« 餃子の王将(神田) | トップページ | 蒙古タンメン中本(御徒町) »

2008年8月20日 (水)

博多麺酒場 凪(新宿)

訪問日=8月15日(金) 曇り

メニュー=らぁめん並+味たまご

Naginiborame

またしても飲みのあったこの日、終わったのが以外にも早い時間だったので夜のらーめん屋を目指した。着いた場所は新宿ゴールデン街、昔新宿に勤めたこともあるし、この近辺にも来たことがるのだが、でもゴールデン街は今回初進入であった。

目的の店は「凪」、渋谷立川の店には何度か伺っているがこちらは初訪問である。店は2階にある、階段を上ると結構狭い店、厨房内には店主氏(生田さん)が一人で調理接客をされていた。厨房内の湯沸かし器が真っ赤、あれはなんなのだろう?

さてらーめん提供、来た時点で濃い味が判るスープの色である。でもこの日はもう立派な酔っぱら状態、なんたってここに来る電車は随分乗り過ごしで戻ってきたほど(何とか高円寺だったはず)、ちゃんと味わえるか・・・。

そんな心配は無用なスープ、コクのあるスープは予想通り濃い味、そしてがつんとどすんと煮干しの効いた味わいであった。この場所でこれほど煮干しの効いたスープを頂くとは思わなかった、これはうれしい味わいである。

そして麺は太くコシのあるタイプ、のど越しも良く舌触りも気持ちいい、この麺も相当好み。チャーシューは大きく、そして噛み応え有り、ブロック状のものはジューシーでとても肉のうまみを感じる。

いやーこの麺とスープは酒の入ってないときに食べてみたい気もするが、酒が入っていてもかなり好みを実感できるものであった。

会計時、店主氏に今度「とっきゅう」煮干しがで出るとの案内を受けた。聞き逃したが「特級」ということだろうか(「特急」じゃないよな)。いや酔っ払ってたので全然違うかもしれない。今回のスープも相当な煮干しであったが、これ以上の煮干しになるということだったらすごそうだなあ。でも食べてみたい、夜営業がなあ・・・・(夜はほとんどらーめん食べないし)。

到着=23:16 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=煮干しの効いた濃い味醤油 お気に入り度=8

|

« 餃子の王将(神田) | トップページ | 蒙古タンメン中本(御徒町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/42223744

この記事へのトラックバック一覧です: 博多麺酒場 凪(新宿):

» ふらっと着いたところは、立川だった・・ [立川冒険日記]
一人旅で出かけた立川は、とてもいいところでした☆ [続きを読む]

受信: 2008年8月21日 (木) 18時01分

« 餃子の王将(神田) | トップページ | 蒙古タンメン中本(御徒町) »