« 【閉店】べんてん(高田馬場) | トップページ | 麺屋武蔵武骨外伝(渋谷) »

2008年3月25日 (火)

凪(渋谷)

訪問日=3月21日(金) 曇り

メニュー=ギガ豚+サービスライス+替玉

Nagigb

渋谷で良い時間に昼時を迎える、それならラーメンだな、というわけで脳内DBを回して候補店を検索する。こりゃ久々に「凪」じゃん、というわけで坂をあがって「凪」に入ることに。

今回、凪で頂くことにしたのは「ギガ豚」、表示には「テラ豚」というのもあったので念のために注文出来るのか聞いてみたが、作ってないとのこと。これは表示だけのシャレって感じのようだ。

ちなみにメニューにはほかに「メガ豚骨」というのもある(こちらは注文可)。それにしてもその昔ファミコンやパソコンで「メガ」というのはかなりの容量であったが今や「ギガ」だ「テラ」だと、すさまじい。友達の家でやったMSXのテープ読みとりの光景が懐かしい・・・。

さてそんなどうでもいい話はどうでもいいわけで、らーめん提供である。注文時にかなりどろどろしていると聞いていたが、まさにどろっどろのスープであった。

以外にも魚介の効いた味わいは動物系のうまみも濃厚な味わい、煮干しの風味も強く感じられる。どろどろ具合と共にかなり濃い味であるが、案外問題なく食べ進む。でもこのどろどろ具合はすごいなあ。麺には否応無くスープが絡まる。

Nagigbkae その麺は細目、絡まったスープで茶色く見える。これはライスと一緒に食べられる味であった。麺を食べ終わり替玉を注文、まあこれだけ濃ければ替玉を10回頼んでも味は薄まらないだろう。いや5回くらいでスープが麺に絡まりすぎて無くなっているはず。

チャーシューは肉厚でこちらも存在感あり。結局替え玉は1度で切り上げ、残ったスープにライスを、と思ったがこのスープを完飲するのは怖いので、ライスの器にスープを入れることに。その味も堪能しフィニッシュ、残ったスープはもったいないが、午後の仕事のため半分程度残して店を後にした。

かなりインパクトのある一杯、食後目の前のコンビニで「黒烏龍茶」を購入し飲んでおいたが、今回のラーメンにその効果は未知数である。

到着=12:01 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=魚介の効いたどろっどろの豚骨 お気に入り度=8

|

« 【閉店】べんてん(高田馬場) | トップページ | 麺屋武蔵武骨外伝(渋谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/40642429

この記事へのトラックバック一覧です: 凪(渋谷):

« 【閉店】べんてん(高田馬場) | トップページ | 麺屋武蔵武骨外伝(渋谷) »