« 蒙古タンメン中本(御徒町) | トップページ | 新横浜ラーメン博物館その1(新横浜) »

2008年8月22日 (金)

【閉店】麺屋 ぶひひ(赤羽)

訪問日=8月16日(土) 雨

メニュー=濃厚つけ麺+サービス味玉

Buhihituke

「中本」のあとに映画を鑑賞、その後は赤羽を目指す。駅までもう少し、というところで雨が降り出した。そして駅の近辺に着いた頃には土砂降りに、雷が鳴り響き2度ほど近くに落ちたような轟音が轟いた。

そん中、新店「ぶひひ」を目指す、でも場所がよく判らず、雨のなか建物から建物へと歩く。やっと見つけたのはイトーヨーカ堂のある建物の、駅と反対方向の場所であった。そこがループ館という建物でその一角にお店がある。・・・でも営業していない、まあ時間が時間なので当然か(15時半くらいの話)。

どのみち土砂降りのため赤羽から動けず、ネットカフェを覗くも満席、ゲーセンでしばらく時間をつぶす。ゲーセンのビデオゲームが少ないなあ・・・。

さて5時になりお店を覗く、するとシャッターが開いており、客もはいっていた、というわけで自分も入店することに。

券売機で購入は「濃厚つけ麺」、そのほか「ぶひひつけ麺」などもある。券売機だから良いが口頭注文なら言うのに躊躇してしまいそうなネーミングだなあ。ちなみに無料トッピングサービスがあるらしく、のり・メンマ・味玉・チャーシューからの選択が可能、今回は味玉でお願いした。

そして提供、麺はコシのある太麺、噛み応えがしっかりあるタイプ。でも結構短いのがちょっと・・・、好みはもう少し長い方が好きな感じである。つけスープは確かに濃厚、店名から動物系がすごいと思っていた。

確かに動物系もかなり効いているが魚介の風味も濃厚である。ちょっと甘みを感じるスープは結構好み、麺とともに食べ進む。でもやはり麺が短いなあ。

チャーシューはブロック状、ちょいぱさつきぎみであった。サービス玉子は固めの半熟、サービスならうれしい。

そして完食、スープ割りはたっぷり入っての返却、ちょいくどさを感じる。でも結構好きなつけめんであった。もう少し麺が長ければ、と感じてしまった一杯であった。

到着=17:10 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介も効いた濃い味醤油 お気に入り度=7

|

« 蒙古タンメン中本(御徒町) | トップページ | 新横浜ラーメン博物館その1(新横浜) »

コメント

こんにちは!

本日行ってきました

確かに麺の短さが気になりますね
他に気になった件がありましたが・・・。

投稿: しらけん | 2008年8月24日 (日) 16時17分

>しらけんさん
麺はもうちょっと長い方が好みでした。
私も他に気になったことがあったかも。
カウンターに座ったのですが、
前の丼を置いているところが・・・。

投稿: ライダーマン | 2008年8月24日 (日) 20時04分

私も名前に惹かれて行ってきました。リングルプロジェクトの「錦」や「美豚」によく似ているなぁと思いました。それとも「はせべえ」がリングルプロジェクトだったのでしょうか。よくわからないまま帰ってきました。

投稿: kkc | 2008年8月24日 (日) 20時35分

>kkcさん
そういえば「錦」に似てる気もしますね。
結局「はせべえ」は伺えませんでしたが、
同じような味だったのでしょうか?

投稿: ライダーマン | 2008年8月24日 (日) 22時29分

こんにちわ。

面白い店名ですね。良く考えれば動物系の部分にこだわった感じが伺えますよね。

しかし短すぎる麺とは…。短すぎると感じる麺には当たったことがないので、濃厚なスープと合わせて興味大です。

しかし赤羽は中々行かないしなぁ。

投稿: キャー | 2008年8月25日 (月) 12時30分

>キャーさん
まあインパクトのある店名ですね。
麺については私、結構啜り心地の良いほうが好きなので、
更に短く感じてしまったかも。

赤羽にも結構らーめん店がありますので是非。

投稿: ライダーマン | 2008年8月25日 (月) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/42233652

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】麺屋 ぶひひ(赤羽):

» 麺屋ぶひひ@赤羽 [らーめん行脚 by kkc]
=== 『麺屋ぶひひ』@赤羽 ===  このブログではとてもその方の人となりを詳しく記すことはできませんが、私の元同僚に○○さんというたいへんすばらしい方がいらっしゃいました。すでに転勤されているのですが、たくさんの伝説をお持ちで今でも職場の話題に上る方でいらっしゃいます。  みなさんからとても慕われている方だったので、陰でみんなから「ぶひぶひ」というあだ名で呼ばれていました。もちろんご当人はご存じありませんが…。  赤羽に『ぶひひ』という新店ができたと聞いて真っ先に思いついた..... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 20時35分

» 麺屋 ぶひひ@赤羽 [両国のダイビングショップオーナーの日記]
本日もオレッチお店で学科講習担当&ダイビングコース受付&説明があるので、その前に食べ歩きを! ネットで調べた営業時間に到着したのですが、なぜか開いていない・・・。 お店番の時間ギリギリになるのを覚悟して、買い物をしながら11時半まで待ってみたら、シャッ....... [続きを読む]

受信: 2008年8月24日 (日) 23時38分

« 蒙古タンメン中本(御徒町) | トップページ | 新横浜ラーメン博物館その1(新横浜) »