« ゆうひ屋(赤羽) | トップページ | 幸貴(浅草橋) »

2007年3月10日 (土)

麺屋月光(戸越銀座)

訪問日=3月6日(火) 曇り

メニュー=魚ラーメン+薫製玉子

Gekoramen

外出の予定があったのこの日、ではやはりらーめんをめざそう!というわけで戸越銀座下車、最近オープンしたらしい「月光」に向かって突き進む。「月光」なんか良い名前だなあ、らーめん店というとピンとこないが、なんか良い名前。店に着くと数名の待ち客がいた、自分もその最後に加わり入店の瞬間を待つ、待ってる間店の換気扇からだろう炙ったにおいが漂ってくる、は、早く店に入りたい。どうやらそんな瞬間を135さんに発見されたらしい。そういえば135さんには「六厘舎」や「めじろ」でもお会いしていた。

Gekonaka_1 さて結構待って店に入り、カウンター一番奥に座ることになった。ここで気づいたのが端に座ったのに箸やナプキンが取りづらくない、水の入ったポットも問題ない。棚は席の下ではなく上に配置、電車の棚のような感じだった。大きい荷物も置けそうだが、背の低い人は苦労しそう、でもホール担当がいたので、そんな人には手を貸すのだろう。

そして出てきたらーめんは見た目濃厚そう、そして味はやはり濃厚な味わいだった。魚介がかなり効いた味で魚粉の風味というか食感がある、でもざらざらしているわけでは無く良い感じで効いている。魚介だけでなく動物系のコクもある味わい、出汁のうまみもあって結構好きなあ時であった。

麺は染谷製麺らしい、コシがあり太い麺はこの強い味のスープに対抗している。食感が良いチャーシューは入店前の期待通り炙りの風味がある。

玉子は薫製された風味、強い薫製の風味は苦手だが強すぎないこちらの玉子は食べていて安心のうまさだった。

最後にスープを飲んだがそのまま飲むと味が強い、そんなときには丁度目の前に割りスープポットがある、薄味好きも入れて良いと書いてあったのでらーめんにも使っていいのだろう。スープを入れて飲むと飲みやすくなっていい。満足して店を出た。

Gekomenu 初めて食べたような味か、というとちょっと違うかもしれないが、でもかなり好きな味であった。つけめんとかあったらまた行ってみたいなあ。でも「豚ラーメン」というのも気になってるんだけど。

到着=12:14 待ち時間=18分 行列=5人

麺=太平麺 スープ=魚介が効いたコクのある醤油 お気に入り度=8

|

« ゆうひ屋(赤羽) | トップページ | 幸貴(浅草橋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/14215425

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋月光(戸越銀座):

« ゆうひ屋(赤羽) | トップページ | 幸貴(浅草橋) »