« 麺士 武双(赤羽) | トップページ | 麺座 でん あねっくす(草加) »

2007年9月23日 (日)

東池袋 大勝軒 弁天店(草加・松原団地:遠い)

訪問日=9月16日(日) 晴れ

メニュー=中華そば

Daibentenramen

「でん あねっくす」の情報を探るため「RamenBank」で検索していたらこちらの店の情報が目についた、となれば訪問。店に着いたのは11時20分でまだ支度中の札有り、11時30分オープンらしいので店の近くで携帯をいじりながらオープンを待つことに。

ふと気づくとあれ、すでにオープンしている(しまった「大富豪」をやりすぎた)、急いで中にはいると前に1名、券売機の前でスタンバっている(「すたんばっている」を変換したらこの表示になった、やるなウィルコム携帯)。結局その方の両替対応で最初に券を購入することになり、カウンター席の奥に座ることに。

Daibentenmenuカウンターはちょっと変わっており左の壁を背にしてカウンター席がまずあり、その前に厨房からの通路がある、うーん説明が難しい。ちなみに座敷席もあるようだ。店内には御大「山岸さん」と店主の写真、山岸さん単独の写真もあり、良い笑顔で写っている。ほかにも写真が複数を貼ってあった。

オープン直後から客入りは順調のようで席はどんどん埋まっていく。さて提供のらーめんはぎっしり麺が詰まった感じ、実際抜き出すように麺を取り出しまず一口、もちもちの麺は適度なコシで食感も良い。

スープは結構あっさりした醤油味で、出汁のうまみはあるが濃い味ではない。スープは熱々、上の油の影響か、結局最後まで熱々であった。でも油も多く、また熱すぎて味を感じづらかったのも確かである。

それにしても麺多い、これは多分大盛りにすると大変そうな気がする。チャーシューはジューシーで良い感じ、メンマはコリコリでくさみもなく、これも好みと言えるものだった。もしかすると朝一、もしくは油の影響で味を感じづらかったのかもしれないが、結構好きな味であった。

ちなみに横に座ったおじさんはもりそばの酢抜きを注文していた、強いお酢の味は苦手なのでその注文も良さそう。実はおじさんの注文はもりそばの大盛り、すごい量の麺をあっという間に食べ終えていた、ぬぬ出来るな、という感じ。

店の方の対応も丁寧で、自分が出る頃にも来店あり。すでに結構な人気店になっているように感じた。

到着=11:22 待ち時間=0分(オープン前待ち時間8分) 行列=0人

麺=太麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=7

|

« 麺士 武双(赤羽) | トップページ | 麺座 でん あねっくす(草加) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/16541988

この記事へのトラックバック一覧です: 東池袋 大勝軒 弁天店(草加・松原団地:遠い):

« 麺士 武双(赤羽) | トップページ | 麺座 でん あねっくす(草加) »