« 伊藤(王子神谷) | トップページ | づゅる麺 池田(目黒) »

2008年4月20日 (日)

【閉店】ぎょうてんらーめん(目黒)

訪問日=4月14日(月) 曇り

メニュー=カルボ郎レギュラー

Mgyotenkarubo1目黒にある「ぎょうてんらーめん」が4/14に閉店らしい。「ぎょうてん屋」の頃に行っているが「ぎょうてんらーめん」になってからはまだ伺ってなかった。と言うわけで最終日に行ってみることに。

店前の幕には沢山のメニューが紹介されている。今回選んだのは「カルボ郎」、以前町田の「ぎょうてん屋」で「イタ郎」を注文しており、これが結構好みであった。

今回も結構な期待で「カルボ郎」をお願いする。ただホールの女性が厨房に「ぎ郎」と通していたので確認すると、「カルボ郎はぎ郎」とのこと、そうなの?店内用語だったのだろうか?

Mgyotenkarubo2 しばし待って提供の「カルボ郎」、上に玉子の黄身が乗って提供された。提供時、よく混ぜてとの案内を受ける。まぜまぜっと、さてその一杯、コシのある太麺は食感が良い。混ぜて麺とタレを絡め、もやしと一緒に頂いていく。

タレは生クリームの味わい、コクはあるが以外とあっさりした印象を持った。玉子の黄身がもう少し多ければ、こってりした印象になったかもしれない。でもこのメニューもおもしろいなあ、引き続きもやしと麺を食べ進む。

チャーシューは大きく、柔らかい。でも噛み応えもあり、そういえば町田店で食べたときもチャーシューはかなり好みであった。

そして完食、どちらかと言えば町田店で食べた「イタ郎」の方が好きかもしれないが、でも今回の一杯も満足できた。頼んでみたいメニューもあったが(華麗なる汁なし:カレー入りとか)、でもこちらはこの日4/14で閉店、うーん残念。

そういえばこの日は常連さん風の方達も多数おり、中の一人は悲しくてらーめんがよく見えなかった言っていた。その目にきらりとひかる悲しみの粒はまるで見えなかったが、でも無くなって寂しいのは本当だろう。

到着=11:24 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=生クリームの味 お気に入り度=7

|

« 伊藤(王子神谷) | トップページ | づゅる麺 池田(目黒) »

コメント

私も閉店が残念で仕方ないです。。。
伊勢原に行けばいいのでしょうけどねえ。。。

ホールの伊藤さんは、まず麺の太さ、量、ゆで加減を厨房に伝えます。
「ぎ郎」と言えば、汁なし、汁あり、つけ、ぎ郎全般の麺になりますので、、、、
厨房ではチケットを見て、メニューを判断し、制作していましたね。

店の前は現在道路拡幅工事中です。あれでは店に入れませんね。
3年後には五反田当たりまで首都高中央トンネルが延びますのでその影響でしょうね。

投稿: ぼぶ | 2008年4月20日 (日) 09時22分

>ぼぶさん
やはりぼぶさんをはじめ閉店を残念に思っている人は多いようですね。
そういえば伊藤さんには麺の太さなどいろいろ聞かれました。
随分たくさん聞くんだなあ、という印象を受けました。

投稿: ライダーマン | 2008年4月20日 (日) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/40930984

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】ぎょうてんらーめん(目黒):

« 伊藤(王子神谷) | トップページ | づゅる麺 池田(目黒) »