出した。チャーシューはかなりの噛み応え、とても固い部分もあるが、嫌いな感じではない。

上の赤いペーストを溶かすと辛味が加わる、味の変化もうれしい感じ。玉子は黄身が赤くかなりの粘度あり、味はちょい濃いめであった。

スープは後半味がかなり濃く感じる、ライスがあいそうだなあ、あったかな?でもスープをほぼ完飲、味噌らーめんは苦手であまり食べなかったが、最近は味噌らーめんを食べて納得できる店が多くなった。

つけめんも食べてみたいが、夜だけなんだよなあ。

到着=12:30 待ち時間=9分 行列=3人

麺=中太平麺 スープ=コクのある味噌 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

【閉店】らーめん 一心(川口)

訪問日=9月22日(月) 曇り

メニュー=つけ麺醤油

Isintuke地元のお店「一心」に行ってみる。なんだかんだ言いながらこれで3度目の訪問となった。今回は前回気になりながら食べていなかったつけめんを頼むことに。ちなみに先客は無し、そして後客も無かった。

つけめんは醤油のほかに辛いメニューもある、ちらのメニュー数は豊富である。ちょっと待ってつけめん提供、なんだか良さそうな感じである。

麺は太めで適度なコシ、のど越しも結構良い、この麺好みなんだけど。つけスープは魚介の風味とうまみが効いている。動物系がしつこく感じるが、別盛り(レンゲの上)のねぎ投入で気にならなくなった。

もやしやチャーシューなど具材は別盛り、やるな。個人的には普段もやしはあまりらーめんやつけめんに必要としない具材だけれど、こうやって別盛りになるといい感じ。

そうかこのメニュー結構好きかも、営業時間が長ければ、酒のあとの締めにも有力なお店となりそうだ。

到着=19:19 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=魚介の効いた醤油 お気に入り度=7

| | コメント (3) | トラックバック (0)

【休業中】めん創桜花 大和製麺所(生麦)

訪問日=9月22日(月) 曇り

メニュー=味玉ラーメン

Oukaramen随分前に行ったことがある「めん創 桜花」、その関連店が出来たらしい。そこでこの日、新横浜のあとに伺ってみることにした。降りた駅は「生麦」、そういう駅があるのを今回はじめて知った。

駅からはちょっと歩いた場所にあるこちらの店、店前にはわかりやすい看板がたっていた。ちなみに店の目の前には大黒家と鶴見二郎、こちらは未訪である。

Oukakanban 「桜花」で食べようと思っていたのはつけめん、でも店に入り券売機を見るとつけめんは表示にないようであった。ならばラーメンで、ほかにG麺なるまぜそばもあるようだ。G麺には限定もある模様、夜のみ提供のようである。

*コメントを頂き、G麺は麺の種類の模様、これでらーめんを食べてみたい気も

席に座りしばし待ってラーメン提供、まずはスープを頂いてみる。魚介の風味とうまみの効いたスープ、色的にもっと濃い味かと思ったがそうではない。でもしつこさが無く、風味豊かなスープはかなり好みの味であった。うーん、このスープは良い。

麺は太く平たいタイプ、コシがあり喉越しも良いが、スープの絡みはまずまず。また形状による舌触りがちょっと好みとは違うようだ。ま、これは個人的な感性によるものなんだけど。

Oukagmen チャーシューは炙りで香ばしい香り、肉のうまみを感じるもので、これも好み。そして完食、スープも随分飲んでしまった。平打ちでない麺は無いのかな?もしもこれから出すようならそれでも頼んでみたいかも。

到着=13:20 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=魚介も効いた醤油 お気に入り度=7

Oukamenu

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2008年9月27日 (土)

支那そばや(新横浜:ラーメン博物館)

訪問日=9月22日(月) 雨

メニュー=シークレットラーメン

Sinasobayaramen

先日新横浜の「ラーメン博物館」に伺った際、各店で食事すると頂けるスタンプを押してもらっていた。最終的に全店に伺いスタンプ達成、そこで頂いたのが3ヶ月入場無料のパスポート2枚と、各店で提供するシークレットラーメンの提供券であった。

各店のシークレットラーメン提供日は違っていたが、自分が選んだ店は「支那そばや」、その提供日がこの日22日なので施設に伺ってみた。「ラーメン博物館」内に入り、「支那そばや」まで移動、さすがに平日のためか並びは無いようであった。

カウンターに座りシークレットラーメンの券を渡す、ホールの方にメニュー名を聞いたが、「私も知らない、秘密秘密」と言われてしまった。アジア系の方だが言い方が面白く、ちょっと笑ってしまった。

そして提供されたラーメンは、上に野菜と鶏肉の餡が掛かったものである、こういったラーメンが来るとは予想していなかった。これはサンマーメンと言うのだろうか?

あっさりながら味わい深いうまみのある醤油スープ、そこに野菜鶏肉餡からの味わいが加わる。麺は中太でのど越しが抜群に良いもので、歯ごたえは良いが適度なコシという感じ、この麺はかなり好みであった。

餡にはもやしに鶏肉、ニンジンにほうれん草など、熱いので舌をヤケドしながら食べ進む。野菜も絡めて、するする食べていった。でも鶏肉はあまりジューシーでは無いかも。やはりミニラーメンと違い、麺が多いとのど越しを存分に楽しめる。

シークレット、ということで過剰に期待するほどの驚きは無かったが、でもよく考えれば今回は無料で食べたということになる。いやいや良い昼ご飯であった。

到着=12:25 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=あっさりした醤油、野菜のうまみ お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次念序(鴻巣)

訪問日=9月21日(日) 曇り

メニュー=つけめん

Jinenjyotuke

「どんぐり」のあとは移転オープンした「次念序」に移動、以前は駅から遠い場所にあったが、今回は駅から歩いて伺える場所になっている。

向かう途中で雨が本格的な感じに移行、それでも店に着くと並びは強烈な感じであった、どれくらい待つやら・・・。待っている間に雨はさらに強くなり、と思ったら途中で止んでしまった、なんとも不安定な天気。

やはり待つ、家族客も多く回転はあまり良くないようだ、そして1時間が過ぎた頃にやっと着席する事が出来た。座ってすぐに麺とつけスープが提供された。

麺は太くコシがあり、でも固くない食感でのど越しも良い。麺自体に味があり、この麺がまず好みであった。つけスープは以外にさらっとしたタイプ、魚介の風味とうまみ、また動物系のコクが強く効いている。うまみが深い、これもかなり好みのつけスープである。

麺との相性もばっちり、なぜ大盛りにしなかったのかと後悔した。麺を口に入れた後に次の麺を早く食べたくて、箸を持つ手が高速化していく。だからあっと言う間の完食であった。

やはり満足の一杯、スープ割りも完飲で店を出る。そりゃ人も並ぶわ、と思った一杯であった。また行こう、そのときの移動手段はバイクか、はたまた電車か。

到着=12:12 待ち時間=1時間7分 行列=38人

麺=太麺 スープ=魚介も効いたコクのある醤油 お気に入り度=9

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008年9月26日 (金)

らーめん どんぐり(鴻巣:遠い)

訪問日=9月21日(日) 曇り

メニュー=らーめん

Donguriramen

この日鴻巣にあるらーめん屋に行こうと思い、バイクに跨る。122号から16号、そして17号と入り鴻巣を目指す、でもやはり遠いなあ。途中雨も降り出した、急がなくては。

やっとたどり着いたのは「どんぐり」、今回バイクで伺ったが、こちらの店は駅から歩くのはちょっと厳しいだろう。このため店には駐車場もある、バイクを停めて店に入る、店内に入ると魚介の香りが鼻腔をくすぐる、これは食べる前から期待である。今回の注文はらーめん、結構早く提供された。

コクのあるスープは魚介の風味が非常に豊か、煮干しのうまみは、エグミもあるがそれも好みの内である。麺は中太で適度なコシ、ちぢれておりスープもよく絡まる。うーん、このらーめんは良い。

メンマはコリコリしており、くさみ無し。チャーシューは噛み応えが有り、肉のうまみを感じる。かなり多い麺もするっと完食してしまった。

大変満足。最後にたっぷりのスープを飲んでいく、でも量が多いのでさすがに完飲はないだろう。ちょっと飲んでフィニッシュ、と思ったが、でももう少しスープを飲みたくなった。スープを飲み、最後に水を、でも水を飲むとまたスープが飲みたくなる。そんなことを繰り返し、結構飲んでそろそろを終わりにしよう、と思ったら店の方がコップに水を継ぎ足してくれた。そしてまた水を飲み、するとまたスープを飲みたくなる、結局残りのスープはほんの少しというところでキリをつけた。とっても満足の一杯であった。

ちなみに後客は無し、出るときには自分の前に入ってまだ食べている客が1名だけの状態、そんなばかなと思った味である。やはり駅から遠いからだろうか?職場か自宅の近くにあればしょっちゅう伺いたいくらいの味なんだけど。

Dongurimenu そういえばこちらは月曜日定休の模様、9月はそのほかに27日も休みとの案内があった。

到着=11:35 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=魚介の効いた醤油 お気に入り度=8

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

五反田大勝軒(大崎広小路)

訪問日=9月20日(土) 晴れ

メニュー=もりそば大盛り+味玉

Gotandataisyotuke

五反田にあるTOCビル、そちらにあった「こがね」に伺ったのは6月のことであった。エビの香りと味わいの強烈に効いたらーめんを頂き、その個性的な味わいに感激していたが、なんと閉店してしまったようである、残念。

その場所にできたのが今回伺った「五反田大勝軒」であった。店前にはやはり並びあり、店内にはご家族客が多数座られていた。注文したのはもりそば、時間的に連食は無理そうなので大盛りにしてお願いした。

しばし待って提供のもりそば、もちもちの麺はかなり柔らかい食感で、のど越しは良いが好みとしてはちょっと柔らかすぎかも。

つけスープはマイルドなうまみある醤油味、酸味と甘みがかなり強めに効いている。この酸味と甘みも好みとしてはちょっとつらい。

麺はやはり多め、途中でニンニクを投入した。もりそばではあまりニンニクは入れないのだが、酸味と甘みの対抗策で。でも風味は増すが酸味と甘みには叶わなかった。

でもするっと完食、やはりこちらもラーメンの方が好みに合いそうな気がする。ラーメンは麺が茹で立てかもしれないし。

ちなみに横の方は大盛りの注文であったが、麺の量に撃沈し、食べきれなかった残りの麺を、スープにそっと入れて帰られた。多いしね。

Gotandataisyomenu 到着=13:07 待ち時間=9分 行列=7人

麺=太麺 スープ=酸味辛味甘みの効いた醤油 お気に入り度=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

東神田ら~めん(西大島)

訪問日=9月19日(金) 曇り

メニュー=らーめん+味玉

Higasikanrdaramen

「めん処 とみ丸」のあとは東神田から移転オープンした「東神田ら~めん」を訪問、今回の最寄り駅は西大島になる。

店内は満席、ちょっと待つか、と思ったがでも券を買って座ろうとしたときには、席に半分空きが出来ていた。座ってしばらくすると、また満席、結構人気があるようだ。

今回の注文はらーめんで、しばし待って提供、丼は底が深く細いタイプである。

まずはスープ、風味豊かな醤油スープでコクもばっちりある味わい。結構濃いめの味は口の中に広がるうまみが良い感じ、独特な風味もあるこのスープは、いやー好みだなあ。

麺は中太で適度なコシ、スープも絡まり口にするする入っていく。スープにも合っていた。穂先メンマはスープを吸ってか濃いめの味、でも食感良い。チャーシューは噛み応え有り。

スープもほぼ飲み干して終了、満足の一杯であった。こちらは浅草開化楼の麺を使う店、今度はつけめんを食べるためにもまた伺ってみたい。

到着=12:38 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=コクのある濃い味醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

めん処 とみ丸(新小岩)

訪問日=9月19日(金) 曇り

メニュー=つけめん(並)

Tomimarutuke

新小岩から5分程度の場所に出来た新店「めん処 とみ丸」を訪問、最初「らうめん」にしようかと思っていたが、どうやら店のおすすめはつけ麺らしく(券売機に案内有り)、じゃあそのつけ麺で。

麺は並200g、大盛り300g、特大400gとある、今回は並盛りでお願いすることに。カウンターに座り提供を待つ、そしてつけ麺が提供された。

適度なコシの麺は風味が良い、のど越しはまずまずという感じながら、この麺は結構好みである。つけスープは動物系のコクもあり魚介の風味とうまみが利いた味わい、濃い味の醤油味でこれはかなり好みのつけスープであった。ちなみに酸味と甘みは効いていない、こういった味は好物である。

麺にもスープが絡んで満足感が高い、この味は良い。メンマはくさみ無し、刻みタマネギの食感も良かった。でも刻みのりはスープに浸けると存在感が薄くなる、無くてもいいかな。

あっと言う間に完食、大盛りで食べておけば良かったなあ。また食べてみたいと思える一杯であった。

到着=11:54 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介も効いたコクのある濃い味醤油 お気に入り度=8

| | コメント (6) | トラックバック (2)

凛(蒲田)

訪問日=9月18日(木) 雨

メニュー=塩

Kamatarinsio_2

蒲田に大崎大井町にある店の関連店「凛」がオープンした。早く伺いたかったがなかなか予定が合わず、やっとの訪問である。

店の場所は駅からサンライズショッピングモールを通り、つるかめランド先にあるデイリーヤマザキの近くという感じ、店にはいると、あれ?先客は無しであった、おおマジか!

入り口には券売機あり、券を買ってカウンター席につく(ちなみに席はカウンター席のみ)。今回の注文は塩で、「のスた」の様に目の前で丼が置かれ、そこでらーめんが出来上がっていく。

まず丼に塩ダレ、そしてスープ、その後背脂が大量に入れられた。麺茹ではその作業のあと、麺が茹であがったときにはスープが冷めてしまうのでは、と思ったが思いのほか麺の茹で上がりが早い。

丼に茹であがった麺を入れる、別に大盛りじゃないんだけど、と、ぼーと考えながら大量の麺が丼に入るのを眺めていた。そして野菜増ししてないんだけど、と思いながらこんもり盛られた野菜を確認した。最後に野菜の上に塩ダレがかかり完成、今回ニンニクは無しなのでこれで頂くことに。

食べる前に写真撮影の断り、ちなみに店内撮影時には断りが必要、断りを入れると「らーめんだけなら大丈夫」と言われた。これも「のスた」と同じであった。

さて取りかかろう、最初っから濃い味の塩味スープはコクがありうまみも十分、塩気も十分で脂身のうまみもある味わいであった。とてもインパクトのある塩スープである。

麺は太く平たいもの、適度なコシで固くはない。ちょっとねめりがあるのだが、それが舌触りとなり結構良い。やはり野菜が沢山あるんだなあ、もやし主体の野菜と麺を絡めて食べ進む。

チャーシューは肉厚で噛み応え有り、スープで脂身が柔らかくなっている。そして麺と野菜を食べきり、残ったスープを頂く。レンゲは無いが口を着けて結構飲んでしまった。

うーむ満足、蒲田はちょくちょく降りる駅なのでまた行ってみよう。

到着=13:53 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=コクの有る背脂たっぷりの塩味 お気に入り度=8

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2008年9月22日 (月)

【閉店】らーめん 八八(神田)

訪問日=9月17日(水) 晴れ

メニュー=鶏コク塩らーめん+味玉

Yayatorikoku神田に出来た新店「らーめん 八八」を訪問、時間的にちょっと遅めだったので営業しているかどきどきしていたが、無事営業で店内に。注文は「鶏コク塩らーめん」、メニューはほかに「塩らーめん」、そしてそれらの特製があるようだ。

そして注文の「鶏コク塩らーめん」提供、鶏のうまみが十分に出た白湯スープはコクのある味わい、濃厚というような味ではないが鶏のくさみもなく好きなスープであった。

麺は中太で適度なコシ、スープも吸ってこれも結構良い。でもスープの味に対してネギの風味がちょっと強いかも。またメンマも味のかおりがちょっと強い(くさみではない)。

Yayamenu1 チャーシューは噛み応え有り、まあこれはまずまずという印象。この一杯、やはりスープが好みであった。

食後帰ろうとするとお茶をどうぞとのこと、店内備え付けの冷蔵ケースからオープンサービスのお茶のペットボトルを1本頂いた。らーめんの後に頂くのはちょっとうれしいサービスであった。

Yayamenu2 到着=13:53 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=鶏のうまみ効いた白湯スープ お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

花月(川口)

訪問日=9月16日(火) 晴れ

メニュー=バリ辛ハバネロ暴流(味噌)

Kagetukarai

以外と久しぶりに訪問の「花月」、ジャンクなんとかっていうメニューを食べようかと思っていたが、でも券売機には売り切れランプが点っていた。

仕方なく、こちらも限定メニューの「バリ辛ハバネロ暴流」を、辛いメニューらしい。醤油と味噌、塩があるようだが、今回は味噌でお願いする。

そして提供、クリーミーな味わいのスープは、味噌っぽいがうまみが強烈に効いている。後口は結構きついかも。上に乗った辛味味噌は溶かすと辛味が強烈に効いてくる、でもそれよりスープの味がちょっと強いなあ。

どうもこのメニューはあまり自分に合わないようであった。次回は何を食べることやら。

到着=21:50 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=クリーミーな味噌、辛味強め お気に入り度=5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つけそば屋 北かま(末広町)

訪問日=9月16日(火) 晴れ

メニュー=つけそば+大盛り+カレーつけだれ

Kitakamakaretuke

この日当初予定は小岩と西大島のお店であったが時間が無くなり行けなくなってしまった。そこで普通の昼休みに電車に乗って行ってみようと思っていた末広町の「北かま」に伺うことに。

こちらの店は神保町にある店の2号店、神保町の店にも久しく伺っていないが、でもとても良い印象を持っている。

さてこちらで頂こうと思ったのは神保町の店でまだ食べていなかった「カレーつけ麺」、券売機で通常のつけめんの券を購入し、それにカレーつけだれの券を一緒に買う。そして今回は大盛りでお願いすることにした。

カウンター席に座り「カレーつけそば」を待つ、そして提供、カレーの香りが鼻を駆け上がっていく。麺が綺麗、で、量多いなあ。つけめんにはこの上に特盛りというのもある、どんな量なんだか。

かなりコシのある麺は歯ごたえがしっかりあるタイプ、喉越しも良いがそれほどつるつるした印象ではない。この麺はかなり好み。そしてつけスープ、カレーの香り、その中に魚介の風味と味わいも感じる。カレーだけに支配された味ではない、これはかなり好み。

チャーシューは香ばしい風味、実は端の部分が焦げている。でもそれがカレーの風味と合って良い香りに。まあその焦げているのが狙いかどうかは判らないけど。やはり大盛りの麺はかなり多い、でも好みのつけスープと頂くことでするする無くなっていった。

Kitakamamenu かなり満足して完食、また伺ってみようと思うが、それは神保町かそれとも末広町か。

到着=13:57 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介も効いているカレースープ お気に入り度=8

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

【閉店】めぐさめんこ(高田馬場)

訪問日=9月15日(月)祝日 曇り

メニュー=盛岡じゃじゃ麺+ちーたん

Megusamenkojyajyamen「ゆいまーる」に向かう途中に目に入った店、「ゆいまーる」のあとに伺ってみることにした。カウンター席に座りメニューを見る、ラーメンもあるようだが今回は店の売りっぽい「じゃじゃ麺」でお願いすることに(冷麺も売りかもしれないが)。

それほど時間は掛からないのでは、と思っていたがこれが実は結構待つ、この後に予定がありかなり焦ってしまった。結局15分ほどで提供、なるほどかなりの太麺であった。

Megusamenkojyamaze まずは上の味噌玉と麺を混ぜる、でも時間が無いのでそれほどきっちりは混ぜなかった。

もっちもちの麺は結構柔らかめ、表面にざらつきを感じるものである。そこにコクのある味噌タレが絡まる、うまみはそれほどでも無いが結構良い感じ。キュウリ角切りの食感は良いが、形状的に麺にはあまり絡まない。

Megusamenkomenu1 時間がないので速攻で食べる、ショウガの風味も一応感じた(でもよく混ぜてないので部分部分で)。

時間は無いが折角なので麺をちょっと残してチータンを依頼、玉子が提供されたので混ぜて店の方に渡す。ここにスープが入って返ってくるはずだが、これがなぜか結構待った。

Megusamenkotitan スープで固まった溶き玉子、その玉子とスープを頂いたが味が薄い。卓上には味噌ダレが器に入っていたのでそれで調整するべきだが、でも時間無し、そのまま速攻で飲み干した。

ちょっと中途半端に味わってしまったが時間のあるときに伺えばもっと好みの味であったかもしれない。

Megusamenkomenu2到着=11:59 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=味噌ダレ お気に入り度=6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

八重山そば ゆいまーる(高田馬場)

訪問日=9月15日(月)祝日 曇り

メニュー=八重山ソーキそば

Yuimarutaesoba

祝日のこの日、八重山そばの店「ゆいまーる」に伺った。店にはいると先客は無し、カウンターに座り「八重山そば」をソーキ入りでお願いした。待っている間に後客が1名、と思ったら店の方の様で厨房内に入っていかれた。

基本的に厨房は扉に仕切られており、ホールの方もほぼそちらにいる。広くは無いとはいえ店内に一人というのはなんだか居心地が悪い。そんなことを思って待っていると「八重山ソーキそば」が提供された。

すごい熱々のスープはあっさりした味わい、強い味ではないが、でもすーと入ってくる味わいである。麺は中太でざらつきの有るタイプ、適度なコシであった。やはりはっきりらーめんという感じでは無い。

ソーキは柔らかく、骨付き肉は箸でぽろりと肉を取ることが出来る。このソーキは結構好きな味であった。別皿の紅ショウガを入れてみたがこれはまずまずという感じかも。

Yuimarumenu そういえばタコライスというのも気になった、タコライスセットでも良かったかも。

到着=11:45 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=あっさりした塩 お気に入り度=6

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年9月18日 (木)

らーめん 和屋(向ヶ丘遊園)

訪問日=9月14日(日) 曇り

メニュー=和屋つけめん

Nagoyatuke

「五島」のあとに結構移動して向ヶ丘遊園駅近くまでやってきた。伺ったお店は「和屋」、この字で「なごや」と読むようだ。

さて注文したのは「和屋つけめん」、数量限定のようだがまだ大丈夫なようであった。しばし待ってさて提供、太く平たい麺はコシがありのど越しも良い。食感がしっかりしており、この麺がまずかなり好みの麺であった。

Nagoyamenu1 そしてつけスープ、魚介が強く効いた味で動物系のコクもある味わい、うまみも十分、かなり濃い味だが、麺の力強さに負けずこちらも良い。

つけスープの上にはのりと魚粉、この味なら魚粉は不要ではないだろうか、と感じてしまった。またかなり濃い味なので、麺はざぶんと全浸けせずに頂いた。この方が麺のうまさを更に感じられる。

Nagoyamenu2 好みの麺とスープ、途中で別皿のネギを投入、ネギの食感プラスでこれも良い感じ。メンマはくさみ無し、まあ無くてもいいけど。

味玉は半熟ながら固めの食感、甘みもある。最後にスープ割り、別の容器での提供であった。動物系の味わいが強くなったスープ、そしてお約束のスープちょい残し。

Nagoyawari 残したスープはそのまま飲む、動物系の割りスープであった。こういった動物系の割りスープは魚介の割りスープと違い味を感じづらい、魚介の方が素材自体に塩気があるからだろう。

いやー満足の一杯、結構遠かったが来て良かった。バイクで来るのはなかなかきついものがあるのだが、また近くで仕事があったときにでも伺ってみたい。

Nagoyagentei 到着=13:49 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=太平麺 スープ=魚介の効いた醤油 お気に入り度=8

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008年9月17日 (水)

【閉店】麺屋 五島(経堂)

訪問日=9月14日(日) 曇り

メニュー=トントンメン+味玉

Gototonton経堂の新店を訪問、店に入ると店内は結構暑め、カウンター席に座り「トントンメン」を注文した。この「トントンメン」、チャーシュー麺のことかと思ったが「チャーシューメン」別にある、肉が違うと言うことか。

提供の「トントンメン」、肉が沢山乗っている。まずはスープ、うまみのある醤油味は、タレの効いている感じであるが、あまり塩辛くは無い。麺は細めで適度なコシ、麺自体は普通の印象であった。

沢山のチャーシューは脂身多いがスープで柔らかくなり、また脂身も特にしつこくない。肉の噛み応えも味わえ、このチャーシュー(トントンというべきか)は結構好きなタイプであった。

後半チャーシューから肉と脂のうまみが溶け出し、スープにコクがプラスされていく。最初に比べるとこの味の方が好みである。でもさすがに沢山のチャーシュー、スープの完飲はしなかった。

Gotomenu 食後、外は日差しが強くなっていた。ラーメンで火照った身体に容赦ない日差し、そして噴き出す汗、汗は必要ないなあ。

到着=12:54 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中細麺 スープ=動物系の効いた醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

万世パーコーメン 有楽町店(有楽町)

訪問日=9月13日(土) 曇り

メニュー=ざる排骨麺大盛

Mansepakotuke

すごい久しぶりに有楽町の電気ビルデング地下一階にある「万世」を訪問した。ちなみにこちらのあるフロアには「中本(辛い店ではない)」もある。

万世といえば肉を扱っている店で有名だがこちらは麺メニューを提供する店、土曜日の店内は七割りほどの入り具合であった。今回は時間的にも連食出来そうに無かったので麺を大盛りでお願いした。そしてやはり万世ということでパーコーつけ麺にすることに。

すごい量で出てきた麺、ちょっとどきどきしてしまった。この量を食べきれるか、でも実は下に麺を受けるざるが敷かれていた。このため実際は無茶な麺の量ではない、それでもやは多いか。その麺、のど越しの良いタイプで適度なコシは結構好みの感じ。風味は強くないがつるつる喉を通っていく。

つけスープは酸味が効いており、うまみもある味わい。麺とあわせ頂くと満足できる。刻みのりが良い味わいであった。そしてパーコー、さくさくした衣で肉のうまみも十分な味わい、食感がしっかりあり好みのタイプである。沢山入っているなあ。

Mansemenu そして完食、最後にスープ割りまでして店を後にした。頻繁に来たいわけではないがたまに食べると満足する、またそのうち伺ってみよう。

到着=12:26 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=酸味の効いた醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

燦燦斗(東十条)

訪問日=9月11日(木) 曇り

メニュー=つけめん

Sansantotuke1

東十条での2軒目は「燦燦斗」を訪問、以前気分的にきっつい状態の時に伺い心を救ってくれた店である。店内に入ると1席の空き有り、待たずに着席することが出来た。今回はつけめんでの注文、しばし待って綺麗な麺がまず提供された。

コシのある麺は太くそして平たいタイプ、のど越しは良いが表面にはちょっとざらつきが有る。そのためかスープの絡みが良い、いやこの麺がまず良い。

そしてそのつけスープ、こりゃあすごい、魚介のうまみと風味、そして動物系のコクと味わいがスープの中で爆発している。麺と絡めてぐいぐい口に入れていく、これは好みのど真ん中であった。自分でも驚くほど好みの味わいである。

麺を口に運ぶ幸せ、うれしいことに麺も結構多い。以前のつけめんにも感激していたが、でも今回更に感激倍増である。またチャーシューが良い、噛み応えががっしりあり肉のうまみを感じられる。そしてそのチャーシューにもスープが絡まり満足感を押し上げる。

最後にスープ割りを依頼、返ってきたものはそりゃもちろん全部飲む、器の底には髄や魚粉がごっそり残っていた。これはまた行かなくては、いやー、東十条は2連勝であった。

到着=13:08 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=太麺 スープ=動物系のコクもあり魚介も効いた醤油 お気に入り度=10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

麺処ほん田(東十条)

訪問日=9月11日(木) 曇り

メニュー=香味鶏だしラーメン

Hondakomi

久しぶりに東十条にある「ほん田」を訪問、店前を見るとやはり並び有り、列の最後を取り出番を待つことに。待っている間に店の方から先に券の購入を促された。先に券を買って並んだ方が良いようで、常連さんらしき女性は列に並ぶ前に券売機で券を購入し、列に並んでいるのも目撃した。

かなり待って入店、カウンター席に座り注文の「香味鶏だしラーメン」を待つ。そして提供、あっさりした、でもコクがありうまみ十分のスープはうまみが口中にぱーと広がる味わいであった。この味はかなり好みの味わい。

麺は細目で適度なコシ、スープも良く絡まり満足感が高い。チャーシューは表面赤くみえる感じで噛み応えのあるタイプ、肉のうまみを感じるものでこれも良い。ただメンマは個人的にはまずまずという印象だったけど。

Hondamenu そして完食、スープは当然のように最後まで飲み干した。納得の一杯、また伺いたい。今度は濃厚豚骨魚介というのも良いなあ。

到着=12:19 待ち時間=28分 行列=11人

麺=中太麺 スープ=あっさり、でもうまみ十分の塩味 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺 高はし(赤羽)

訪問日=9月10日(水) 曇り

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

平日12時前に訪問するもやはり並びは多い、20分ほど待って席に着いた。今回は横が口を開けて大きな音を立てながら食べる方、そこまで音を出さなくても、という感じであった。

ただ今回のつけそばは素晴らしい味わいであった。なんとも濃厚なつけスープ、魚介のうまみが強く、動物系のコクもがっつりある。上に茶色い脂の層があったのだが、そこから強く魚介の風味を感じる。

麺はコシがあるけれどあまり固くない食感、太麺で歯ごたえも良くこれも好み。最近以前からのがしがしした食感で無いことが多いが、この麺の食感も好みであった。

ごろごろ入った半肉は香ばしい香り、噛み応えも十分。かなりの量の麺はあっと言う間になくなった。いやーこの味はすごかった、やはりこちらは自分にとってもっとも満足できる店である。ではまた来月行ってみよう。

到着=11:25 待ち時間=19分 行列=11人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

味噌麺処 花道(野方)

訪問日=9月7日(日) 曇り

メニュー=味玉番長つけめん

Hanamitimisotuke

「大勝軒(梅島)」のあと野方に移動、新店「味噌麺処 花道」を訪問した。店内には待ち客有り、待ち用のベンチに座り席の空きを待つことに。店内は結構暑い、扇風機が2台稼働しており、その扇風機の風が当たる間だけ暑さを忘れることが出来る。

待っている時、おや、知り合いがカウンター席にいる、ちょっと挨拶させて頂いた。ちょっと待って着席、券売機で買った券を渡す。

麺は茹で時間8分らしい、太麺ということのようだ。そして提供の「味噌つけめん」、あれ、「番長つけめん」だと思ったが・・・、確認させてもらうと「味噌つけめん」を間違って購入したようだ。

Hanamitibantyotuke 仕方ない、と思ったが、なんと折角なのでとつけスープを「番長つけめん」で再度提供して頂けることになった、いやこれは申し訳ない、でもありがたい。結局先に提供の「味噌つけめん」のつけスープもそのままどうぞ、ということに。辛いので食べたかったのでこの対応はとってもうれしい。

さてまず頂いたのは真っ赤な方、つけスープはかなり辛い、表面に真っ赤なラー油の層があり中本のような味わいであった。もやしもたっぷり入っている。麺はもっちもちでのど越しも良いタイプ、舌触りも良く好きな麺であった。

食べ進むと底の方のスープはかなり甘みを感じる味わい、どちらかといえば最初の甘みを感じない味の方が好みかも。でも結構好みの味であった。

Hanamitimenu 「味噌つけめん」の方はさすがに辛味は効いていない、実は番長の辛味であまり味を感じられず、先にこっちを食べとけば良かった。つけスープ内に入ったチャーシューはジューシーな食感、肉の味わいも感じる。メンマに甘みを感じたが、これはスープの甘みを感じたのか?

満足して食べ終えた、たぶん次に来ても番長で頼むことであろう。今度は間違わないようにしないと。でもああいった対応を嫌な顔一つせずしてくれるととてもうれしい、心も満足できた一杯であった。

Hanamitimenu2 到着=11:01 待ち時間=7分 行列=4人

麺=太麺 スープ=辛味のある効いた味噌、甘め お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大勝軒(梅島)

訪問日=9月7日(日) 曇り

メニュー=中華そば

Umetaisyoramen

前に味噌らーめんの店があった場所が「大勝軒」になるという。いつオープンなのかが判らなかったが、しらけんさんのブログでオープンを知った。これは行ってみなくては。

この日、午前中に用事を一つ済ませてから伺おうと思っていたがタイミング悪くキャンセル、それならとそのまま目的の店へ向かうことにした。店に着くとオープンしたばかりの模様、丁度おひとり入られたが、そのあとに自分も続いて入店した。

ちなみにしらけんさんのブログで甘みが強そうな感じに思え、強い甘みはあまり得意で無いため今回は「中華そば」で注文した。しばし待って「中華そば」提供、大勝軒らしい見た目であった。

まずはスープ、結構あっさりしたスープは動物系のうまみを感じる味わい、すーっと頂ける感じで結構好きな味わいであった。でもイメージとしてある大勝軒よりうまみとコクは弱めかも。まあオープン直後というのが関係している可能性がある。

麺は太くもちもちした食感、結構かための茹で上がりでもう少し茹でてもらった方がもっと好みの気はするが、これも十分好みであった。チャーシューはなんか四角、噛み応えの有るタイプで、ちょいぱさつき気味。

大勝軒系のスープには後半ニンニクを入れて食べるということをよくするのだが、こちらはカウンターにニンニクの常設はない。ただ注文で受けてもらえる旨が案内に書かれている。そこで注文したところお店の方に別皿で提供を受けた。でも擦りニンニクではなく刻みニンニクであった。風味は良いがニンニクが口に入ると、ニンニクの香りがちょっと強烈かも。

Umetaisyomenu 食べ終わり、感想としては多分もりそばより中華そばを頼んで良かったのでは、と感じた。そういえばほかのお客さんと店の方の話が聞こえたのだけれど、オープンは2週間前、先週月曜日のことのようであった。

到着=11:01 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=あっさりした動物系のうまみある醤油 お気に入り度=7

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年9月12日 (金)

【閉店】らーめん 一心(川口)

訪問日=9月6日(土) 雨

メニュー=和風ラーメン

Issinwafu地元でちょい飲みのあと以前にも伺っている「一心」を再訪した。店前にのぼりがあり、つけめんを頼もうと思っていたが、でも限定20食という「和風ラーメン」を注文してみることに。

らーめんはすぐの提供、魚介の効いた味わいでうまみも効いているスープ、以前の味からするとこちらの方が好みの味であった。

麺は中太で適度なコシ、スープも良く絡まる。メンマはくさみ無し、前回はちょっとにおいが気になったが今回はそんなことも無い。

Issinnewmenu ちょっと強めに酔っていたが、これならまた来たいと思える味であった。今度はつけめんにしてみようか。

到着=20:45 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=魚介の効いたうまみある醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

らーめんダイニング ど・みそ(銀座1丁目)

訪問日=9月5日(金) 晴れ

メニュー=みそオロチョンらーめん(辛さ=ファイヤー)+ライス

Domisoorotyon1

平日13時に「ど・みそ」を訪問、店内は満席で待ち客も有り。すぐに座ることが出来たが、後客もぞくぞくと入ってきていた。さて今回はキャーさんのブログを見て心をがっちりハードキャッチされた「みそオロチョン」を一番辛いという「ファイヤー」でお願いした。

提供のオロチョンファイヤーは上に唐辛子もたっぷり掛かった見た目、スープも赤い。まずはそのスープ、コクのある味噌味でうまみも十分の味わい、まずこの味が良い。そして辛味はかなり効いている。最初に麺をすすって食べていたが、そのうち咳込むと思ったのですするのはやめて、たぐり寄せるように口に運んだ。

辛さは結構来るがスープの味は問題なく味わえる、かなり好きな味である。麺はそれほど太くないが適度なコシでスープも絡まり満足感も高い。もやしの食感もスープに合う、どんどん食べ進んでいく。

Domisoororice1 そして麺を食べ終えた時点でまだもやしやニラはスープの中にある感じ。というか意図的に残し、スープにライスを投入した。半ライスではないのでかなりの量のらーめんライス、スープの味を存分に堪能しながら食べていく。

スプーンで食べていった最後の二口、顎から流れ落ちる汗に気づく。こりゃあこの後大変かも・・・。

でも満足したあー、特みそこってりも良いがこれもかなり気に入った。こちらは職場からちょっと歩けば伺える場所、また行ってみよう。

到着=13:02 待ち時間=3分 行列=1人

麺=中太平麺 スープ=辛味が効いたコクのある味噌 お気に入り度=9

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年9月 9日 (火)

【閉店】油そば専門店 元(そもそも:江古田)

訪問日=9月3日(水) 晴れ

メニュー=赤油

Somosomoaka1 この日の2軒目は同じく江古田のお店、随分前のオープンながらまだ伺っていなかった「元」を訪問した。「大鷹ラーメン」のあとにこちらへ着いたのは11時20分ころ、でもオープンは11時半なので、しばし駅前をぶらぶらする。その後オープンちょい過ぎに伺うと営業は開始されていた。

中に入り券売機を見る、「油そば」のほか、「裏油」というのも気になったが、今回は超変化球っぽい「赤油」の券を購入した。この「赤油」はトマトが使われたメニューらしい。カウンターに座って待っていたが提供はかなり待つようだ。というのも店内の案内に極太麺を使用しているので、茹で時間がかなり掛かる、とあった、確かに待つ。ちなみに待っている間に後客が続々と入ってくる。最終的にはほぼ満席となっていた。

かなり待って提供の「赤油」、麺の上にキャベツが乗り、その上にトマトソースが掛かっている感じの見た目、そのままちょっと頂いてみる。確かに太い麺、コシがあり噛み応えがっしり。トマトソースは魚介のうまみがある味わいであった。

Somosomoakamaze1 次にレモンを搾って混ぜて見る。真っ赤になった「赤油」、コシのある太麺にトマトが絡まる。コクのあるトマトソースは魚介などのうまみも豊かでこれはかなり好みの味わい。

イカや角切りのチャーシューもソースがからまり良い具合である。このメニューにはあさりも入っていた。キャベツは固い部分の食感は微妙だが、でも他の部分は温かさでしんなりしてこれも良い食感。このメニューはイタリアンという感じ、とても満足した。

Somosomomenu そういえばトッピングにチーズもあったのでそれも合いそう。これは是非また頂いてみたい、そう思える一杯であった。

到着=11:34 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太ちぢれ麺 スープ=コクのあるトマトソース お気に入り度=8

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

大鷹ラーメン(江古田)

訪問日=9月3日(水) 晴れ

メニュー=赤鷹ラーメン

Ootajkaaka

江古田に出来た新店「大鷹ラーメン」を訪問、駅前にあるこちらの店、階段をちょい上る感じで扉をくぐった。券売機を見ると「鷹」の名がついたメニューがいくつか、その中から醤油豚骨という「赤鷹ラーメン」を選択した。でも塩豚骨という「白鷹ラーメン」も惹かれる感じである。

ちなみに先客は無し、後客もなかったが、まあ時間が早すぎるからであろう。待っていると鍋で炒める音が聞こえてくる、野菜だろうか?

提供の「赤鷹ラーメン」にはやはり野菜がたっぷり乗っている。見た目は味噌のようなスープの色、でも味はやはり動物系のうまみある醤油スープであった。ちょい味噌っぽい雰囲気もあるけど。そのスープはあまり濃厚ではないがコクもあり結構好きな味わい。

麺は結構細めでちぢれており、適度なコシのタイプ、スープもよく絡まる。野菜はキャベツにもやし、ニラにニンジンで結構具沢山、スープに合っており、またスープに野菜のうまみも出てきて良い味。

Ootakamenu そして完食、結構好きなラーメンであった。それにしても江古田はらーめん屋さんが多いなあ。

到着=11:05 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細ちぢれ麺 スープ=コクのある豚骨醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

【閉店】とんかつ のあ吉(神保町)

訪問日=9月2日(火) 曇り

メニュー=つけ麺中

Noakitituke

以前「脂そば」を頂いた神保町の「のあ吉」、また行こうと思ってお店のブログをちょくちょくチェックしていた。そこで最近思っていたのが「ずっと昼も夜も麺メニューだなあ」ということ、これは今度近くで用事があったときに伺えそうだと思っていた。

そしてその機会が訪れたこの日、午前中にブログをチェックすると、やはりこの日の昼も麺メニューの提供であった。

店のあるビルに伺いエレベーターを降りる。鏡の間にある券売機で「つけ麺」の券を購入し、店に入った。カウンターに座り今回注文の「つけ麺」の到着を待つ。でっかいテレビを見てぼーっとしていると「つけ麺」が提供された。

提供前にちょっと不安だったのがブログの「つけ麺」表記の後ろに「渋谷型」と書かれていたこと、もしや、と思っていたが驚くようなチャーシューは見あたらなかった。器の大きなつけスープに麺をつけて頂きはじめる。

麺はコシのある中太でのど越しの良いタイプであった。そして麺をつけスープに入れた時に気づいたこと、スープの中にチャーシューのでかい固まりがある、やはり渋谷型ということの様であった。と思ったらそれより小振りながらもう一つ固まりが、すごい、と思ったらそれと同じくらいの固まりがもう一つ、チャーシューだらけである。

つけスープは動物系のうまみと風味が豊かな味わい、麺をつけてどんどん頂いていく、好みの味わい。そしてチャーシューは噛み応えのあるものだが固くはない感じ、味も好みでこのチャーシューは良いねえ。

でも食べても食べてもまだあるという感じ、麺を食べ終わった段階で、ようやくチャーシューもなくなった。いやーすごい一杯を頂いてしまった。

最後にスープ割り、でっかい器になみなみと提供、とろみのあるスープはうまみも抜群の味であった。満足の中、店を後にした。この後に「覆麺」に行こうかと思っていたが、いやこれ以上のカロリー摂取はさすがにまずい、この日はこれでやめておいた。

Noakithiruimenu 多分ラーメンにもばかでっかいチャーシューが入っていることであろう、昔渋谷にあった頃、ラーメンをぎりぎり食べることが出来た記憶が蘇った一杯であった。

到着=12:17 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=コクのある豚骨醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【閉店】つけめん 麺天(末広町・秋葉原)

訪問日=9月1日(月) 晴れ

メニュー=つけ麺大盛り+煮たまご

Mententuke

最近出来た新店「麺天」を訪問、今回は末広町駅から訪問したが、秋葉原駅からも行ける場所にある。店に入り券売機で券を購入、らーめんも有るようだが今回は「つけ麺」を大盛りでお願いした。

こちらは浅草開化楼の麺らしい、店内に案内があり麺箱も店の外に置かれていた。ちなみにメニューには「古式製法熟成しょうゆつけ麺」、どういう製法なのかはよく判らないが・・・。開化楼の麺は太麺で茹で時間が6分かかるらしい、そしてしばし待ってつけ麺が提供された。

コシのある麺はのど越しも良く食感がしっかりしている、これはかなり好みの麺であった。つけスープは魚介が効いており動物系のうまみもある味、酸味や甘みは特に感じず、これも好きなタイプ。

Mentenmenu1 麺・スープと別に提供されたのりの上に乗った魚粉を途中で投入、魚介がやはり強く感じる味になる。そしてこれも別添えのすだちを麺に振りかけ、さっぱりした感じの麺でも頂いていく。

結構満足な一杯、明太子つけ麺というのも気になったのでまた伺ってみたい。

Mentenmenu2 到着=13:08 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太ちぢれ麺 スープ=魚介も効いたコクのある醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

【閉店】花可(川口)

訪問日=8月31日(日) 晴れ

メニュー=ラーメン+やさい増量

Hanakaramen2この日は2軒目も川口のお店、以前も伺っている「花可」だが今回はらーめんを頂こうと思っていた。前回頂いたつけめんは結構好みの味わいであったので今回もちょっと期待してしまう。

店に入りカウンター席に座る、しまった結構暑い場所に座ってしまった。注文は「らーめん」をやさいマシ、ではなく「やさい増量」でお願いする。ちなみにトッピングは全て有料、ニンニクやのりにネギ、そして生玉子とゆで玉子は50円増し、やさいやチーズ、うずら玉子が100増しになる。

到着のらーめんは確かに野菜が多い、もやしだけでなくキャベツも多い感じである。麺は太めで結構のど越し良い感じ、好きな麺だが、でも二郎風の割りにはあまり力強くはないかも。

スープも今回、割とおとなしめの味わい、あまりジャンクな感じではない。以前もらーめんは頂いているがそのときの方が好みの味だった。多めの野菜でバランスが悪くなったのかも、野菜を食べるにもスープの強さが無いのでちょっとつらい。

食べ進んでいくと、最初透明だったスープが後半になると濁り、背脂も浮き出した。なんでだろう?チャーシューはでかい固まりが一つ、噛み応えのあるタイプは、でも柔らかさもありこのチャーシューは食べる価値がある。持ち帰りをしたいくらい。

完食し、店を後にしたが今回ちょっと満足感はそれほど高くない。でも川口にあるのでまた伺ってみよう、今度はやさい増量はせずに食べてみるか。

到着=12:32 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=コクのある濃い味の醤油 お気に入り度=6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

まる玉(閉店:川口:川口駅西口)

訪問日=8月31日(日) 晴れ

メニュー=らーめん+味玉

Marutamahonramen

かなり以前から川口にある「まる玉」には伺っていた。でもそれは西口にある本店ではなく東口にあった店、その店は現在「アリオ川口」に移転しており、そちらにも伺ったことがある。

西口の店はそのうち行こうと思ってずっと行っていなかったが、先日やぶいちさんのブログをみたところ9月2日で閉店たのこと、これはいかん!ということで今回行ってみることにした。

初めて伺った店は結構小さめ、カウンターとテーブル席の構成で、店の方が1人で営業されていた。小さいとはいえこの席構成で1人では大変そう、普段はどうか判らないがこの日は結構混んでいたし。

さて今回の注文はらーめんに味玉で、そして提供のらーめん、まあさすがにこれまでにも見た印象のある顔である。

まずはスープ、鶏のうまみが効いた味わい、脂が結構多く感じるスープであった。でもやはりこのスープはとっても好み。麺は細くかなり縮れている、のど越しはそれほど良くなくちょっとぼそぼそした感じかも、でもこれは知っている麺の感じ。

あおさの風味は個人的にはちょい微妙、ネギのしゃきしゃきした食感が良い。チャーシューは柔らかくほろほろと崩れる感じ、玉子は黄身が結構醤油の味を感じる味わいであった。

Marutamahonkokuti するっと完食して店を出た。アリオにも「まる玉」はあるといっても、でもこちらには最後にくることが出来て良かった。

到着=12:05 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細ちぢれ麺 スープ=鶏の味が効いたスープ お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

一福(初台)

訪問日=8月30日(土) 雨

メニュー=囲炉裏麺

Itifukuirorimen

前日飲み過ぎた酒が消化しきれず、この日は胃がとても重い。外出先で考えたのは、「そうだこんな時は迎え酒かすだ」と適当なことを考えて「一福」に行ってみることにした。

向かう途中のどしゃぶり雨は店に近づくにつれ小振りになっていく、それにしてもよく降るねえ。店に入ると先客は1名だけ、雨の影響だろうか?

注文は予定通り「囲炉裏麺」で、ちなみにらーめんを待っている間に後客が続々と入り、ほぼ満席になっていた。最初の一口、結構あっさりめの味噌スープはマイルドな味わいで痛んだ胃に染み渡る。

そのあと上に乗った味噌を解かしながら頂いていく。コクの増す味わい、このらーめんも良いねえ。麺は適度なコシの縮れ麺、のど越しも良い。時折サクサクした食感はクルトンだっけ?上の白い物体はサメの軟骨らしい、こりこりした食感がまた面白い。焼きネギの味もスープに合う。

そういえば前回は強い酒粕のかおりを感じたが、今回はそれほど強くなく、でも良い風味という感じ。やはり酒の翌日だからだろうか、といってもとっても好みのらーめんであった。

優しい笑顔に見送られ店を後にする、また来よう。外に出ると雨はあがっている。軽快な足取りで駅へと向かう土曜日の昼であった。

到着=12:56 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=コクのあるマイルドな味噌味、酒かすの風味 お気に入り度=10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

七重の味の店 めじろ(代々木)

訪問日=8月29日(金) 曇り

メニュー=冷やしサワーらーめん+半ライス

Mejirosawaramen

渋谷の後は代々木に移動、「めじろ」へ向かう。そういえば最近テレビに出ているのを見かけてしまったのでこれは行列があるのでは、と思ったが特にそんなことは無いようであった。

今回は昨年も食べている「冷やしサワーらーめん」をお願いした。らーめん提供時に炭酸でシュワシュワのスープを最後に掛けて完成、最初は炭酸で一面真っ白な見た目である。

冷たいスープに冷たい麺、つまり冷たいらーめん、でも冷たいのに魚介の風味が抜群に効いた味、甘みもあるが嫌な甘みでない。煮干しの風味とうまみもしっかりで冷たくとも味に不満は全くなし。

麺は細く歯ごたえのしっかりもの、スープも絡まりとてつもなく満足な味わい。ねぎと焦がしネギの食感と風味も良いのなんのって。

メンマは太い、くさみも無く柔らかい、でも噛み応えもしっかり、これもあってうれしいメンマ。そういえば以前食べたときはチャーシューの脂身がちょっと固くあまり良くなかったが、今回はその脂身も良い味わい、風味も良くこのメニューにある必要を感じたチャーシューであった。

Mejirosawaraice だめだ、このらーめん大好きだ、思わず半ライスを追加注文してしまった。その半ライスを投入するとスープがちょっと温まり、その温かさにちょっと違和感を感じた。でもなじんでくるとこれも良い味わいになってくる、幸せがのどを通っていく感じであった。

個人的には「好みにもほどがある」という印象、食べ尽くし飲み尽くした。これは良いなあ、また食べてみたい一杯であった。

到着=13:23 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=魚介の効いた冷たい醤油、揚げねぎの風味 お気に入り度=10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

【閉店】らーめん屋 OKAZAKI(渋谷)

訪問日=8月29日(金) 曇り

メニュー=醤油らーめん+味玉

Okazakiramen危ない危ない、あやうく平日にらーめんを食べない週をつくってしまうところだった。そんなぎりぎりな金曜日、伺ったのは渋谷に出来た「OKAZAKI」である。駅からセルリアンタワー方面に歩き、回り込むように道を進むと店があった。

駅からはそれほど遠くないがお店の周りは住宅街という感じ。店にはいり券売機で「醤油らーめん」の券を購入、カウンター席にすわりらーめんをお願いした。

そして提供、揚げネギの風味のあるスープはあっさりした醤油の味わいで、でも物足りなさは無い。揚げネギの風味も良く、後口の良い味わいであった。

ちなみに個人的な好みだが以前は揚げねぎの風味が苦手で結構こういったらーめんを敬遠していた。でもこのスープは良い風味と思える、自分の嗜好も変化しているということのようだ。

そして麺、中太で平たい麺は適度なコシでのど越しも良い、スープががっつり絡む感じではないが結構好きな感じであった。もやしもらーめんに入るのはあまり好みでは無いが、でもこちらはあまり違和感なし。まあ無い方がもっと良かったかもしれないけれど。

そしてのりの味わいがこのスープにとてもあっている。柔らかい味付けの玉子も好み、チャーシューはとろとろな柔らかさであった。

もう一軒行こうと思っていたのに、思わずスープをかなり飲んでしまった今回の一杯、結構好みの味わいであった。外は曇りながらかなり蒸し暑い、汗だくで駅に戻る金曜日の昼であった。

到着=12:56 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平麺 スープ=あっさりした醤油、焦がしネギの風味 お気に入り度=7

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2008年9月 1日 (月)

ココログメンテナンスについて

ココログのメンテナンスがあります。

スケジュールは以下の通り。

2008年9月2日(火)9:00~15:00の約6時間

この間コメント・トラックバックは受けられなくなります。

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つけ麺専門店 三田製麺所(三田・田町)

訪問日=8月24日(日) 曇り

メニュー=つけ麺中盛り+半熟たまご

Mitaseimentuke

「はるにれ」の後は田町に移動、新店「三田製麺所」を目指す。店に着くとすごい行列、しまった月曜日(8月25日)まで開店記念の半額セール中であった(8月21日オープン)。

開店直後はあまり来ない方だが、やはりもう少し開けてから来るべきであった。でも案外待たずに着席、座ってからつけ麺の提供はすぐという感じだった。

麺はかなり太いタイプ、コシがありもちもちした食感はのど越しも良くかなり好み。つけスープは上にのり魚粉、この見た目は最近よく見かける。

かなり濃厚なスープはコクがあり動物系のうまみが強い味わい、魚介の風味も効いている。酸味は効いておらず、結構自分に合うつけスープであった。

麺は中盛りだがあまり多くない、普通盛りに対しての中盛りではなく大中小の中盛り、つまりこれが普通盛りと思われる。

Mitaseimenopen 会計は玉子込みで450円、並んだときにしまったと思ったが、この内容を450円で食べることが出来たならとても満足である。通常料金でも結構好きな味わいであったであろう。

到着=12:08 待ち時間=14分 行列=15人

麺=太麺 スープ=濃厚なコクのある醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺処 はるにれ(戸越公園)

訪問日=8月24日(日) 曇り

メニュー=塩ラーメン+半熟煮玉子

Haruniresio_2

せっかくの休みながら雨の降りそうな日曜日、バイクやめて電車でらーめん店を目指す。目的の「戸越公園」駅に近づいたところで、後ろの2両はその駅でドアが開かない、とのアナウンス有った、どういうこと?乗っていたのはその2両目、駅に着くとホームから電車がはみ出して停まっている、油断できない路線「東急大井町線」。

目的の店は駅のすぐ近くにある、ただちょっと奥まったところにあるので迷いそうな感じ。でも大丈夫、看板が有りすぐに発見する事が出来た。

店に着くとまだ準備中の札、ただすぐに開店となり店に入ることが出来た。店には女性が2名、カウンターに座りメニューを見る。ランチメニューが有るようだが、店の売りっぽい「塩ラーメン」を単品で、それに玉子でお願いした。

提供のラーメンはとても透明で綺麗なスープはあっさりした塩味、優しい味わいのうまみがしっかりとある。塩気は強くないが味はしっかり感じられる、かなり好きな味わいであった。

麺は細く適度なコシ、のど越しも良くスープにとってもあっている。チャーシューはジューシーな感じで肉の風味がある味わい。メンマはコリコリでくさみも無し。玉子は別の器で提供、タレの強い味でなくこちらも優しい味わい、黄身にスープを浸すとまたひと味、上の味わいになる。

かなり満足な塩ラーメン、ちなみに食べている途中で男性が入ってきた。多分店主氏だろう。ちなみにオープン直後のため当然先客は無かったが、後にご夫婦客1組、そのあとご家族客が楽しそうに入ってきた。

Haruniremenu ご近所の方であろう、休みにこちらでらーめんを頂けるというのはちょっとうらやましいかも。

到着=11:31 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=あっさりした塩味 お気に入り度=8

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »