« 麺・酒処 らん亭(曳舟) | トップページ | 三八黒崎店(撫養:徳島) »

2006年8月11日 (金)

阿波屋(徳島)

訪問日=8月10日(木) 晴れ

メニュー=阿波屋そば

Awayasoba

2006帰郷、さて実家に帰る前に徳島市内のラーメン店を訪問、ネットで調べて行ってみた。それにしても暑い、天気予報を見ると徳島の天気は36度になっていた、こんなときになぜラーメンを食べるのだろう?もちろん食べたいからである!!

店にはいると結構きれいな店、オープンからそれほど年数が経ってないのかもしれない。今回は阿波屋そばを注文、出てきたラーメンにはすだちがついている。

背脂の浮いたスープ、かなりの濃い醤油で甘みのあるもの、ただ豚骨だろうそのくさみが気になった。たぶん普段こういったラーメンを食べなれていれば問題ない程度だが。

麺は柔らかい、好みとすればもう少しコシがほしいところ。

そしてすだちはあまり大きくないが、ただ果汁を絞り、実もスープに浮かべるとかなりすだちの風味が増す。おもしろい味わいになるが、ただ徳島の人間以外は受け入れられるだろうか。

ちなみにこの翌日の朝食でご飯と味噌汁とすだちが出てきた。このすだちを味噌汁にしぼれ、ということ。これは普通のことだが、ほかの県のひとは普通とは思わない気がする、あれもしかして我が家だけか?

こちらの店はランチタイム50円引きらしい。

到着=13:02 待ち時間=0分 行列=0人

麺=細麺 スープ=背脂の浮いた、濃い味の豚骨醤油 お気に入り度=6

|

« 麺・酒処 らん亭(曳舟) | トップページ | 三八黒崎店(撫養:徳島) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130425/11385461

この記事へのトラックバック一覧です: 阿波屋(徳島):

» 小悪魔或いはポンスープ 徳島ラーメン「阿波屋本店」 [京さんぽ日記]
両国橋の南たもとにある阿波屋本店は、 徳島特産のすだちを添える阿波屋そば@700がウリ。 トンコツ醤油のスープが細麺をするする舌に引き寄せ、 バラ豚肉が箸の動きを加速する。 何よりもスダチを搾ったスープは、 まるでポン酢のように深い味わいになって、 ナン... [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 13時27分

« 麺・酒処 らん亭(曳舟) | トップページ | 三八黒崎店(撫養:徳島) »