« 蒙古タンメン中本(中板橋) | トップページ | つけそば屋 麺楽(河辺) »

2007年9月 1日 (土)

いつ樹(羽村)

訪問日=8月26日(日) 晴れ

メニュー=赤玉鯛塩ラーメン

Itukiramen

まだまだ暑い東京の空(8/26の話)、ちょっと遠目の店に向かうため新青梅街道を西に進む。でもずっと渋滞、なかなか先に進んでくれない。予想より30分ほど余計に掛かってたどり着いたのは「羽村駅」に近い「いつ樹」、店について気づいたが店の前にもラーメン屋がある「かわうち家」か、どんな店だろう?

店に入り券売機で券を購入、今回は「赤玉鯛塩ラーメン」でお願いした。席に着いてラーメンを待つ、カウンターの前のところには「鶏でとったあっさりスープ、生の鯛を効かせた塩味スープ」といった説明書きがあった、確かに店内には魚のかおりが若干漂っている。またこちらの店は自家製麺らしい、周りにはつけ麺を食べる人もおり、その麺がかなり美味しそうに見えた。

さて到着のらーめん、魚介の効いた、というか鯛のうまみがある塩味、かなりコクがあり、塩なのだがあっさりという印象ではない。うまみも十分、ただ魚のにおいがちょっと気になる、もう少しこのにおいが押さえられている方が好みだと思う。

麺は太め、平たく食感も楽しいもの、もちもちした麺は噛み応えもある。チャーシュー(というか肉の塊だが)は豚から2枚しかとれない「こめかみ」という肉らしい、柔らかく、肉のうまみもあり。

麺を食べ終え、最後にスープも飲むが、やはり味自体は大変好きな味も、やはりこの魚のにおいがちょっとつらい。「生粋(池袋)」なんかの強い魚の風味はむしろ好きなので、まあ自分の好みが、といったところであろう。

到着=12:10 待ち時間=0分 行列=0人

麺=太平麺 スープ=魚介の効いたコクのある塩味 お気に入り度=6

|

« 蒙古タンメン中本(中板橋) | トップページ | つけそば屋 麺楽(河辺) »

コメント

開店直後に行ったのですが、順番を間違えられたことと、店内に飾られた開店祝いの生花の匂いがキツかったことが印象に残っています。私はつけ麺を食べたのですがラーメンは鮮魚系というジャンルのようですね。生臭い匂いがするのですか?

投稿: kkc | 2007年9月 1日 (土) 21時34分

>kkcさん
らーめんはさすがに鮮魚系、新鮮なさかなのかおりがしました。
それがちょっと苦手な感じでして・・・。
つけ麺にすれば方が良かったかなあ、なんて。

投稿: ライダーマン | 2007年9月 2日 (日) 20時22分

かわうち家も美味しいですよ。
500円で結構頑張ってるもの食べられるし今度入ってみてください。
ご主人もいい感じなお店です。

投稿: 水割り | 2008年1月18日 (金) 10時20分

>水割りさん
かわうち家さんも確かに気になりました。
確かカレーのラーメンが目に入ったはずです。
ただこの日は行く店を決めていたので回避しました。
良さそうですね、行ってみたいです。
でも家からは遠いんですよねえ・・・。

投稿: ライダーマン | 2008年1月18日 (金) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/16309634

この記事へのトラックバック一覧です: いつ樹(羽村):

» いつ樹@羽村 [らーめん行脚 by kkc]
=== 『いつ樹』@羽村 === [[attached(1,center)]]  渡辺樹庵さんのお弟子さんがこの7月25日に開店したお店。  お店の場所はJR青梅線羽村駅から少し歩いたところです。  私が訪問したのは開店2日目の7月26日の午後7時40分でした。  お店にはいると空席が3つ。「つけ麺」の食券を購入し席に座りました。  お店の内外とも開店祝いのお花で溢れています。お店の中はかなり花の匂いが充満しています。もちろん決して嫌な匂いではないのですが、ラ..... [続きを読む]

受信: 2007年9月 1日 (土) 21時36分

« 蒙古タンメン中本(中板橋) | トップページ | つけそば屋 麺楽(河辺) »