« 塩麺 瀬戸内屋(本蓮沼) | トップページ | ラーメン中本(有楽町) »

2007年10月 4日 (木)

新潟越後味噌らーめん 弥彦(幡ヶ谷)

訪問日=9月30日(日) 雨

メニュー=越後味噌剛麺+とろり玉子

Yahikomiso

普段は「我武者羅」という店が土日のみ味噌専門店「新潟越後味噌らーめん 弥彦」になるという。行こうと思いながら、でもまだ「我武者羅」にも行ったこと無いし、しかもあまり得意でない味噌だし・・・、というわけでなかなか足が向かなかった。

今回電車移動になり(雨でバイクに乗れないので)、普段行かないような処に行こうと思ってこちらをチョイスした。店前には少し行列有り、店の前で注文するメニューを検討していると席が空いたらしく案内された。カウンター席のみのようで一番奥に陣取ることに。つけめんやカレー味噌らーめんもあるようだが、今回は味噌らーめんである「剛麺」をお願いした。

Yahikomenu 提供のお盆には味噌らーめんと割スープが乗っている、つけめんならよくあるがらーめんに割スープとは珍しい。そしてまず一口、濃厚な味噌スープはコクがありうまみも十分、味噌の味わいも濃く効いている。確かに濃い味、つけスープも納得かも、でも自分はこの味もよし。

いやそれにしてもでかいレンゲだなあ、最近こういうでかいレンゲがはやっているのかな、個人的にはあまりうれしくないけど(食べづらいし)。麺はかなりの極太タイプ、コシがありでもごわごわした感じではない。この強力な麺は濃厚なスープに負けてない。

Yahikomenu2 白菜は軽い苦みをまとった甘みが味噌に合う。しばらく食べて割スープで味の調整、軽い味わいになるが不満無し、かえって魚介出汁のうまみもたってきてよい。さらにスープインで飲み安いスープに変化した、でもちょっと入れすぎたかな。ここまで味の濃さが無くなると白菜には合わなくなった、白菜は最初の濃厚味で食べたいところかも。

玉子は甘めの味、とろりとした黄身の味がよい。ここらで別添えの紅ショウガを口へ、良い箸休めになる。

後半興味本意でカウンター上のデスソースをスープに注入、入れすぎたか、と思ったが案外ピリ辛くらいの辛さだった。でもスープを直接飲むとやはり辛いなあ、もっと入れたら「デス」を実感したかもしれない。

味噌で満足するのは珍しいがこれは良かった、でもやっぱり「我武者羅」にも行かないとなあ。

到着=13:11 待ち時間=8分 行列=2人

麺=極太麺 スープ=濃厚な味噌味 お気に入り度=8

|

« 塩麺 瀬戸内屋(本蓮沼) | トップページ | ラーメン中本(有楽町) »

コメント

私が食べたカレー味噌の「激」もなかなかでした。TBさせてください。

投稿: kkc | 2007年10月 5日 (金) 00時08分

私が食べたつけ麺も先に焼石を入れ熱々で味噌も濃く中々良い感じでした。

投稿: 五月七日小羽 | 2007年10月 5日 (金) 22時24分

>kkcさん
確かに「激」も良さそうです、
味噌とカレーのぶつかり合い、
ほかの食材も個性を出してそうですね。

>五月七日小羽さん
あの麺でつけ麺を食べたら面白そうだと思いましたが、
焼石を入れたりとこだわりもありそう、
これも惹かれます。

投稿: ライダーマン | 2007年10月 5日 (金) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/16661902

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟越後味噌らーめん 弥彦(幡ヶ谷):

» 新潟濃厚味噌弥彦@幡ヶ谷 [らーめん行脚 by kkc]
 つけ麺のスープ割りはつけ麺を食べる際の楽しみのひとつですが、ラーメンをスープ割りというのはあまり聞きませんね。  私自身は東武東上線志木駅近くにある『うえだ』の「特濃ハード」で一度経験があるだけですが、なんと新潟県の巻町には「割りスープ付きの味噌ラーメン」というものが存在するのだそうです。  その地ラーメンをアレンジして創作ラーメンを提供しているのが幡ヶ谷の『新潟濃厚味噌弥彦』。なじみのない店名ですが、実はこのお店、『我武者羅』というお店の土日限定のセカンドブランドです。  メニューは濃..... [続きを読む]

受信: 2007年10月 5日 (金) 00時08分

« 塩麺 瀬戸内屋(本蓮沼) | トップページ | ラーメン中本(有楽町) »