« ラーメン マキタ(川崎) | トップページ | 燦燦斗(東十条) »

2008年1月24日 (木)

前略っ。つけそばまるきゅう(池袋)

訪問日=1月20日(日) 曇り

メニュー=半肉塩玉つけそば大盛り

Marukyusio2

前回の訪問時に頂いた「つけそば」がとても気に入り、再訪を強く(自分に)望んでいたこちらの店に伺ってみた。

実はこの日、最初は復活の「東池袋大勝軒」を訪れていた。店の前を見て長蛇の列を確認したがまあこれくらいはいるだろう、という感じ。対面の歩道から向かいに渡る信号まで伸びている人数を数えながら歩くとその数ざっと50人。しかしその列がさらに角を曲がりその先にも伸びているのを見てさすがに諦めた。また平日に休みが取れたときにでも伺おう。

さて話は「まるきゅう」に戻る。店内に入り券売機で券を買う、今回は期待を込めて「半肉大盛り」にすることに。玉子も頼もうか迷ったが、今回はやめることにした。席は大体半分くらいの入り、でもすぐにほぼ満席状態になっていった。

ちなみにこちらにはテレビが設置されているのだがそこでは「ゲームセンターCX」が流れている。確か「魂斗羅」の攻略中。座った席の上には「チャレンジャー」というゲームのカセット有り、前回伺った時にも気になり、思わず「Wii」でネットダウンロードしてしまった。そのくそゲーぶりに妙に納得したりしたゲームである。

さて結構待って提供の麺、丼一杯に盛られている、大盛りはさすがに大盛りという感じ、その麺はコシのあるタイプ、前回ほどがしっとくる麺の固さではないが、でもこれも好きなタイプである。

つけスープは前回頂いたときより塩のつけめんというのをはっきり感じる味になっていた。コクがある味わいはしつこさのない味であった。

チャーシューはローストポークを薄く切った感じ、といってもこのチャーシュー、食感が良くまた香りもいい。麺をスープにつけて食べ進む、さすがに冬場、つけスープは早めに温くなってきた。でもつけスープが温いのは個人的には問題なし、ただ大盛りのため最後の方では冷たい、と感じる温度になってしまった。これはさすがにつらいかも。

最後にスープ割りを頂く。温かくなったスープは飲んで満足、しかも角切りチャーシューが追加サービスされた。こちらではスープ割りは必須である。

さすがに2度目のため、最初の時のような感動は無かったが、でも塩つけとしては好きな味であった。

到着=12:28 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=コクのある塩のつけスープ お気に入り度=7

|

« ラーメン マキタ(川崎) | トップページ | 燦燦斗(東十条) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/17823965

この記事へのトラックバック一覧です: 前略っ。つけそばまるきゅう(池袋):

« ラーメン マキタ(川崎) | トップページ | 燦燦斗(東十条) »