« BU-A BU-A(銀座) | トップページ | 麺バカ息子(京急鶴見) »

2007年8月 6日 (月)

【閉店】麺屋 鬼平(赤羽)

訪問日=8月2日(木) 晴れ

メニュー=中華そば

Oniheisoba酒を飲んだ翌日のこの日、夜にどうしても汁物が食べたくなった、となればらーめんです。赤羽で降り、「高はし」はすでに閉店しているのでひさしぶりにこちらの店に伺った。

こちらでは以前「もりそば」を頂いている。店にはいるとカウンター席には、先客が1名、その方もすぐにいなくなったので店内は自分だけとなった。

しばらく待って提供の「中華そば」はとても濃厚でとろっとした粘度もあるスープ、魚介の風味と動物系のコク・うまみが非常に濃く効いている。うーんこれほど濃厚だとは思わなかった。

麺は案外細い、また食感も柔らかめだった。スープの濃さからするとアンバランスな印象も受ける、もう少し太くコシのある方がこのスープで食べたときには好みだったと思う。そうはいってもずるずると麺を食べて進み麺はすぐに無くなった。

店を出ると横には飲み客多数、でも飲んだ後にこの濃厚なラーメンはちょっとつらいかも。自分としてももう少し体調が良いときにガッツリ食べに来たいと思った一杯だった。

到着=19:30 待ち時間=0分 行列=0人

麺=中太平麺 スープ=魚介も効いた濃厚な醤油 お気に入り度=7

|

« BU-A BU-A(銀座) | トップページ | 麺バカ息子(京急鶴見) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/16029403

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】麺屋 鬼平(赤羽):

« BU-A BU-A(銀座) | トップページ | 麺バカ息子(京急鶴見) »