« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

らーめん しおの風(竹ノ塚)

訪問日=11月24日(土) 晴れ

メニュー=塩らーめん

Sionokazesio

実はこの日ホントは仕事の予定であった。でも確認したらその仕事は明日になりそうな感じ、じゃあらーめんで!!というわけで喜び勇んで走る環七の道である。

この日まず伺ったのは「アリオ西新井」、ちょっと映画を見ようと思っていた。予約も済んでらーめんを、「椿」の行列が気になりながらバイクを走らせる。

そんな中伺ったのは「しおの風」、店名からして塩の専門店かと思ったがさすがに醤油もあるようだ。でも当然注文は塩を選択、熟成塩というメニューは魚介白湯とあり、激しく心をふるわすビートを感じながら、でも注文は「塩らーめん」にしておいた。店内にはジャズが流れている、むむ、油断ならず。

ホールの若い女性に注文を通すとあっと言う間に注文の品が提供された。そのらーめん、細目の麺は適度なコシで喉越しも良いタイプである。スープは塩ながらコクのある味わい、うまみも十分、油の量は調整可能のようだが今回普通でお願いした。いやさこれでよし、もっと少なくても良かったかも。

らーめんには珍しい食材である麩もふわふわ食感が面白い。まあ次回来たときに無くなっていても判らないかもしれないが。メンマは細目でシャキシャキした食感、柔らかいタケノコみたいな感じであった。チャーシューは柔らかくほろほろとした感じ。結構堪能できた一杯であった。

到着=12:24 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=コクのある塩味 お気に入り度=7

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

中華そば ゼットン(池袋:目白)

訪問日=11月23日(金)祝日 晴れ

メニュー=中華そば並盛

Zettonramen

先日伺うも大行列に恐れをなし退散した「ゼットン」に再訪した。今回時間に余裕有り、矢でも鉄砲でも持ってきやがれてぇんだいチキショウメ!(ちゃきちゃきの徳島っ子)。

そうはいってもものすごく待つ、30分経ったところで15人待ちとはどういうことなのだろう?でも途中からすこぶる回転がよくなった、食べるのが遅い組でもいたのかな?座ってからのらーめん提供も早かった。そういえば前回と違い今回店の方は4名体制、調理は早いようである。

そして提供の「中華そば」、麺は前回のつけ麺より大分細い、でもコシがありもちっとした麺は噛み応えもある。この麺も良い。スープはコクのある醤油味、魚介も効いているスープは無化調らしいがでも味ははっきりしており満足度は高い。

U-M「中華そば」も好みの味である。メンマは大きく太い、でも柔らかくくさみもない。チャーシューも大きいものが2枚、これでいくらだっけ?650円だった。

つけも良いが中華そばも満足度は高め、でも次回はつけかなあ、迷うなあ。帰る頃にもまだ行列はあり、この列はまだしばらくつづきそう、今度も時間に余裕のあるとき、もしくはゼットンに行くんだ!!!と「!」が3つくらい気合いがはいったときに再訪することにしよう。

到着=13:58 待ち時間=55分 行列=約20人(店内行列人数よく判らない)

麺=中太麺 スープ=魚介も効いたコクのある醤油 お気に入り度=8

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

【閉店】なんつッ亭(池袋)

訪問日=11月23日(金)祝日 晴れ

メニュー=らーめん

Nantu4ramen池袋に出来た「なんつッ亭」の新店、最近オープンしたばかりのこちらの店は、どれくらいの行列があるのかちょっと怖い気もしていた。でも店前に並びは無し、ただ店内には9人の待ち客がおり自分も店内の並びに加わった。いや2、30人いたらどうしようと思っていたが良かった。

待っている間に周りを見回すと壁には「店内禁煙」の看板、そして「立ちション禁止」の看板も、まあそんな強者はいないだろうけど。

そして「つけ麺食法講座」なる案内も、それによると食べ方は「つけダレは濃いめに仕上げているので麺の下半分につけて一気にすする」らしい。そういえば以前川崎の店で食べたときに感じたことはこういうことだったのかもしれない。川崎の店にもこの食べ方案内があったのかも。

でも今回の注文はらーめん、ちょっと待って提供のそのらーめん、最初に写真を撮って良いか聞いたら、提供したらお客様のものなのでどうぞ、とのこと、なるほど。

中細のストレート麺はもっちりした食感、自分にはちょうど良い固さだが、人によっては柔らかいと感じるかも。そしてスープはマー油の効いた豚骨スープ、マー油の香ばしさはあるが焦げ臭さはなく良い風味。以前マー油は苦手、というか焦げた風味が苦手だったのだが最近はどこで食べてもあまり気にならなくなっている。

スープは塩気がちょっと強めの味、他の「なんつッ亭」でもコクはこんなものだったかな?でも十分好みと言える味であった。細目のもやしは食感良い。

こちらの「なんつッ亭」はまだオープンしたばかり、今後もっとおいしい店になっていくのではないかと感じた。ちなみに食事中には行列は20人以上に伸びていた、今日はついていたようだ。

到着=13:09 待ち時間=8分 行列=9人

麺=中細麺 スープ=マー油の効いた豚骨スープ お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手打らーめん 満月(赤羽)

訪問日=11月23日(金)祝日 晴れ

メニュー=ざるらーめん

Mangetutuke

赤羽には頻繁に訪れているが、でもその赤羽にある「満月」に行ったのはもう10年くらい前の話になるだろう。まだらーめんの食べ歩きをする前の話である。そんな「満月」のことを最近「うらちゃん」さんのブログで見て思い出した、これは久々に行かなくては。

すでに場所の記憶も無く「とらさんサーチ」で調べてから赤羽を降りた。店の近くまで来るとさすがに思い出す、そうそうこの通りを曲がるんだった。店前には並びあり、3名客なのでタイミングか?と思ったら店内も混雑しており空席は無い。

Mangetutanuki しばらく待って狸前のカウンター席に座る。最初温かいメニューにしようと思っていたが、近くで食べる少年が「ざるらーめん」を食べており、その食べる姿がうまそうで、思わず真似して注文してしまった。待っている間に店内を見回すと壁に「KinKi Kids」の写真が掲示、テレビで出たようだ。「それ行けKinki大放送」H9.3.22放送って10年前じゃん。

そして提供のメニュー、しまった!冷たい麺は良いが、しかし冷たいつけダレであった、あいたたた。この日は寒く、また自分の好みとしてもこれまで冷たいつけダレで好みと思ったのはわずかしかない。

気を取り直してまずは麺を、コシのある平麺はぴろぴろした食感が良い、薄目の平打ちは口の中に引っかかる感じもなく良い感触である。この麺は好み。

Mangetumenu1そしてどきどきしながらつけて食べたつけダレはうまみのある醤油でちょっと甘みもある。麺とも合ってこの味わいは結構良いかも(ちょっと自分の好みとしては以外)。ショウガやネギを入れさらに食べ進む。

するっと完食してしまったこのメニュー、結構満足した。でもやはり温かいメニューの方が良かったかも。このメニューは夏場に最適のような気がした。

到着=12:16 待ち時間=10分 行列=3人

麺=中太平麺 スープ=あっさりした醤油、冷たい お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

麺処 夕(鶯谷)

訪問日=11月22日(木) 晴れ

メニュー=濃つけ

Yutuke

飲みの後は締めないと!締めにはやっぱりらーめんを、この時間にいける店となるとどこだろう?そうだ「夕」だ、「遊」は何度か伺っているがその「遊」の夜の部である「夕」ははじめての訪問になる。

入り口の券売機で「中華そば」を買おうと思ったが「夕」限定らしい「濃つけ」を選択した。厨房を背にしたカウンターに座って注文の品を待つ、そして提供。

やはり硬めの麺、結構平たい麺はがしっと噛み応えがある。つけスープはやはり煮干しが効いている味わい、でも動物系のコクもかなりすごい味わい、この味も好きなものであった。

この味のラーメンも食べてみたい気がする。そうこうするうちにずるずるっと麺は跡形もなく消えてしまった(つまり胃に消え去った)。大盛りでも良かったか、最後にスープ割りまで堪能した。食べ終えてかなり満足したが、でもまた「中華そば」も食べてみたい。

その後鶯谷近辺をぶらぶら、怪しい不陰気も堪能しながら、おお「哲学堂」発見、もう何年も前に行ったきりだなあ。今回はやめたが、今度また行ってみようかな。

到着=20:07 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平麺 スープ=煮干しも効いた醤油 お気に入り度=8

| | コメント (2) | トラックバック (1)

【閉店】焼豚ソバ 黒ナベ(東池袋)

訪問日=11月22日(木) 晴れ

メニュー=焼豚ソバ並+半熟玉子

Kuronaberamen有楽町線東池袋駅を降りる、地図を片手にどこだろうと見回すと不意に見つけた感じでお店が合った。ちょっと小さめの店、店に入りカウンターに座る。メニューは「焼豚ソバ」の並と大盛、そして特大のみとわかり易い、今回は並でお願いした。

ちなみにこちらは前金制とのことでその時点で800円を支払った。ちょっと高いかも、と思ったが提供の「焼豚ソバ」はチャーシューが沢山、メニュー名はそのままチャーシューメンということのようだ。

提供時に混ぜて食べるように指示が有る、指示通り混ぜるその前にまずスープを一口、濃い味でコクのあるスープ、かなりがつんとくる味であった。これはタレの効きもかなり強い味わいのようだ。

その後、今度は言いつけどおり混ぜてから麺を口に入れる、すると先ほどの味にコショウの刺激が強い味に変化した。インパクトのある味だがでも混ぜない味のほうが好きかも。

麺はコシのある太麺、もちっとした感じもありこれも結構好きなタイプである。チャーシューはやはり多い、800円チャーシューメンとしては納得という感じ。他のトッピングのねぎ、これが随分大きく、さすがに食べづらい。

でも味は結構満足できた一杯であった。ちなみにこの後「なんつッ亭」に行こうと思ったら仕事の電話で断念、とほほ。

到着=13:34 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=濃い味の醤油 お気に入り度=7

| | コメント (8) | トラックバック (6)

2007年11月24日 (土)

中華そば おかべ(川崎)

訪問日=11月20日(火) 曇り

メニュー=味玉つけ麺大盛り

Okabetuke先日伺ったこちらの店、その時はお休みだったので今回再訪した。こちらの店はホテルの一階で営業している、というわけで店にはホテルのフロント前を通って入ることになる(フロントには誰もいなかったけど)。

店に入りカウンターに座る、最初「中華そば」を頼んだが、壁の「当店一番人気」の文字に惹かれて「つけ麺」に変更してもらった。でも隣の方の「中華そば」が運ばれてきたとき、一緒に煮干しの香りも運ばれてきた、うまそー、でもいいや今回は「つけ麺」だ。

Okabemenu その「つけ麺」が運ばれたときに酸味の効いた香りがしてきた、しまったか。酸味の強いつけスープは苦手だったりする。でも食べてみると酸味はそれほどでも無く、いやこのつけスープ、煮干しの風味とうまみのある味わいに動物系のコクも効いておりかなり好きな味わいのつけスープである。

麺は太めでコシがあり、また喉越しも良い、大盛りにして正解であった。つけスープと麺の相性も良い。好みとして敬遠する食材であるもやし、でもひげと豆が取られており食感が良い、このもやしはけして敬遠しない。

かなりの満足感、最後のスープ割りはぬるかったが、でも来てほんと良かったと思える味だった。店を出て、再訪を心に誓う駅への道、次は「中華そば」を注文だ!

到着=12:50 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=煮干しも効いた醤油、酸味有り お気に入り度=8

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年11月23日 (金)

らーめん家 一歩(南阿佐ヶ谷:遠い)

訪問日=11月18日(日) 晴れ

メニュー=博多らーめん+味玉

Ipporamen

結局この日3連食を決行、まだ未訪であった「一歩」に伺った。結構待ったあと入店、店内はらーめんだけでなくチャーハンを食べる人も多い。

注文を素晴らしい笑顔の奥さん(多分)に通して到着を待つ。店主氏1人でチャーハンの鍋を振るい、らーめんも作るようなのでタイミングによって提供時間は結構かかるようだ。

そして提供、博多らーめんと表示のあったこのらーめん、やはり細麺で硬めの茹で上がり、粉の食感も感じるものだった。以外とあっさりめの豚骨スープはでも塩気はある感じ、なんだかこの味、結構いいかも。

麺を食べ終えた後に替え玉も考えたがさすがに3食目なのでやめておいた。それにしてもやはりチャーハンもうまそう、らーめんに納豆チャーハンなんてのも魅力的だなあ。

会計後、またしても素晴らしい笑顔で送り出して頂いた、綺麗だとかそういうことではなく、うむ、元気になる感じだね。

到着=13:17 待ち時間=33分 行列=9人

麺=細麺 スープ=豚骨スープ お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめん新源地(三鷹)

訪問日=11月18日(日) 晴れ

メニュー=らーめん(豚骨魚介のマイルドWスープ)

Singentiramen

「勘九郎」のあとはこちらの店に移動、今回はバイクで移動したのだがでも歩きなら駅からは結構距離がありそうだ。店の入り口には「本日は豚骨魚介のマイルドWスープ」の表示、この店は曜日でスープが変わるらしい、なんて手間の掛かることを・・・。

店にはいるとかなり年輩の方が席に案内してくれる、厨房内には比較的若い方がおりこちらの方が店主で年輩の方はお父さん?という構図を頭に描いた。

もう1人厨房内には女性がいたがこちらはお母さんか?でも後ろ姿しか見てないので年齢はよく判らないけど。厨房内には強大な寸胴がいくつかあり、女性はそれを混ぜていた。

そして提供のらーめん、麺を一口ずるり。太めで平たい麺はもちもちした食感でコシがある。らーめんとしてはあっさりした感じに思えた。

そこでスープを木のスプーンで一口、濃い味では無いものの魚介と動物系のうまみがバランス良く味わえるスープ、これはかなり好きな味。でも麺を食べるとそのうまみが弱い感じ、麺とスープがあまり絡まないのか?

チャーシューは大きめ2つ、これはちょっとうれしい。そして「しめじ」が面白いアクセントになる。やはりスープが良い、実は3連食を狙っていたのでやめようと思ったのに、でもスープを完飲してしまった。

他の曜日の味はどうだろう?ちょっと気になるが、ふと思ったのはもしかしてこの麺は他のスープにばっちり合うものだったりして、なんて。

到着=12:39 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=魚介も効いた豚骨醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月22日 (木)

麺屋 勘九郎(吉祥寺)

訪問日=11月18日(日) 晴れ

メニュー=勘九郎らぁめん

Kankuroramen

吉祥寺駅近くに出来たお店、こちらの店は階段を降りた場所にある。お洒落な店内はBMGにジャズが流れ、店員さんも若い方が多く、接客の女性も綺麗な方だったりして。テーブルセットも凝った感じ、厨房もガラスに仕切られた上で丸見えとラーメン屋さんとしては珍しく感じた。

京都醤油とんこつという今回注文のメニュー、京都のらーめんとなればこってりしたらーめんかと思ったら以外とあっさりした醤油味であった。

このスープ動物系のうまみがすっと入ってくる感じ、でも澄んだ醤油という感じでは無いかも。京都のらーめんというより京風という感じなのかな?

麺は中太の少し平たいもの、適度なコシがあり喉越しも良い。

ただメンマは風味があまり良くない、初めて食べるような風味でこれは自分には合わず、珍しく残してしまった。思わずどうしたの?という感じ。またチャーシューも豚の風味がちょっと強すぎる、これも自分には合わないと思ってしまった。

すごいというほどでもないが麺とスープは結構良かった。でもメンマとチャーシューが・・・。

到着=12:11 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中太麺 スープ=あっさりめの豚骨醤油 お気に入り度=6

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年11月21日 (水)

背脂ラーメンきくちゃん(小岩・新小岩:遠い)

訪問日=11月17日(土) 曇り

メニュー=ラーメン

Kikutyanramen

「長谷川」の後に移動はこちらの店、店名からしても背脂がたっぷり入った店なのだろう。店は正面から見て一面にガラス戸があり、左端のガラス戸を入ると券売機がある。そのガラス戸に面して長いカウンター席があり、その向こうが大きめの厨房という構成、こういった店内の構成は結構見たことがある。

厨房内には浅草開化楼の麺箱、勢いのある感じの店主(多分)とちょっとおとなしめの方の二人で営業しているようだ。券売機で券を買い、店の方に渡す、そしてカウンター席に座りラーメンを待つ。

待ちながら作業を見ていると厨房内のテーブルには2つ丼が置かれ、らーめんがつくられていく。もやしがどっさり乗せられたラーメン、誰かヤサイ増しでもしたのかな?おっと自分のだった(これがデフォルトか)。

さてそのラーメン、背脂たっぷりの醤油味でうまみも十分、背脂の甘みも感じる味わいであった。麺は中太の縮れたもの、適度なコシがありスープ絡まる。もやしはどっさり、ざくざくした食感、ねぎも沢山入っている。

量も多かったのでニンニク追加し風味増し、コショウも追加して、と結構味の変化を楽しんだ。量は多く連食であったが問題なく完食、背脂らーめんはあまり食べないが、でもこちらは食べて満足感を頂いた一杯であった。

到着=13:10 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太ちぢれ麺 スープ=背脂大量のコクのある醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

麺工房 長谷川(新小岩:遠め)

訪問日=11月17日(土) 曇り

メニュー=らー麺+玉子

Hasegawaramen

日曜日が定休日らしく、なかなか伺えなかったこちらの店、今回やっと訪問することとなった。

店に入りカウンターに座る、メニュー表を見ると一番右が「つけ麺」になっている、売りは「つけ麺」か?と思ったが、でも寒空の下、バイクで疾走してきて、冷えた身体が「らー麺」を選択することをせがんでいる、負けたー。という訳で「らー麺」でお願いした。

そして提供、暖かいスープが身体を温めてくれてうれしい。さてそのスープ動物系のうまみが効いたスープ、魚介も効いた味わいである。コクもあるがしつこさは無い、このスープは好きな味であった。なんだかよくある豚骨魚介とはちょっと違う感じがした。

Hasegawamenu 麺はもちもちした中太、適度にコシがありスープにも合っている。チャーシューはスープで暖まり柔らかく、肉のうまみを感じるもの。メンマは穂先メンマ、食感は良いけど風味はまあまあかも。

こちらの店は若い店主が1人で接客・受注・調理・会計と大変そう。そのためか繊細に作っている感じではないが、でも大変満足の味であった。これはつけ麺も是非食べてみたいところである。

到着=12:37 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=中太麺 スープ=魚介も効いた豚骨醤油 お気に入り度=8

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年11月19日 (月)

ほりうち(新宿)

訪問日=11月16日(金) 晴れ

メニュー=チャーシューざるラーメン大盛り

Horiutitzarutya

「満来」が以前あった場所からすぐ近くに移転、そしてオーナーが引退、でもその時に店にいた方が「ほりうち」として営業はじめる、ということがおこったこちらの店に今回伺った。実は移転した「満来」には伺ったことが無いので「ほりうち」になる際に変更があったかは判らない。

店前には数名の行列、でも回転は速くさほど待たずに店にはいることが出来た。店前のメニュー表にもあったが「チャーシューメン」はお休み中、またあのばかでっかいチャーシューにかぶりつきたかったがしょうがない、今回は「チャーざる大盛り」にしておこう。

座ってあまり待たずに提供のざるラーメン、麺はてんこ盛りで出てきている。ぴろぴろとした平麺は適度なコシがありまた喉越しもよし。

つけスープはうまみのある醤油味、酸味も効いている味わい。なにかの出汁が突出して効いているという感じではないがうまみがあり、この味は好みだったりする。

チャーシューはやはり良い、噛み応えがある、でもジューシー、肉を食ってるぞ、という実感もわく。でもやはり久しぶりにチャーシューメンが食べたい。

お腹も満腹になり店を出た。ちなみにこの日の帰り、移転前の「満来」付近で貫禄のあるおじさんに声を掛けられた。「満来」は無くなってしまったのかを聞かれたので、事情を説明し、今の場所を教えてあげた。オーナー引退を伝えるとちょい迷ったようだが行ってみるとのこと、以前の常連さんぽかったが、今の「ほりうち」食べてみてどうだったであろうか?

到着=11:51 待ち時間=9分 行列=7人

麺=中太平麺 スープ=コクの有るしょうゆ味、酸味あり お気に入り度=8

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年11月18日 (日)

高はし(赤羽)

訪問日=11月15日(木) 晴れ

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

この日は平日、しかも早い時間だから余裕かと思ったら行列多いねえ、でも常連が多いのか回転が異常に早い。たぶんこれは常連は注文のメニューが決まっており店には入る前に店主が麺を茹ではじめているからではなかろうか。そうでもなければ太麺で茹で時間が掛かるのにこんなに開店が良いわけない。

Takahasikonamon店に近づいたときに入り口付近にある麺箱上に「コナ博でっせ」という小冊子を発見、読みたかったが回転が早かったのでほとんど読めなかった。

さて今回の半肉入りつけそばの大盛りに玉子(通称半肉大盛り玉子)は、あっさりめの味わい、でもうまみはあるものであった。動物系と魚介の味わいがやはり効いている。

麺は当然のごとく硬めの茹で上がり、コリコリした麺はいつもの「高はし」を食っているという気にさせてくれる。今回は魚粉を投入、その風味の増した味わいも良し。さくっと完食して店を出る。

たまには平日に来るのもいいかも。ちなみの今月の休みは10日と24日の土曜日になるようだ。そういえばとらさんスケジュールに17日も休みとなっていたが、休みが増えたのかな?(まあいまさらだけど)。

到着=11:15 待ち時間=16分 行列=11人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油 お気に入り度=9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ど・みそ(銀座1丁目)

訪問日=11月14日(水) 晴れ

メニュー=特みそこってりらーめん(コーン抜き)

Domisotokumiso

前回訪問は1月のこと、今度は空いてそうな時間に行って挨拶させてもらおうと思っていた。今回店への到着は11時、開店時間に行こうと思ったのだが、入り口にはすでに待ち客あり、なんと。

店に到着と同時に即オープンになり店内に入ることになった。券売機で見ると新麺になったらしい、カウンターに座り 券を渡して待つことに。といっても最初のロットなので提供は素早くおこなわれた。

やはりコクのある味噌スープは背脂の甘みもあり、でもしつこくない味わい。うまみも十分、やはり味噌らーめんでは数少ない食べたいと思える店である。

麺はコシが有り、固めながら結構喉越しも良く食感も良い、もやしは大量に入っているがその食感にあっても麺の存在感は失われない。

ちなみに普段もやしは欲しないほうなのだが、でもこのスープにはもやしがあう。

やはり好きな味だった。開店後すぐに満席になったこちらの店、結構緊張感も漂い、忙しそうだったので今回も挨拶を見送った。次回は、といってももう人気店になっている模様、暇な時間というのはなさそうな気もする。

そういえば先日、テレビで大行列しているのを見たこともあり、ちょっと歩けば行ける店なんだけど、なかなか休み時間に帰れなさそなので平日には行きづらくなったかも。今度は外出で時間の合ったときにでも行ってみようか。

到着=11:00 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=背脂大量のコクがありまろやかな味噌 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

光そば(京成八幡・本八幡)

訪問日=11月12日(月) 晴れ

メニュー=中華そば+味たま

Hikarityukasoba

「魂麺」のあと、京成八幡駅に近い「光そば」を訪問した。店の入り口にある雑誌か何かの切り抜きには千葉で10位という評価を取っている店らしい。カウンター席に座り、券売機で買った券を渡した。

到着の「らーめん」、魚介の効いた醤油味は、節の風味を感じる味わい、ちょっと甘みも感じるスープになっている。この味、結構好きかも。

麺は太め、つるっと入っていく感じ、コシもある。もやしは沢山の提供状況、まあ個人的にはあまりいらないんだけど。

券売機近くに張り紙があり、濃い味ではなくいつも食べられる味を目指した、というようなことを書いてあった。確かにこの味のために本八幡までということではないが、多分職場の近くにあれば有力な昼飯候補となる店であろう。

この味はもう一度食べたほうがもっと好きになる味かもしれない。

到着=13:24 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介の効いた醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

魂麺(本八幡)

訪問日=11月12日(月) 晴れ

メニュー=塩太魂

Matuisiofuto

本八幡でらーめんを、候補は複数あるも今回は「魂麺」にいってみた(情報を頂いた、当初「魂麺まつい」と書いていたが店名は「魂麺」になったらしい、という訳で修正)。何度か来ているこちらの店、いつもは「太魂」を食べていたが今回は違うのにしてみようと思った。「魚魂」?魚介が効いてそうなメニュー、非常に気になったが夜のみ限定(20食)であった、残念。

ではということで選んだのが「塩太魂」、こちらの塩はやっぱり良いんだろうな、と思ったがでも太魂とつくということは太麺なのだろう、塩に合うのかな、という興味から。

提供の「塩太魂」、最初に写真を撮って良いか確認したら「私、それともらーめん?」と聞かれた、確かに店の方はかっこいいとは思ったが、特に男に興味を持つ方でも無いので今回はらーめんでお願いした。

その「塩太魂」、味はすごい濃い味、というものではない。でもコクがある塩味はうまみもあってこれは良い味、とても好きな味である。そして太い麺はなんだかスープに合っている、つるつるした麺だがじんわりスープが絡まり満足度も高い。細麺でも合いそうだが、こちらも問題はない。

チャーシューは食感が良いけど塩にはちょっと味が濃いかも。でもかなりこの一杯好みの味であった。多分次回は「太魂」と迷うかもしれない、大盛りでも良かったか。

到着=13:04 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=コクのある塩 お気に入り度=9

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月15日 (木)

らーめん専門店 台風(茗荷谷)

訪問日=11月11日(日) 曇り

メニュー=らーめん

Taifuramen2

「やまべえ」の後に「台風」を再訪してみた。この日最初に予定していたのは「ゼットン」のあとに「台風」に行くというもの、予定は半分達成できたことになる。と言ってもこちらも行列、でもそれほどいなかったので列の後ろで自分の出番を待つことにする。

ちょっと待って店に入り、券売機で券を買った。その際ボタンに気になる表記「まぜつけ」とはなんぞや?店の方に聞くとらーめん用とつけめん用が合わさった麺が提供されるつけめんらしい、とても惹かれるものを感じたが500gという麺の量を聞いてやめておいた。連食2杯目、でなければ頼んでたな。

提供の「らーめん」、もう見るからに濃厚そう、さてそのスープは魚介と動物系が強く効いた醤油味、うまみも抜群にあり満足度は高い。とろみがあるほどのスープである。

麺は太くはない、でもコシがあり食感も確か、スープを真っ向受け止めている。麺とスープの強力タッグでどんどん食べ進む。

チャーシューは噛み応えがあるタイプ、ローストポークのようで、これも好みのものであった。あとねぎがなんだか良かった。

となりで食べる「まぜつけ」も魅力的、やはりこれもよさそうだ。満足の一杯に帰りの坂を登る足取りも軽やか、また伺うことにしよう。

到着=12:50 待ち時間=23分 行列=7人

麺=中太麺 スープ=魚介も効いた濃厚醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

たんたん麺 日本橋やまべえ(池袋)

訪問日=11月11日(日) 曇り

メニュー=たんたん麺

Yamabetantan

仕事が忙しくなかなからーめんを食べに行けない、結局先週は昼に食べたらーめんは「KONPEI」だけであった。さてやっと休みということで、らーめん店へ。

この日もバイクでの出撃を画策したが、いやな予感がして朝キーを回したらやはりバッテリー切れの兆候あり、前回ちゃんと充電しなかったからなあ。この日は雨も降ったりもしていたのでバイクでの出動は諦め、バッテリー充電の日とする事にした。といってもらーめんは食べる!!

というわけで電車で行くなら再訪を希望している店にしようと思い「ゼットン」に伺った。・・・行列24人待ち、ちょっと迷い、でもこちらの回転がどれくらいかわからなかったので今回は諦めることにした。

そして池袋駅への帰り道、以前は夜にらーめんを出していた「つたや」が気になって見るとその近くに並びがある。「中本」のすぐ近くだがなんだろう?そう思って覗いてみるとどうやら「たんたん麺」を出す店のようだ。池袋中本のすぐ横という感じである。ちょっと迷ったがせっかくなので列に並ぶことにした(ちなみに以前天ぷらやだった「つたや」は焼き鳥を出す店になっていた)。

しばらく待って入店、結構小さい店でカウンター席が5席のみ、店内にはメニューが無く「つくりまーす」と言って作業を始められた。「たんたん麺」しかないということのようだ。

その「たんたん麺」、ゴマとナッツの効いたスープ、辛味はあるもそれほど強くはない。たんたん麺なのでもっと濃い味かと思っていたが、以外とあっさりめの味わいであった。麺は中太で適度なコシ、喉越しはまずまずという感じ。

もやしと茎わかめは「たんたん麺」には珍しいトッピングかも。まあそれほどがつんと来る味ではないが、食べて損をしたということもない味わい。自分はたんたん麺を食べないのでそこそこの印象だが、たんたん麺が好きな人なら結構良いのではなかろうか?

到着=11:56 待ち時間=9分 行列=3人

麺=中太麺 スープ=辛味のある、ゴマとナッツの聞いたスープ お気に入り度=6

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

ココログメンテナンスについて

ココログがメンテナンスに入るようです。

スケジュールは

2007年11月13日(火)20:00~11月14日(水)10:00の約14時間

この間コメント・トラックバックは受けられなくなります。

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【川口に移転】食処 渓(川口)

訪問日=11月7日(水) 晴れ

メニュー=渓らーめん

Keikeiramenまたしても来てしまったこちらの店、店にはいると先客は5名、うち4名は家族連れであった。お父さんが子供に声を掛けるとお子さん「だっておいしいんだもん」とのこと、お父さんは何を言ったのか?でも印象的な内容であった。

そして自分でちょうど満席となり、しばらく待つと後客も着たので、店外に並びが出来ていた。この店に並びが出来たのは始めてみたが、まあ6席なのでタイミングでそういうこともあるだろう。

今回の注文は「渓らーめん」、これでメニューを全種類食べたことになる(らーめん渓つけめんつけめん)。ミッションコンプリートである。といっても以前は丼メニューがあったのだが、これはいま提供していないようなので注文する事が出来ない。

さてその「渓らーめん」かなり濃い味のスープ、動物系も効いているが、節の風味と味わいも強力に効いている。うまみも強いがとくにくどいわけでは無い。でも酒の後にはちょっと味が強いかも・・・。

麺は中太で喉越しも良い、コシもあり濃い味のスープに対抗している。ただこの味なら太麺で食べても合いそうな気もする。チャーシューはとろっと柔らかいタイプ、あれ前もこれだったけかな?

最後にちょっと店主氏に質問は営業時間について、現在の閉店時間(日曜以外)は大体21時を目処にしており、ただ材料切れで20時の間に終わることもある、とのことであった。

到着=19:55 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介も効いたコクのある醤油 お気に入り度=8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つけめん KONPEI(高田馬場)

訪問日=11月5日(月) 晴れ

メニュー=つけめん+味玉

Konpeituke

仕事で新宿駅を下車、すると小田急の催事情報が壁に貼ってあった。そうだ「中村屋」が出てるんだった、その案内のらーめんがうまそうで思わず催事場まで昇ってみた。到着したのは13時、そこで目にしたのはぐるっと回って並ぶ待ち客、デパートの担当の方に聞いたところ1時間待ちとのこと、そりゃ時間的に無理だ(仕事中だし)。

というわけで高田馬場に移動した。目指すは新店「KONPEI」、以前四谷三丁目に同名の店があり、残念ながら伺えなかった経緯がある。入り口には勇ましく立つウルトラマン、それを横目に店に侵入する。

カウンターに座り今回の注文「つけめん」を待つ、と思っている間につけめんが提供された。麺は茹で置きかということだろうか?まあそうでもなければこの太さの麺がこの時間で茹で上がるわけはない気がする。でも特に伸びている印象は無し、ただ喉越しはそれほどいいわけではないかも。

つけスープはうまみがつよめに効いた醤油味、独特な味わいに感じる。ねぎがたっぷり入っていた。

麺は大きい器に入っており、まあこういった器は大体上げ底だから、と思っていたら、いやいや違う、麺はぎっしり入っていた、こりゃ多い。女性で普通盛りを頼んだら食べきれない人もいるのではないだろうか。そういえば大盛りもあるようだがどんな量になるのやら。

Konpeisajiスープ割りはカウンター上のポットから自由にどうぞ、煮干しのえぐみが強いが、これこれで良いかも。それにしてもレンゲでかすぎ・・・・。

 

 

1keisukesupon ちなみにこのあとの帰り道に「二代目けいすけ」前で限定メニューが目に入る。

「すっぽんそば」、激しく惹かれながら、でもお腹も一杯、時間も限界、結局諦めた。でもうまいんだろうなあ・・・。

到着=13:32 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太麺 スープ=うまみある醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月11日 (日)

【店名変更】麺舗十八(大山)

訪問日=11月4日(日) 晴れ

メニュー=つけそば1.5+味玉

18tuke

「○福大勝軒(江古田)」の後に伺ったのがこちらの店、つけめんのお気に入り店「麺舗 十六」の姉妹店という店の名は「麺舗 十八」、次に関連店がオープンしたら「麺舗 二十」だろうか?入り口で待っているとメニューにB麺というのもあり、やはり「麺舗 十六」の関連を知ることが出来る。

行列のためしばらく待って入店、席はカウンター席のみらしい。店の前は線路、豪快に電車が走りそのたび店内の振動が結構すごい。おとなしく待っていたがなかなかつけめんが出てこない、結局座ってから提供されるまで25分掛かった、この後予定があったのでかなりあせってしまった。

出てきた麺を見て、あまりの量の少なさにびっくり、どうやらメニュー表のg数は茹で上がり表示のようであった。実は待っている間に食べ終わって会計する人が、g数表示は茹でる前のg数の方が良いと力説していた。確かに、と納得しながら聞いていた。まあ今回は連食なのだが「並」くらいが丁度よかったようだ。

さてその麺、太くコシがある麺はもちもちした食感、喉越しも良く、これはとても好きなタイプの麺であった。つけスープはコクのある醤油味でうまみも十分感じられる。でもとくにしつこくない味わい、ねぎも大量に入っており、口の中でざくざくした食感も楽しめる。やはりこの味も大変好きな感じ、でもちょっとぬるすぎかも・・・。個人的にはあまり高い温度で無くてもいいのだが、これはちょっとつらい温度であった。

結局麺は5口ほどで食べ終わってしまう。できればこちらはもうしばらく経ってから再訪してみたい。そうすれば麺の量も「並」で注文し(連食狙わなければ「多め」という手も)、またつけスープの温度も改善されているであろう。やはり新店すぐに行くのは控えた方が良いのかもしれない。

到着=13:17 待ち時間=17分 行列=8人

麺=太麺 スープ=コクのある醤油味 お気に入り度=7

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年11月 9日 (金)

○福大勝軒(江古田)

訪問日=11月4日(日) 晴れ

メニュー=ラーメン+味玉

Marutaisyo

江古田にまたしても新店が出来たとのこと、江古田には結構多くらーめん店がある、経堂もそうだが自分にとっては実に魅力的なまちである。

さてその新店とは東池袋大勝軒系列らしい、東池袋大勝軒系は食べてがっくりくることもたまにあるのだが、今回はどうであろう?店に入り、券売機で「ラーメン」券を購入、その券を渡したのはとっても綺麗な店員さん、ちなみにもうひとりいた女性も良い感じ、顔のゆるみを必死に補正しつつ席にて注文の品を待つことに。

待ってる間に満席に、そして数名の並びも発生、この辺にはらーめん店が多いのだがこれはすでに人気店と言うことか、はたまた新店効果か?

さて今回ラーメンを普通でお願いしているが、もりそばは小200g中300g大400gまで同料金の650円、そして特盛は500gで700円、ラーメンは並200g650円、大盛り400gは750円になるようだ。

券売機には「みそもり」というのもあるが、ほかに「和風もり」というのもあった、和風のもりそばということであろうが、和風はなんだろう?

提供のラーメンは動物系のコクとうまみが味わえるスープ、タレの効きが強めの味で魚介の味わいはそれほど強くない。実は東池袋大勝軒系では魚介の効きが強いスープの方が好きなのだが、でもこちらの味もとても好みの味であった。個人的には満足度はかなり高い。

麺はあまり太くない、でもコシがあり噛み応えも十分、スープと合わせて頂くと納得の喜びを口の中に広げてくれる。結構量は多かったがあっと言う間に完食していた。

大勝軒系にもいろいろあるがこちらの味は好みに合う味であった、また行ってみたい。

到着=12:39 待ち時間=0分 行列=0人(ほぼ満席)

麺=中太麺 スープ=コクのある醤油味 お気に入り度=8

| | コメント (3) | トラックバック (4)

2007年11月 7日 (水)

【すぐ近くに移転】ajito(大井町)

訪問日=11月3日(土)祝日 曇り

メニュー=ロッソ大盛り

Ajitoroso

川崎に用事あり、それも終って、さてじゃあラーメンを、最初「ラーメンシンフォニー」に行こうとも思ったが、そういえば鞄にずっと入っている地図があり、これはどこの店だろう?

というわけで何という店か判らなかったがとりあえず場所に向かった。着いた先は、そうだ「中華そば おかべ」だ、でも日曜祝日休みのため営業していなかった。まあ場所も判ったことだしまた伺ってみよう。

さてじゃあどうしようか思ったとき「そうだ、京都に行こう」じゃないや、「そうだ、ロッソにしよう」と頭に閃いた(ピコリン)。以前伺ったとき、店内結構熱くってつけめんを食べながら汗魔神となったこちらの店、涼しくなってから再訪しようと思っていた。

大井町駅から記憶を頼りに歩くと、なんと迷わずたどり着くことが出来た、珍しい。店前の並びは3名、ただ調整2名とばしが入りあまり待たずに入店できた。後ろにはエヴァンゲリオン、Zガンダム、ケロロ軍曹のフィギュアがある。でも俺はZではなくガンダムの方が好きだけど。

さて提供のロッソ大盛り、麺にはパルメザンチーズとバジルソースが掛かっている。以外と麺とチーズで結構良い味だったりして。さすがにバジルソースは風味が強いのでつけスープにつけた方が良かった。

そのつけスープ、いやはや間違い無いトマトっぷり、トマトの酸味が疲れた胃を癒してくれる(前日の酒残り気味)。でも最初の一口、そのトマトの味に違和感を感じた。まああまり味わうことのない味なので。でももう一口頂くと違和感は無くなり、そしてもう一口で楽しくなりだした。

結局このつけめんを好きになっている自分を発見、ちょっとこれ良いかも。麺は喉越しの良いタイプではないがスープに合わせて頂くと満足度高め。食べ終わるころには正直もう少し食べたいという気になっていた。

最後にスープ割りをお願いすると、とたんに魚介の効いたスープに変身であった。かなり満足の味、また行かなきゃ。

ちなみに11月11日(日)は休みの模様。

到着=11:41 待ち時間=4分 行列=3人(調整2名とばし)

麺=中太麺 スープ=とろみのあるトマトスープ お気に入り度=8

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年11月 6日 (火)

坂内(有楽町)

訪問日=10月31日(水) 晴れ

メニュー=喜多方ねぎ焼豚ラーメン

Bannainegitya

ああ、飲んだ後の「坂内」は良いね、塩気の効いた味が本日の打ち止めを宣言してくれているようだ。これで後は帰って寝るだけ。

でもねぎ焼豚はさすがにやりすぎたか、最初に食べた印象より、食べ終える前の印象はあまり良くない。まあ飽きるという感じ。・・・・まったくこの時間にねぎ焼豚食べといてなにを言っているのやら。

坂内はどこの店で食べても結構満足できる、でも喜多方の「坂内食堂」では食べたことがないんだよなあ・・・。

到着=22:48 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太ちぢれ麺 スープ=塩辛目の醤油味 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

麺屋 海神(新宿)

訪問日=10月31日(水) 晴れ

メニュー=あら炊き塩らあめん焼おにぎり付

Kaijinarasio

以前池袋にあった「海神」、いつの間にか閉店したと思ったら新宿に移転オープンしたらしい。今回新宿に用があり、その後「海神」に向かうことにした。

地図を頼りにどこだろなっと、おっとそこはパチスロの店「グリーンピース」の目の前2階であった。「グリーンピース」は昔行ったなあ、最近パチスロもやらないけど、昔ここでやったことのある「コンチⅢ」またやりたいなあ、でももうどこにも置いてないんだろうなあ。

Kaijinmenu1さて「海神」潜入、店内はカウンター席とテーブル席の構成、先客は3名であった。早めの提供は細麺のためか、綺麗なスープが印象的。そのスープ、魚介の効いた味は塩味のためあっさりという印象もあるものの、しかしうまみは十分でコクもあり、逆にさっぱりした、という印象ではない。

でも魚のかおりがちょっと気になる感じもある。ただ食べ進めるとトッピングのねぎやミョウガ、シソが効いたのか魚の香りは気にならなくなってきた。いやむしろこれはとっても好きな味かも。

麺は細目、スープもよく絡まりうまみを口に運んでくれる。鶏つくねは肉のうまみが凝縮されており、海老のつみれもぷりぷりとした食感と甘みが良い感じ、この2つはありがたい。

Kaijinojiya最後はスープに焼おにぎり投入、おにぎりにも味がついていたのか、更に味が深まり良い味に。おにぎりには刺身状の魚が入っていた、これは焼おにぎりだったのだろうか?でも満足の味わい、食べ始めより食べ終わりの印象が良いのは得した気分で店を出ることが出来る。

Kaijinaraちなみに入り口前には塩らあめんの写真の他に、醤油の写真もあり、そのうちやるのかもしれない。

到着=13:44 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=魚介の効いた塩味 お気に入り度=8

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2007年11月 4日 (日)

【閉店】つけめん専門店 一歩(末広町)

訪問日=10月28日(日) 晴れ

メニュー=つけめん(並)

Ipotuke_2

先日伺うも休みで食べることが出来なかったこちらの店、「いなば」の後にリベンジである。店に着くと満席状態、ただし券を買い終わったのと同時に席が空いたのですぐに座ることが出来た。

提供のつけ麺は、麺が太くコがシ有り喉越しも良いタイプ、かなり好みの麺であった。つけスープは酸味は薄く、以外とあっさりした味わい、まあ麺が好きなタイプだったのでどんどん食べ進んでいけた。

メンマはちょっと微妙な感想、チャーシューはジューシーでこれは好みのタイプである。でも麺は並でも結構量が多いなあ、前の店も量は多めだったのでちょっと苦しくなってきた。

そういえばホール担当の方とよく似た方が厨房内にいたが兄弟だろうか?ちなみに前回も書いたが店前の看板には水曜日定休の表示、でも前述のホール担当の方に確認したらやはり火曜日休みと言っていた。ただし水曜日休みとのコメントも頂いている。もう一体休みはいつなんだか・・・・。

到着=12:28 待ち時間=0分 行列=0人(満席)

麺=太麺 スープ=魚介も効いた醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (1)

めん屋 いなば(御徒町・秋葉原・末広町)

訪問日=10月28日(日) 晴れ

メニュー=濃厚豚骨らーめん+味玉

Inabanouko

台風一過、晴れた空の下をバイク駆って突っ走る、たどり着いたのは本駒込に新しく出来た「山久」、・・・・休みじゃん、日曜日定休だろうか?店前に張り紙が無いので判らない、がっくり。

さてらーめん店巡りをしているとこういうのは慣れっこのため今回も伺いたい店はいくつかピックアップしている。という訳で次に訪れたのは御徒町と秋葉原の中間くらいにある「めん屋 いなば」、こちらは以前「黒船」という店だったらしく、その黒船の別の店で食べた印象は、ちょっと微妙であったので、こちらもどうか?と不安な面ももあった。

Inabamenu店に入り、券売機の前には1組がメニューを検討中、どうやら外国の方のようだがこちらに気づき、先にどうぞ、ということで先に券を買わせて貰った。

今回の注文は「濃厚豚骨らーめん」、「中華そば」というのも気になるが、こちらの方が店の売りっぽいので。作っているのを見ると別の寸胴からスープを鍋に入れて温めている。その鍋は温め終えると一度洗い(茹で汁で)、次のスープを温める。

さて提供のらーめん、なるほど濃厚な味わい、粘度も高めなスープである。コクのある豚骨醤油で濃い味だが特に食べるのがつらいということはない。ちょっと甘みも感じる味わい、これ結構好きかも。

麺はコシのある太いタイプ、まあ喉越しはそれほどでもない、でもスープに負けない力強さはある。トッピングのキャベツが意外に合う、普段らーめんにキャベツは欲しない方だが、これには納得。

ちなみにねぎも乗っているが、この味わいにねぎは必要かな?薬味としても具材としても特に必要ないような?チャーシューはかなりの噛み応え、表面がかなり硬かった。茎わかめも好みとしてはあっても無くても良い感じ。スープの下にはゆず皮を発見、でもこの味に埋没している気もする。

でも今回の一杯は結構好みの味であった。また近くを通る際には伺うかもしれない。

到着=12:06 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=濃厚な豚骨醤油 お気に入り度=7

| | コメント (3) | トラックバック (6)

2007年11月 3日 (土)

麺屋こうじ(柏)

訪問日=10月27日(土) 雨

メニュー=味玉らーめん

Kasiwakoujiramen

雨のみのり台から雨の柏へ移動、「麺屋こうじ」に伺った。こちらは「茨城大勝軒グループ」の店になるらしい。そういえば柏には「茨城大勝軒グループ」の店が他にもあったはず。

店に入り券売機で券を購入、カウンター前の席に座る。店内は結構広く、カウンター席の他にテーブル席も配置されていた。

提供のらーめんには割り用のスープ付き、提供時に当店味が濃いめのためとの説明があった。つけめんに割りスープというのは良くあるが、らーめんには珍しい。そうはいっても最近伺った「新潟越後味噌らーめん 弥彦」でも最初に割り用のスープが提供されていたけど。

さてこちらの味は確かに濃厚な味わい、動物系のコクとうまみが強く効いた濃い味の醤油、2食目のためか相当濃い味に感じる。麺は太くコシがあるタイプ、食感もしっかりしており好みの麺である。

味自体は好きなスープ、でもさすがに連食2店舗目に食べるには濃すぎるかも。やはり濃いので割りスープを投入、でもあまり変わらないような・・・。半分くらい入れた状態の話だけど。その後割りスープに麺をつけて食べると良い感じに、この割りスープにも味がある。

チャーシューはぶ厚い、炙っていたがその風味はそれほどではない、でも食べ応えがありお得な感じではある。正直この日の最初に食べていたらもっと満足していた気のする一杯であった。

到着=12:15 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=コクのある濃厚な醤油 お気に入り度=7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

中華そば 志の田(みのり台)

訪問日=10月27日(土) 雨

メニュー=中華そば味玉付き

Sinodaramen

雨の土曜日、というか台風接近らしい、となればバイクは諦め電車でらーめん店を目指す。向かった先は「みのり台」、電車で降りたったのは昔「嘉夢蔵」に行くため以来となる(まあバイクでは他にも来てるけど)。

店前には11時25分に到着、開店前なのでちょっとその辺をぶらり、といってもどしゃぶりになってきたのですぐに戻ると店前にはすでに待ち客が出来ている。あわててその後に並ぶことになった。

並んだ直後に開店し、順に券売機で券を買って中に入っていく。ちなみにその後も入店あり、この雨の中、結構人気があるようだ。

さて提供の中華そば、魚介の効いた醤油スープで動物系のコクもありうまみも十分、これはとても好みの味わい。麺は中細、適度なコシで喉越しもよし、スープにマッチしている。最初、油が多く感じたが途中から問題無く思えてきた。

のりと食べると風味もあがる。チャーシューも好みのタイプ、トッピングにも不満が無い。かなり満足した味であった、周りに頼んだ人がいたつけめんもいいかもしれない。

到着=11:33 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中細麺 スープ=魚介の効いたうまみ十分な醤油 お気に入り度=8

| | コメント (2) | トラックバック (1)

【川口に移転】食処 渓(川口)

訪問日=10月26日(金) 雨

メニュー=つけめん+豚スジ+缶ビール

Keituke2実は前回の訪問から何度も伺っているこちらの店、でも午後9時に行くもシャッター、8時半に行くもシャッター、そして8時に行ってもシャッターと、シャッターを何度も拝むことになっていた。そしてこの日再度伺うと、シャッターじゃないよ!

喜び勇んで店の中へ、今回は通常つけめんを、そして気になっていた丼物は、あれ?丼物の表示が無くなっている?うーん、後で聞いてみよう。一応豚スジも注文、夜訪問なのでビールも、そうか缶ビールなのか、まあいいや。

Keitukebeer先に提供の豚スジは濃い味ではないが肉のうまみが味わえるもの。ちょっと豚のクセがある味だが、でも好みの味である。これを乗せたご飯も食べてみたいかも。ビールをぐいっと飲み干してつけめんを待つ。

そして提供のつけめん、麺は喉越しが良くコシのあるもの、舌触りもよくとても好みのタイプ。メニューには中太と書かれているが、自分は結構太い麺という認識である。

つけスープは前回食べた「渓つけめん」より濃い味ではない、魚介の効いたスープはさらりとしたうまみ、でも麺に絡んでこれも満足の味わいである。このつけめんも好みの一杯であった。

食べている途中で満席に、いつの間にか人気が出てきたのだろうか?店を出る前に丼物についてちょっと質問してみた。聞いたところによると丼は一時停止中とのこと、出しても麺メニューしか出ないかららしいい。ただそのうちミニ丼などを出したいともおっしゃっていた。最近の営業終了時間などいくつか聞きたかったが、忙しそうなのでやめておいた。

Keimenu3 ちなみに日曜日の営業時間などが変わっている模様。昼営業から通しでおこない、材料切れで終了になるようだ。後日の日曜に前を通ったところ1時半位は営業していたが 16時半くらいには準備中になっていた。それでちょっと前の日曜日の8時くらいに行ってもシャッターだったのかもしれない。

到着=20:05 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太麺 スープ=魚介の効いた醤油 お気に入り度=8

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高はし(赤羽)

訪問日=10月26日(金) 雨

メニュー=半肉入りつけそば大盛+味玉

雨降りの平日に伺ったのは赤羽の「高はし」、雨の中並びは5人であった。ちょっと待って入店、いつものメニューが自動発注される。

今回出汁それほど濃厚ではないが、ただタレの具合が非常に良く、味わい的には満足なものであった。コシのある麺はやはり硬め、でもこの噛み応えが好きなところでもある。

本日も満足の一杯を堪能し店を後にした。ちなみに11月の休みは10日(土)と24日(土)になるようだ(その他日曜日は定休日)。

到着=11:51 待ち時間=14分 行列=5人

麺=太麺 スープ=魚介動物系の効いた醤油 お気に入り度=9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »