« 麺屋 はじめ(東あずま) | トップページ | 十八番(おはこ:野方) »

2007年2月28日 (水)

【閉店】牡励湯(渋谷)

訪問日=2月25日(日) 晴れ

メニュー=牡励麺膳

Boreimenzen

3月に閉めることになった「東池袋大勝軒」も気になるが、2月一杯で閉店のこちらの店も気になっていた。というわけで訪問することに、それにしても世間は暖冬と言われているが、さすがにバイクに受ける風は冷たい。病み上がり、というかまだちょっと病みの中にいる身としてはつらいなあ。

さて店にはいると、おっ、以外と客入りが良い、6割ほど席は埋まっているようだ。前にも経験しているがこちらの店の料理提供はかなり遅い、まあ知っているので良いけど横に座っていた方はかなり時計を気にしていた。提供の遅さを予感させるように先に梅干しとキュウリの漬け物が先に供される、ちょっとあとに出てきた花茶(ホット)を頂きながら本を読んで料理を待つ。結局出てきたのは注文から35分後、良かった休みの日に来て。

Boreitoume 今回の注文は牡蛎フライのセットだが、もちろんまずラーメンを頂く。スープはあっさり、しかし鶏のうまみ十分の味わい、このスープには牡蛎の殻の出汁も入っているのかもしれないが自分の舌ではよく判らなかった。しかしもっと味の薄いスープかと思ったら結構コクが有り良い味、いやこの味好きだなあ。麺は細めで、スープの邪魔にならない感じ、でもちょっと粉っぽい食感もあった。

牡蛎フライは小振りだが牡蛎の味が嫌味じゃ無いほどに味わえる。でもさっき揚げてたが、その揚げてたのは大分前なので熱々では無いのは残念。そして最後にご飯をスープに投入してスープを最後まで堪能した。

好みの味だったが、どの行程で時間が掛かるのか判らなかった。まあラーメンは作り出してすぐ出来ていたので(麺投入からスープを入れた丼に入れるまでは早い)他の部分なんだろう。やはり夜に行って酒を堪能し、最後にらーめん、これがこの店の正しい使い方だと思う。結局その使い方は一度も出来なかったが。 

到着=12:38 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細ちぢれ麺 スープ=鶏出汁の効いた塩 お気に入り度=8

|

« 麺屋 はじめ(東あずま) | トップページ | 十八番(おはこ:野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/14081425

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】牡励湯(渋谷):

» 料理学校へ行こう! [料理学校へ行こう!]
料理学校に行きたいけど、どこの学校がいいのか... [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 00時20分

« 麺屋 はじめ(東あずま) | トップページ | 十八番(おはこ:野方) »