« 麺バカ息子(京急鶴見) | トップページ | 臨機(西永福) »

2007年8月 8日 (水)

銀座五行(銀座)

訪問日=8月4日(土) 晴れ

メニュー=焙煎黒豚つけ麺+焦がし味噌麺

5gyotuke

この日も飲み会だった、夏の暑さは絶好調、流れる汗、増える飲み会、吸い込み抜群のビール、そして落ちない体重(いや逆にスーパーリバウンダー)。会も終わって帰り際、そうだらーめんを食べようと思った。最近別の飲み会の後にも訪れた「五行」これで3度めの訪問となる。

通常こちらの店は夜の時間帯はお酒を飲み、最後の締めでらーめんを、という使われ方をするようだが今回お酒はしこたま飲んでいたので締めだけにすることに。そうはいっても最初にお通しあり、タレをまとったカンパチの刺身は、ああ、これ好きだなあ。タレの具合が丁度よく、でもカンパチの味もちゃんと味わえる、お通しとしては結構贅沢。

5gyowari_2さていきなり締めのつけめんはコシのある麺、でももっと期待した麺の風味はそこそこかも。そういえば麺は細麺と太麺があると言っていた(はず)。今回は太麺でお願いしている(はず)。

コクのある醤油のつけスープは、コクがあり味自体も濃い目、そばつゆに動物系のうまみが加わり濃くなった感じに思えた。そして、なるほどなるほどわさびがある、この間はこれ使ったかなあ?このわさびの風味を加えると結構良い。割りスープは鉄の急須で提供された。

5gyokogemisoちょっと物足りなかったので追加で焦がし味噌を注文、上の焦がし油がとても熱々で最後まで熱さは継続した。風味豊かな味わいのこのらーめん、ゆっくり食べたが麺はダレない。焦がしの風味が効いた味噌味だった。実は焦がしは苦手のはずだったが最近問題なく食べることが出来ている。

ちなみに今回接客を担当していただいたのが「LOVE」さん、「LOVE」?なんだろうと思って聞いたら実はニックネームらしい、なるほど、いろいろ話をしてもらった。さてそろそろ、と帰ろうとしたらまだ後客あり、この時間でも人が入るんだなあ。

最後にはじめてきたときに戸惑ったテーブル会計、今回は2,400円也、らーめん各1,000円、お通し400円ということかな。さて次は昼飯を食べに行くことにしよう。

到着=23:37 待ち時間=0分 行列=0人

お気に入り度=7

|

« 麺バカ息子(京急鶴見) | トップページ | 臨機(西永福) »

コメント

いやぁ~、この時期のビールは正に"水"ですよね~♪
今回は、WOOさんはいなかったのですか?
(* ̄∀ ̄*)モエ

投稿: AJ | 2007年8月 9日 (木) 01時29分

あまり焦がしませぬよう・・・・


投稿: らすきぃ | 2007年8月 9日 (木) 03時24分

>AJさん
現在ビールは何杯、何本ではなく何リットルで数える状態です(今日も飲んでました)。
WOOさんは奥にいたようです。でも今回はお会いできませんでした・・・。
はっ、危険を察知したのか!!
でもLOVEさんもお美しかったです。

>らすきぃさん
大丈夫です、そんなに焦がしてないですよ、
せいぜいこの日の焦がし味噌程度です。
*いけね、黒焦げだ!

投稿: ライダーマン | 2007年8月10日 (金) 00時59分

え~っと、好きです。LOVEさん(見たこともないけど)
もちろん、好きです。WOOさん(ちょっとしか喋ってないけど)

行きたい、五行。
・・・もはや何のお店だか分からなくなっていますが。

あ、ラーメンですか?
美味しかったと思いますよ、多分。

投稿: なつき | 2007年8月10日 (金) 13時12分

>なつきさん
やっぱり銀座に行ったら「五行」でしょう。
WOOさん、LOVEさんは素晴らしい笑顔でもてなしてくれますよ。
・・・・・、いやいや目当てはらーめんですって。

投稿: ライダーマン | 2007年8月10日 (金) 22時27分

・・・いやいや、ラーメン代だけと思うと高いんですって。(--#

投稿: なつき | 2007年8月13日 (月) 10時15分

>なつきさん
ランチでまた行こうと思ってます。
でも一杯1,000円なんですよね、サラリーマンには勇気が要ります(まあプラスアルファはあるかもですが)。
あれ、らーめんとなるといつも連食してるなあ・・・。

投稿: ライダーマン | 2007年8月13日 (月) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/16050779

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座五行(銀座):

« 麺バカ息子(京急鶴見) | トップページ | 臨機(西永福) »