« 中華西銀座 大王(銀座一丁目) | トップページ | 麺屋 ごとう(池袋) »

2008年3月29日 (土)

頑者(本川越)

訪問日=3月25日(火) 晴れ

メニュー=辛つけめん大盛り

Ganjyakaratuke

久々の「頑者」は並んだ時点で入店が次の次のロットと判った、結構待ちそうだ(こちらは食後総入替入店の店)。1ロット進み、次のロットももう少し、でも何人か出てきたがそのあとが随分開く。

そうするうちに自分のロットにいるらーめん注文の方が先に入店しだした(通常は中の客がいなくなった時点で次のロットの客が一斉に入店)。前のロットはゆっくり食べる方が結構いたようだ。その後つけ麺の注文者も中に入りだし、やっと自分ほか残りの数人も中に入ることに。

でも前のロットで2人がまだ食事中、店の中で自分のほか何人かが待つことになった。店の方もその2人をかなり気にしている感じ、その2人はかなりのプレッシャーの中で食べていたのではないだろうか。

小学生の時に給食時間がおわり、掃除の時間になっても食べ続けている友達を思いだした。やっと食べ終わり、通常とは違い店の外で会計をすることになって出ていった2人、大盛りだったのかなあ?

席に着くと、その時点でつけスープが提供され、麺もすぐに出てきた。急いで水をコップに汲んで席に戻り、さて食べ始めよう。

やはり麺は太い、かなりのコシがある麺で歯にぐいぐいくる食感、この麺はかなり好みのタイプである。

つけスープは魚介の効いた味わい。スープのうまみも口の中に広がる、魚粉のざらざら感も特徴的であった。辛みも結構あるが辛みがあってもうまみは損なわれない。麺とつけスープでとても幸せな時間を数分過ごすことが出来る。

いつまでも食べていたい気持ちがありながら、でもあっという間に完食してしまった。スープ割りまで堪能して店を出た。店の外にはまっだまだ沢山の待ち客、この人気は当分続くことであろう。

到着=11:35 待ち時間=51分 行列=29人

麺=太麺 スープ=魚介の効いたコクのある醤油味 お気に入り度=10

|

« 中華西銀座 大王(銀座一丁目) | トップページ | 麺屋 ごとう(池袋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/40679802

この記事へのトラックバック一覧です: 頑者(本川越):

« 中華西銀座 大王(銀座一丁目) | トップページ | 麺屋 ごとう(池袋) »