« 高はし(赤羽) | トップページ | 二郎 本店(三田) »

2007年1月10日 (水)

【閉店】牡励湯(渋谷)

訪問日=1月8日(月)祝日 晴れ

メニュー=鮎ラーメン+花茶

Boreitorayu

この日、夜に用事があり、それならば、とこちらの店に行ってみた。渋谷駅を降りて宮益坂を上っていく。店についた所、店員さんが店の外に丁度出てきたところ、案内されて店内に入った。以前来た事があるが、やっぱりこれは飲みのお店の雰囲気、実際つまみメニューやドリンクメニューも豊富で、麺類もらーめんだけでなくうどんやスパゲッティも提供している。

でも今回はこのあと作業があるためビールは飲めない、ああ、ビール飲みたいなあ、飲んじゃおっかな、いやいや、やめとこ(結局家に帰って飲んだ)。

さて先客無しの中、鮎らーめんを頼んでみる、いろいろ勧められたが、喉も渇いていたので烏龍茶をお願いしたところ、花茶というのを勧められた。というわけでそれもお願いした。

店内には牡蠣フライのにおいが漂っていたが、焼いているだろう鮎のにおいがそれを塗り替えていく、香ばしい良いにおい。かなり待って出てきたらーめんは鮎がどーんと1匹乗っている、このらーめんは1,000円だがこの鮎を見ると納得、というか安く感じてしまう。大きい骨を抜いているので頭から食べられるとのこと、というわけで頭から、がぶっと、かなり硬いが確かに食べることが出来、香ばしいにおいとともに鮎の味わいが広がる。

スープはあっさりした味わいだが、鮎の香ばしいにおいも加わりじんわり味わい深いもの、細めのちぢれ麺はよくスープも絡む。あまりコシは無い、というか柔らかめの食感だったのでもう少しかための方が好みかも。

さて最初に頭を食べた鮎は、続いて胴体ゾーンに突入、頭も食べれるがやはりこの身の味わいを存分に食べられるこちらの部分がやはり好きだなあ。まあ当然か、やっぱり鮎がうまかった。そういえば会計時1,600円ということはあの花茶は600円だったのか、やっぱり無茶なことになってもビールにすれば良かったか。

到着=19:20 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細ちぢれ麺 スープ=あっさりした醤油 お気に入り度=8

|

« 高はし(赤羽) | トップページ | 二郎 本店(三田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/13427643

この記事へのトラックバック一覧です: 【閉店】牡励湯(渋谷):

» 牡励湯@渋谷 [ぷちラーメンおたくの部屋]
コゴリソバ他この日はラーメンを食べに、というよりもコースで飲みに。相変わらず空いている感じがどうも気になるけど、帰り際に後客2人。それまでは独占状態。焼酎、梅酒あたりを頂きながら生牡蠣他、ツマミ系(と言ったら失礼でしょうか)の一品が出てくる感じでどれも、....... [続きを読む]

受信: 2007年1月23日 (火) 18時26分

« 高はし(赤羽) | トップページ | 二郎 本店(三田) »